◆ニシノレオニダス5代血統表
ニシノレオニダス5代血統表

◆ニシノレオニダス6代血統表
ニシノレオニダス6代血統表

◆ニシノレオニダス9代クロス解析表
ニシノレオニダス9代クロス解析表


・自身の5代血統表をながめるとStorm Cat 3×4、Yarn=Treach 3×4などの強いクロスが複合的に施されている
・複合クロスとは、自身に直接クロスされている馬のみならず、その両親、祖先もが複合的に継続クロスされていることを指す
・6代クロス(両親の5代血統表)に目を移す
・そうすると父ヨハネスブルグは5代アウトクロス
・一方、母バラッドローズは少しうるさめの(ある意味では標準的)なクロスを内包する
・そして母に内包するクロスの世代を前進させた配合意図

・この両親の特徴からすればニシノレオニダスの強いクロスは「耐えられる」と判断した
・しかし、基本的にはスプリンター的で、体型にもよるがダート向き
・9代クロス解析表を見ても「量的、質的」にオーソドックス
・しいて懸念点を挙げれば「気性の強さ」「激しさ」によるレースの乗りにくさ、だ
・これは一度、見てみないと何とも言えない

7月21日・福島ダート1150の新馬戦でどんな走りをするか

----

2019/7/21(日)

■ニシノレオニダス→ダッシュつかず惨敗
 福島5R 2歳新馬
 
 https://race.netkeiba.com/?pid=race&id=p201903020805&mode=result-------------


・大野騎手のコメント
「馬っ気を出して集中できませんでした。それに砂を被る形になって嫌がっていました。ただ、こういう面はレースに慣れて来ればまた違うはずです」(週刊競馬ブック)

-------------------

2戦目で勝ちあがる!

2019/8/17(土)

■ニシノレオニダス
 新潟2R 2歳未勝利
 
 https://race.netkeiba.com/?pid=race&id=p201904020702&mode=result


ニシノレオニダスは美浦・中舘英二厩舎の2歳牡馬で、父ヨハネスブルグ、母バラッドローズ(母の父Sky Mesa)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ニシノレオニダス(大野拓弥騎手)
「レースを一回使って、体が締まっていました。まだ集中できていない所がありますが、それでも、砂を被らずにレースができましたし、良い脚で伸びてくれました」

ネット競馬



◆2着ニシノホライゾン5代血統表
ニシノホライゾン5代血統表



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

グリーンチャンネルで以前に放映していた地中海ケイバモードという番組で、時々競馬場グルメを紹介していた。

地方競馬の担当だった斎藤修氏の紹介ということで地方競馬場に限られていたが、これは地方競馬場のグルメ情報は他の地域のファンには知られていないだろうということと思われる。

また中央の競馬場には特に紹介するような珍しいグルメはあまりないということかもしれない。

そこで紹介されたグルメは門別のジンギスカンや水沢の煮込み、金沢の寿司のように特徴のあるグルメもあったが、全体的には昔からあるような種類が多くモダンなものは少ないように思えた。

それは競馬場にやってくるファンはどちらかといえば年齢の高い人が多く以前からあるものが好まれるということだろうか。

例外は大井でスタンドがL-WING、G-FRONTと新しくなりグルメもそのスタンドにふさわしい種類となり、またナイター競馬ということで若いファンが主体となりそのファンに合わせたグルメということだろう。

スタンド外のフードコートも若いファン向けが並んでいる。

また3号スタンドのあったスペースであるウマイルスクエアではグルメイベントが開催されるが、この夏開催では神田の人気カレー店の集めた「トーキョーカレーダービー」が行われたが、これもどちらかといえば若いファンや家族連れ向けと思えた。

年配でしかも単独である私のようなファンにはなかなか入りにくいものである。

私は3号スタンドがあったころはここにあった昔ながらの食堂が決まりだった。煮込みと日本酒で軽く一杯というのが定番だったのである。

いかにも古いという食堂で客は年配者ばかりだった。思いは同じだったということだろうか。

これがなくなって行くところが無くなってしまったのである。

川崎もスタンドは一部リニューアルされたが古い食堂も残っており、煮込みと日本酒が可能だ。川崎には有名なタンメン、焼きそば、それに斎藤氏が紹介したこともある種類の豊富な中華麺屋もある。

船橋も以前とあまり変わっていないし浦和は屋台がずらっと並んでいる。JBC開催に向けて新スタンドが造られてるがあの屋台は変えてほしくないものだ。

しかし大井でも変わっていないグルメがある。4号スタンドの1階だ。立ち食いでカレーや煮込み、うどん、そばといった古典的なメニューが揃っている。

3号スタンドがなくなったのでここで食べてみた。驚かされたのがその量が多いことだ。煮込みを頼んだら前記の3号スタンドの食堂の3倍はある。

生ビールを飲んだら1杯では食べきれない。2杯飲む羽目になった。カレーなどのご飯ものを食べたら満腹になりレースが終わってから酒を飲む余裕がなくなってしまうほどだ。

その量であっても値段が特に高いわけではないのが不思議なほどである。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆クルーガー
クルーガー5代血統表

◆クロコスミア
クロコスミア5代血統表

◆サングレーザー
サングレーザー5代血統表

◆ステイフ―リッシュ
ステイフーリッシュ5代血統表

◆フィエールマン
フィエールマン5代血統表

◆ブラストワンピース
ブラストワンピース5代血統表

◆ペルシアンナイト
ペルシアンナイト5代血統表

◆ランフォザローゼス
ランフォザローゼス5代血統表

◆ワグネリアン
ワグネリアン5代血統表



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei



1着◆ヤマニンアンプリメ
ヤマニンアンプリメ5代血統表

2着◆ヒロシゲゴールド
ヒロシゲゴールド5代血統表

3着◆コパノキッキング
コパノキッキング5代血統表


※コパノキッキングだけが「5代多重クロス」の配合パターン
※本来なら距離適性は一番高いはず
※去勢されたように気性面は今日もパドックで発現
※一瞬の決め手を生かせる追い込み策がベストだろう


2019.08.12

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei


◆コパノキッキング6代血統表(自身+父+母の5代血統表)
コパノキッキング6代血統表

◆コパノキッキング9代クロス解析表
コパノキッキング9代クロス解析表



【青木の解説】

・コパノキッキングの5代内には3種類の血脈のクロスがあり、これを「5代多重クロス」と呼ぶ
・すなわち、
Mr.Prospector 4×5
Northern Dancer 5×5
Hail to Reason 5×5

・一般的に5代多重クロスの配合馬は気性的活力が旺盛なマイラータイプが多い
・コパノキッキングもパドックでは2人曳きで、かなり気負っていたし、「せん馬」でもある
・したがってダート1200では逃げ・先行のケースが多かった
・それをここ3戦は差し、追い込みに変更して、今回も追い込んで初のダート1400を克服した
・そこにはマーフィー騎手の腕による部分も少なからずあるように思える

・しかし、配合をよくチェックしてみよう

・母Celadon はTurn-to 5×5のクロスの薄い配合馬で、父の影響を受けやすく、必ずしもダート血統ではない
・一方、その父の Spring at Last はダート適性の高い Deputy Minster の父系ラインで米国血脈が色濃い
・ただし、よく見るとダート血脈ではない「異系」のHis Majesty=Graustark3×2の強いクロスを、その母が内包していることが分かる(これはナカヤマフェスタやキョウヘイの母系、あるいはロードカナロア自身にも6×4と遠いながらクロスされている)

・このリボー系のクロスの存在が「単なる5代多重クロス馬」とはさせていないことが判明する
・つまり「異系血脈」は気性的な鎮め石の役割を果たし、体質強化にも役立つので青木の重視する視点だ

・また、9代クロス解析においても、クロス血脈はそれなりに整っており、
・クロス数値の出現パターンも良好もしくは標準的だ

・これなら根岸Sの優勝はそれなりに納得できる
・問題はフェブラリーS
・ダート1600で、テン乗りの藤田菜騎手の経験値の浅さ
・大いに注目され、人気にもなるのはプラス材料ではないといえよう

・ただ、競馬は常に相手との相対的な比較により結果も異なるスポーツだ
・はたしてどんなメンバーが出てくるのか、それを見て馬券的判断を下したい

2019.01.30
青木義明


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei


キングカメハメハ急死 松田国調教師「夢の固まりだった」



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



2019年08月10日(土) 16時00分


競馬界にまたも悲しい出来事が起こった。キングカメハメハが10日、繋養先の北海道安平町の社台スタリオンステーションで急死した。18歳だった。

 2003年に京都でデビュー、翌2004年にはNHKマイルC、ダービーで勝利し、変則2冠を達成。秋に復帰初戦の神戸新聞杯を快勝後、屈腱炎を発症したため引退した。

 その後は種牡馬となり、産駒に国内外G1を6勝したロードカナロア、ダートでG1を10勝のホッコータルマエ、牝馬3冠馬アパパネをはじめ、ドゥラメンテ、レイデオロのダービー馬など数多くの名馬を輩出した。体調不良のため、今年は種付けを中止。種牡馬を引退した。

 現役時代に管理した松田国英調教師は、連絡を受けると駆け付け、馬房に手を合わせた。「調子が良くないとはうかがっていましたし、種牡馬を引退してからも、大事にされていたようです」と静かに話した。

 NHKマイルC、ダービーと変則2冠を達成。当時は画期的なローテーションと言われた。「調教師になった時から、種牡馬になるような馬を手掛けたいと思っていました。種牡馬になるにはマイルでの能力にたけていないといけないし、また、それだけでなくダービーを勝たなければと」。自分の願いをかなえてくれた名馬だった。

「サンデーサイレンスのようなやんちゃなところもなく、体形も小さすぎず、大きすぎず、理想的な形でした。調教もしにくくはなかったですし、仕上げに苦労することはなかった」と当時を振り返った。

「種牡馬としても短い距離から、芝、ダートと活躍馬を出してくれましたし、自分にとっても、社台スタリオンステーションにとっても、夢の固まりだったと思います。すごい馬でした」と感謝を口にした。
提供:デイリースポーツ

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei



ディアドラがイギリスのG1のナッソーSを勝った。牝馬限定戦とはいえ日本産馬、日本調教馬がいよいよイギリスのG1を勝つに至ったのである。

ディアドラは秋華賞を勝っているとはいえエリザベス女王杯は大敗、トップクラスの馬ではあるがアーモンドアイのような超一流馬ではない。

その割には外国への挑戦は熱心でドバイターフ3着、香港カップ2着という実績がある。今年はドバイ、香港、イギリスと連戦、ついにG1を勝ったというわけである。

ディアドラはセレクトセールで2100万円と高馬ではない。サンデーレーシングなどの大手のオーナークラブだったらディアドラ程度の成績ではなかなか外国のG1に挑戦はできないだろう。

しかしディアドラは個人馬主であり、日本に帰らずに外国を連戦するというのも個人馬主の熱意が伝わってこようというものである。

日本から外国のレースへの挑戦といえば凱旋門賞などの特別な大レースを目標とすることが多いが、レースを選べばG1でも勝てるということをディアドラが証明してくれたのではないか。

ところでナッソーSではディアドラにはオイシン・マーフィー騎手が騎乗した。

これはイギリスの関係者にとっては意外と思ったのではないだろうか。

ディアドラの最近の主戦といえばクリストフ・ルメール騎手であり、シャティンのクイーンエリザベス2世カップとアスコットのプリンスオブウエールズステークスでは武豊騎手が遠征した。

日本から騎手が遠征しないとすれば日本での実績があるライアン・ムーア騎手が第一と考えられたのではないだろうか。

もっともムーア騎手には1番人気のハモーサがいたのでフランスからクリスチャン・デムーロ騎手を呼ぶなどもあったのではないか。

しかしオイシン・マーフィー騎手となった。マーフィー騎手はキングジョージでもシュヴァルグランに騎乗している。

マーフィー騎手が初めて短期免許で日本で騎乗したのは昨年12月だ。まだ日本でのキャリアは浅い。

それでもさっそく現地での日本馬への騎乗となった。今後は遠征日本馬への騎乗はマーフィー騎手が中心になるのかと考えられているのだろうか。





◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆エントシャイデン
エントシャイデン5代血統表

◆オールフォーラヴ
オールフォーラヴ5代血統表

◆ケイデンスコール
ケイデンスコール5代血統表

◆サラキア
サラキア5代血統表

◆ソーグリッタリング
ソーグリッタリング5代血統表

◆ハーレムライン
ハーレムライン5代血統表

◆ブレスジャーニー
ブレスジャーニー5代血統表

◆フローレスマジック
ミエノサクシード5代血統表

◆ミエノサクシード
ミエノサクシード5代血統表

◆ミッキーグローリー
ミッキーグローリー5代血統表

◆リライアブルエース
リライアブルエース5代血統表

◆ロシュフォール
ロシュフォール5代血統表




◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei












↑このページのトップヘ