2018年の4月に「ダイオライト記念と黒船賞」という記事で、「呼び込みで頭数だけ揃えても、魅力あるレースは作れない」と書いた。今年のかしわ記念は遂に頭数すら揃えられなくなったかとガッカリ。前日のオープンに昨年の道営三冠馬を含む重賞ウィナー6頭が出走、地方馬の出走は大井のナンヨーオボロヅキ(高知二冠馬)1頭。

結果はご存知の通り1着ワイドファラオ→2着ケイティブレイブ→3着サンライズノヴァと波乱の決着、人気のモズアスコットとルヴァンスレーヴは共倒れで馬群に沈んだ。大井のナンヨーオボロヅキは3コーナーまでは馬群に付いていたが、直線はみるみる離されてブービーから3秒5差のシンガリ。

船橋千六は盛岡と並ぶ数少ないワンターンのマイル戦、ツーターンの千四と比べるとJRA勢が走りやすいのは確か。それでも長距離戦は走れば走るほど実力差が出てしまうが、マイルまでの距離なら「紛れ」と言ってはなんだが「逆転の余地」は残る。これまでのかしわ記念でも、地方トップクラスの馬なら善戦以上の場面も度々。

昨年はキタサンミカヅキが2頭のJRA勢に先着して5着、2015年のハッピースプリント(3着)→2016年のソルテ(2着)と2年連続で地方馬が馬券になったのも記憶に新しい。古い話になるけれど2009年から2012年までフリオーソが5着→2着→1着→2着、キタサンミカヅキもフリオーソもベストとは言えない距離で頑張っていた。

2013年・2014年・2017年・2018年はJRA勢に先着した地方馬がおらず、特に2014年は今年と酷似した状況だった。8頭立てで地方馬は船橋からコンノートとケイアイサンダー、笠松からタッチデュールの計3頭。コパノリッキーが勝ったレースで、地方馬最先着はタッチデュールで5着アドマイヤロイヤルから2秒2の大差がついた。

フリオーソの川島正行師は他にアジュディミツオーでもこのレースを制しているし、キタサンミカヅキの佐藤賢二師はG1昇格前にトーシンブリザードで2002年に優勝・2004年に2着。ともに鬼籍に入ったのが残念でならないが、川島正行師や佐藤賢二師と言ったチャレンジングスピリットに溢れた陣営とスターホースの出現が待たれる。

自身の息子もJRAで調教師をやっているから、調教師の名誉のために言うならこれは調教師の責任では全くない。前日のオープン・皐月盃の優勝賞金は500万円、かしわ記念は5着に頑張っても300万円。オープン馬を擁する陣営のレース選択には、オーナーに配慮した経済的合理性がある。

JRAで桜花賞に出られない馬がオークスに向かって忘れな草賞を使うように、割り当てられた出走枠に入り切れないほど申し込みがあるなら救済策としてオープンを組むのも魅力あるレース作りに資する。馬券の売り上げが原資になって賞金が出る日本のシステムにおいては、番組編成はファンの目線を忘れてはいけない。

◆竹内康光【馬よ草原に向かって嘶け】
http://bit.ly/17MDXV7

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

アメリカ、ヨーロッパの競馬が再開されグリーンチャンネルでは「ALL IN LINE」で各国の競馬の結果、「Go Racing」では日本馬が出走し馬券を発売するレースの予想を再び放映するようになった。

もちろんレースの画像は十分すぎるほどたっぷり流される。

これらのレースの画像を見て全般的に感じることは馬の識別が非常に困難ということだ。

例外は日本のアナウンサーが実況してくれるレースだが、それでもレースを通して出走全馬の位置が分かるというわけではない。

というのも各馬の服色が分からないしもともと初めて聞く馬名が多いのである。

番組によりレースの画像の流し方は異なっている。アイリッシュダービーでは舩山陽司アナウンサーの実況が付いた。もちろん現地へ行ってのものではなくビデオの画像を見てのアナウンスだが雨が降る中のあの画像を見てのものは驚きである。

アイリッシュ1000ギニーのように出走馬のリストを見せて上位人気馬の馬名を上げる場合がある。この時はその人気馬の馬番を覚えてレースを見る。

しかしゼッケンが見にくくどの馬が人気馬であるかがなかなかわからない。というのも馬番と枠番が異なることが多く、またカメラの位置が馬群の斜め前というレースが多くゼッケンがよく見えないのだ。

参考レースの場合は解説の合田直弘氏が有力馬や人気馬について服色や馬の位置を説明してくれるのでわかりやすく、日本語の実況が無い場合はこの方式がよいように思える。

ところでイギリスの2000ギニーと1000ギニー、そしてニューマーケット開催となったコロネーションカップの画像を見ておかしく思えた。

両ギニーレースとコロネーションカップでは画像の映りが違うのだ。ゴール前以外は並走する車に乗せたカメラで撮影した画像だが馬群との距離が異なっている。

ギニーレース近くコロネーションカップは遠い。何度か見てようやく分かった。使ったコースが違うのである。

ニューマーケットのコース幅はかなり広い。そのコースを二つに分けて、コロネーションカップの日はスタンドから遠いコースを、ギニーの日はスタンド側のコースということである。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


日刊スポーツ
http://p.nikkansports.com/



JRAは26日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来週7月4日(土)から同19日(日)までの4回阪神、2回福島、2回函館開催でも「無観客競馬」を継続すると発表した。


ウインズ、エクセル、パークウインズ、J-PLACEでの発売も引き続き取りやめ、馬券の発売は電話・インターネット投票のみとなる。


JRAの「無観客競馬」は2月29日(土)から続いている。


7月25日(土)以降の無観客競馬等の取り扱いについては、あらためて発表される。


なお、7月4、5日、11、12日、18、19日の10時から16時まで、JRAの10競馬場と一部ウインズ、エクセルで臨時払い戻しが実施される。社会情勢の変化によっては取りやめることがある。

デアリングダクト、コントレイルと無敗の二冠馬が出現した3歳馬で、またも無敗の強力馬がダートでもあらわれた。

いうまでもなくユニコーンステークスを勝って3連勝となったアメリカ産のカフェファラオである。

このレースにはカフェファラオのほかにもダートで2連勝、それも大楽勝連続のレッチェバロック、ダートでは3勝のデュードヴァン、他にもヒヤシンスステークスでカフェファラオから0.2秒差の2着、青竜ステークスでデュードヴァンから0.2秒差3着のタガノビューティーなどJRA初の3歳ダート重賞にふさわしい強力メンバーが揃った。

そのユニコーンステークスでカフェファラオはハイペースを3番手で追走し直線は楽に抜け出し5馬身という圧勝だった。

稍重の馬場とはいえ1分34秒9という好タイム。当然のことながら開催が遅れるケンタッキーダービーが視野に入ってきた。

アメリカのトレーニングセールで47万5000ドルで購入されたこの馬は父がアメリカの三冠馬アメリカンフェロー、母のメアリズフォリーズは2009年のチャーチルダウンズのG2ミシズリヴィアステークスを勝った。

姉のリーガルグローリーは2019年にサラトガのG2レイクプラシッドSを同着で勝っている。

ケンタッキーダービーだけではなくブリーダーズカップなど他のアメリカの主要レースも十分に目標になる。

この馬にもどのくらいのレーティングが与えられるか楽しみだ。

また2着のデュードヴァンもなかなかの強さを見せた。4コーナーではほとんど最後方から上がり35秒5という驚くべき末脚を発揮して2着。この馬も今後を期待したいものである。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆カフェファラオ5代血統表
カフェファラオ5代血統表

◆カフェファラオ6代血統表
カフェファラオ6代血統表

◆カフェファラオ9代クロス解析表
カフェファラオ9代クロス解析表


簡単な解説

1.自身に直接のクロスはない
2.しかし、その母にはMr.Prospector×Buckpasser の血統構成の Woodman≒Miswaki 3×2の強い疑似クロスがあり
3.さらに もう一本 Buckpasser が継続されていて、まさにダート向きのパワー・スピードを増幅してアクの強い配合馬の母と言える

5.対して父 America Pharoah は Norhern Dancer  5×5の薄いクロス馬で、この両親の配合的大局観は悪くない

6.そしてカフェファラオ自身は、9代クロス解析表をご参照されたいが
Buckpasser 5本→Tom Fool 6本継続クロスを屋台骨に
Mr.Prospector 3本
In Realty 3本
Northern Dancer 3本
Princequillo 6本
Ribot 3本
War Admiral 8本
Tourbillon 4本
Swaps 3本

多彩で青木も高く評価する複数の良質な血脈が継続クロスされていることが分かる
それだけに父の America Pharoah は良血を内包すること判明し、種牡馬としての評価は高い
ただ、クロスが薄いので カフェファラをの母のように アクの強いクロスを内包する牝馬を相手にすると産駒はマイラーとなる

今回のユニコーンSの勝利は立派な内容だったが、9代クロス解析表のT値5.72と継続クロス度数が高めなので距離はマイル戦がベストだろうし 今後は更に追い込みタイプにした方が勝ち続けられるだろう
気性の成長も待たれるところだ

ただ 気持ちの片隅には「早熟馬」のイメージもなくはない

2020.06.23
青木義明



◆カデナ
カデナ5代血統表

◆キセキ
キセキ5代血統表

◆クロノジェネシス
クロノジェネシス5代血統表

◆グローリーヴェイズ
グローリーヴェイズ5代血統表

◆サートゥルナーリア
サートゥルナーリア5代血統表

◆ブラストワンピース
ブラストワンピース5代血統表

◆ラッキーライラック
ラッキーライラック5代血統表

◆レッドジェニアル
レッドジェニアル5代血統表

◆ワグネリアン
ワグネリアン5代血統表










競馬のレースというのはデータの塊である。レースの予想段階では日本には馬柱があるからよくわかるがデータの満載だ。

レース結果についてはもちろんデータが全てである。馬柱は以前のレースの結果だから結局はデータとはレースの結果ということだ。

日本のレース結果で特徴的なのはタイムのデータが大変に詳しいことと思われる。

各馬の走破タイムだけではなく前半と上りの3ハロン、レースの上りタイムとレースのラップタイムが記載されている。

外国ではこれまで詳しいタイムは記録されていない。アメリカでのイギリスでも走破タイムは勝ちタイムだけで1頭ごとの走破タイムは来さ推されておらず着差だけである。

その着差はアメリカでは1着馬との着差であり、一方イギリスでは1着馬との着差と前の着順の馬との着差との両方が載っている。

日本では前の馬との着差のみだが各馬の走破タイムが載っているから問題ないのである。

そこで日本ではどのようにいろいろなタイム測ってをいるのかが不思議に思える。

レース全体の通過タイムについては上りの4ハロンと3ハロンとフィニッシュには赤外線の測定センサーが置かれているのでそのタイムが着順表示板に出る。

最近では前半1000メートルの通過タイムがテレビに表示されるので上がり4ハロン、3ハロン以外にも赤外センサーが追加されているのだろうか。

東京3日目の10レースに三浦特別が行われたがこのレースはダートの1300メートルで通過タイムは600、800、1000、1200のタイムが記録されている。

スタートして600といえばゴールまで700でそこにハロン棒は無いのでどうやって測っているのだろうか。

さらに各馬の前半と上りの3ハロンタイムは。測定方法を知りたいものだ。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆カフェファラオ
カフェファラオ5代血統表

◆キタノオクトパス
キタノオクトパス5代血統表

◆ケンシンコウ
ケンシンコウ5代血統表

◆サトノラファール
サトノラファール5代血統表

◆サンダーブリッツ
サンダーブリッツ5代血統表

◆サンライズホープ
サンライズホープ5代血統表

◆スリーグランド
スリーグランド5代血統表

◆タガノビューティー
タガノビューティー5代血統表

◆デュードヴァン
デュードヴァン5代血統表

◆フルフラット
フルフラット5代血統表

◆メイショウベンガル
メイショウベンガル5代血統表

◆ラブリーエンジェル
ラブリーエンジェル5代血統表

◆レッチェバロック
レッチェバロック5代血統表












10年来の友人のファド歌手・松田美緒さんの先日のユーチューブライブの模様です
よろしかったら一度 聴いてみてください
https://youtu.be/w_r6Bu3Qdpw

青木義明
2020.06.13


グリーンチャンネルの世界の競馬の番組であるALL IN LINEが3カ月ぶりに放映された。

各地で行われたレースなどの内容でありそのなかで気付いたことや注目されるものを紹介しよう。

その前にこの番組が収録されたのは新橋のGate.Jだ。現在は休館中でありいささか不便である。

というのも古い資料を調べたいこともあるしまた競馬場かここでしか買えないデータブックがあるのだ。

もっともGate.Jにはスポーツ新聞などを読むなどの目的でファンが集まっておりまさに三密状態で休館はやむおえないのである。

番組ではまず通常ではなかなかレースを放映しない香港のレースが紹介された。これはまともに競馬を行なっているのは香港くらいであり他の国のレースが無かったということだろう。

フランスの2000ギニー、1000ギニーは急にロンシャンが使用不可となったためドーヴィル開催となったがこれはロンシャン改築中はドーヴィルで行っており初めてではないということでなるほどと思えた。

ニューマーケットでは前哨戦がなくいきなり2000ギニー、1000ギニーとなった。

2000ギニーでは2歳チャンピオンのピナトゥボが断然の人気で出走した。番組では2歳馬として今世紀最高のレーティング128を獲得したと紹介していたがこれは間違いだろう。

128というのは3歳以上のレーティングのトップであり2歳のレーティングは発表されていないはずである。

それでもピナトゥボがトップであることは間違いないところだったがそのピナトゥボは3着に負けてしまった。

分割となったアメリカのアーカンソーダービーでいずれも人気で勝ったシャーラタンとナダルはケンタッキーダービーの有力馬と思われたがいずれも故障してしまった。

というわけで現在世界の中で最強の3歳馬は日本の二冠馬二頭で間違いがないだろう。

世界の競馬日程がガタガタになってしまった現在、次のワールドベストホースランキングがいつ発表されるかわからないが、3歳馬の世界トップは日本の馬でなければおかしいのである。

また安田記念ではグランアレグリアがアーモンドアイに快勝した。これもワールドランキングでどのように評価されるかが楽しみだ。

世界のハンデキャッパーは日本から強い馬が続々を現れるのを見て驚いているのではないだろうか。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

↑このページのトップヘ