13日、川崎競馬場で行われた第68回全日本2歳優駿(GI・2歳・ダ1600m・1着賞金3500万円)は、M.デムーロ騎手騎乗の1番人気ルヴァンスレーヴ(牡2、美浦・萩原清厩舎)が1位入線を果たした。

 以下、3番人気ドンフォルティス(牡2、栗東・牧浦充徳厩舎)、6番人気ハセノパイロ(牡2、船橋・佐藤賢二厩舎)の順でゴール板を通過している。

◆ルヴァンスレーヴ5代血統表
ルヴァンスレーヴ5代血統表

◆ルヴァンスレーヴ9代クロス解析表
ルヴァンスレーヴ9代クロス解析表

母はこんなに違う/モズカッチャンの母と、ロックディスタウンの母の9代クロスの量的比較



エリザベス女王杯を5番人気で快勝したモズカッチャン(父ハービンジャー)と阪神ジュベナイルFで1番人気を裏切ったロックディスタウン(父オルフェーヴル)のそれぞれの母の「9代クロス解析表」により「量的側面」を簡単に比較すれば、

・モズカッチャンの母サイトディーラーはあまりにもクロスの量が少ない。→活力不足(低圧・クール)
・ロックディスタウンの母ストレイキャットはあまりにもクロスの量が多い。→気性難内包(高圧・ホット)

・それでも父ハービンジャーとの間に生まれたモズカッチャンの9代クロスは標準。
・それでも父オルフェ―ヴルとの間に生まれたロックディスタウンの9代クロスは標準。

・配合分析とは、あるいは「馬産」とは、母から見てどんな相手種牡馬がふさわしいかを見通すこと。
・母の特質を十分に把握して、的確なクロスの「質と量」が得られる種牡馬を探さねばならい。
・配合の基本は近親交配(クロス)だから、それぞれの「質」と「量」をうまく采配する必要がある。
・そのためにも「9代クロス解析」の視点は必要不可欠だ。

-------------◎------------

◆モズカッチャンの母サイトディーラ―の9代クロス(標準以下のクロスの量)
モズカッチャンの母サイトディーラー9代クロス解析表


◆ロックディスタウンの母ストレイキャットの9代クロス(標準以上のクロスの量)
ロックディスタウン 母ストレイキャット9代クロス解析表


◆モズカッチャンの6代血統表
モズカッチャン6代血統表

◆モズカッチャンの9代クロス解析表
モズカッチャン9代クロス解析表

◆ロックディスタウンの6代血統表
ロックディスタウン6代血統表

◆ロックディスタウンの9代クロス解析表
ロックディスタウン9代クロス解析表


(2017.12.12.青木義明)


このところ、ディアドラ、モズカッチャン、ペルシアンナイトとハービンジャー産駒が続けて大レースに優勝した。日本の軽い芝コースでの競馬の中にあって、こうした重厚な血脈の種牡馬が台頭するのはいいことである。

さて、西山牧場さんへの青木配合馬リストでハービンジャー産駒はいないかと探したら、「リップル2017」がいた。本年2月17日生まれの牡馬である。そして、来年生まれる産駒にも2頭の受胎馬がいることが分かった。それは配合屋・青木としては喜ばしい。

◆リップル2017 6代血統表
リップル2017

◆リップル2017 9代クロス解析表
リップル2017の9代クロス解析表


さて、「リップル2017」はやはり Nijinsky のクロスをかましてある。さらに Blushing Groom や Round Table-Princequillo、あるいは Menow や Djebel-Tourbillon など、押さえるべきところは押さえてあり、9代クロスの量的側面も悪くない。早目に仕上がって、皐月賞までは楽しめると思っている。

この母馬は「ジェイエス」の繁殖牝馬セールで小生が推奨して購入して頂いた馬である。牝系はノーザンダンサーの祖母 Almahmoud に遡る名門だが、その娘で Halo の母でもある Cosmah 4×4のクロスをリップルは内包している。だから少し気性の強いイメージはあるが、それゆえにハービンジャーは悪くない相手といえるはずた。ちなみに、来春はリーチザクラウンの産駒が生まれる予定だが、こちらの方もかなり楽しめるとみている。タイプはマイラー。

◆ニシノカザブエ2018 6代血統表
ニシノカザブエ2018

◆ニシノカザブエ2018 9代クロス解析表
ニシノカザブエ2018 9代クロス解析表

◆ニシノキララコ2018 6代血統表
ニシノキララコ2018

◆ニシノキララコ2018 9代クロス解析表
ニシノキララコ2018 9代クロス解析表


・ニシノカザブエの産駒は「斬れるタイプ」で、Lyphard 5×5に、名牝 Kadissya 5×4がそれを担保する。

・ニシノキララコの産駒は「パワータイプ」で、Ribot、Buckpasser のクロスの効用が発揮されれば重、ダートで。



【ハービンジャー代表産駒】

◆秋華賞の勝ち馬ディアドラの6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/20329158.html

◆マイルCSの勝ち馬ペルシアンナイトの6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/20251563.html

◆エリザベス女王杯の勝ち馬モズカッチャン6代血統表&9代クロス解析表 
http://keibatsushin.blog.jp/archives/20087764.html



(2017.12.07.青木義明)

◆タイキシャトル5代血統表
タイキシャトル5代血統表


◆タイキシャトル9代クロス解析表(クロスの質量ともに合格)
タイキシャトル9代クロス解析表


2017年シーズンは浦河町西幌別のイーストスタッドで供用されていたタイキシャトル(23歳)が19年間に及んだ種牡馬生活を引退することになった。今後は、そのまま同スタッドで功労馬として繋養される。

タイキシャトルは父デヴィルズバッグ、母ウェルシュマフィン、母カーリアンという血統の米国産馬。現役時代は13戦11勝2着1回。日本で安田記念、マイルCS(2回)、スプリンターズSを勝ったほか、仏国のジャック・ル・マロワ賞にも勝って1998年には年度代表馬にも選ばれている。

現役引退後、1999年から新ひだか町静内のアロースタッドで種牡馬生活をスタート。2年ごとに静内と浦河を往復する人気種牡馬となった。おもな産駒にはメイショウボーラー(フェブラリーS)、ウインクリューガー(NHKマイルC)、サマーウインド(JBCスプリント)などがいる。



・青木もニシノミチシルベを配合した。母の父としてのタイキシャトルも使い勝手があるので、産駒たちが楽しみ。

◆ニシノミチシルベ5代血統表
ニシノミチシルベ5代血統表

◆ニシノミチシルベ2017 5代血統表(2018も同じ配合)
ニシノミチシルベ20175代血統表

◆ニシノミチシルベ2019 5代血統表(交配予定)
ニシノミチシルベ20195代血統表

◆ニシノミチシルベ2017 9代クロス解析表
ニシノミチシルベ9代クロス解析表

◆ニシノミチシルベ2019 9代クロス解析表
ニシノミチシルベ2019 9代クロス解析表



◆Drefong 6代血統表
Drefong 6代血統表

◆Drefong 9代クロス解析表
Drefong 9代クロス解析表


米最優秀スプリンター・ドレフォンが社台SSで種牡馬入り


昨年の米チャンピオンスプリンター・ドレフォン(Drefong、牡4、米・B.バファート厩舎)が、来年度から社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることが30日にわかった。

ドレフォンは父がStorm Cat系のGio Ponti。母がEltimaas(その父Ghostzapper)という血統。2歳秋に初勝利を挙げてから昨年のBCスプリントまで5連勝し、エクリプス賞最優秀スプリンターを受賞。連覇を狙って今年のBCスプリントに出走したが6着に敗れ、そのまま引退した。通算成績は9戦6勝(G1・3勝)。

----------------

◆サトノアリシア(現牝3歳.2014.父ハービンジャー、10戦2勝)の母ラルーチェ5代血統表
ラルーチェ5代血統表

・ドレフォンの母 Eltimaas には、ラルーチェと同じく「Vice Regent=ヴァイスリーガル」の同血馬クロスが存在する。
・社台の流れではノーザンテースト、クロフネ、そしてステイゴールドやカジノドライヴ牝馬などを視野に入れているものと推察される。

◆トウカイエントリー5代血統表
トウカイエントリー5代血統表

・この馬も「Vice Regent=ヴァイスリーガル」の同血馬クロスを持つ。ダート1600万条件で堅実派。

・追って、配合のポイントを書く予定。(青木義明)

◆Domino (1891)5代血統表
Domino 5代血統表

◆St.Simon (1881)5代血統表
Simon 5代血統表


◎◎◎

「最近の青木さんの配合解説にものすごく納得しています。ハービンジャーの代表馬3頭もそうですが、なんといってもハーツクライ産駒の配合ポイント分析は的確ですし、京都2歳Sの勝ち馬グレイルが青木さんのPОG推奨馬だったことを知り、まさに理論を実践していると実感しました。私は一口共有クラブに長らく参加していますが、まだオープン馬を持ったことがありません。損失が続いています。そこで競馬通信社「熱血解析2017」にますます関心がありますが定価30万円はちょっと重い価格です。分割払いなどを検討して頂けたら助かります」



◆9代クロス解析ソフト「熱血2017」を分割払いでも

このようなメールを頂きました。血統や配合に関心を持っていただく競馬ファンを増やすことは小生の人生の最大目標です。その心構えで赤字経営でも「週刊競馬通信」や血統本を刊行してきました。

「競馬は文化であり科学である」
「サラブレッドは配合が基本」



★来週から受け付け開始

そこで12月4日(月曜日)から次の要項で「分割払い」を承ります。搭載しているデータ量も豊富です。あるサイトを検索したら「Domino(1891)」や「St.Simon(1881)などの現代競走馬を形成する基礎的血統馬の完全な5代血統表は確認できませんでした。その点でも貴重なデータベースといえるでしょう。



◆販売価格 30万円

※分割払いにも対応します

◇お支払い回数/月
・3回払い(10万円×3ヶ月)
・5回払い(6万円×5ヶ月)
・10回払い(3万円×10ヶ月)



◆お問い合わせ先
電話番号:03-3735-4430
メールアドレス:support@ktsn.jp



※好評発売中! 熱血解析2017!

【主な機能】
・5代血統表の画面表示、新規作成、出力
・5代血統表の配合シミュレーション、出力
・6代血統表の画面表示、出力
・8代血統表の画面表示、出力
・9代クロス解析表の画面表示、出力
・蓄積データ21万頭
・JRA-VAN Data Lab. データ取り込み対応

※別途、ご希望の方には「追加データ会員制度」(月額制)もご用意しております。JRA-VANからの取り込みが面倒な方や、海外・地方競馬の重賞勝ち馬のデータ補給をご希望の方にお勧めです。

【動作環境】
・対応OS:Windows 10/8.1/8/7
・空き容量:1GB以上
・備考:タブレットで使用される場合はWindows10搭載モデルをお使いください。iPadやAndroidのタブレットでは動作しません。

【最大の特徴】
「熱血解析2017」の諸機能のうち5代血統表などは他のサイトでも活用できますが、独自の理論と解析手法に基づいて作成された「9代クロス解析」は競馬通信社ならではのものです。

【9代クロス解析の効用】

◆9代クロス解析の効用により次の諸点を理解することができる

・能力はクロス血脈の質と量により変化すること
・欧米血脈の混淆により体質の強化が図れること
・クロスの量的出現パターンで距離適性、気性、脚質が分かること
・名血の牡馬、牝馬のクロスあるいは継続クロスが識別できること
・「緻密クロス型」は決め手は鋭いが、気性難を伴い、踏ん張りと底力を欠くこと
・異系血脈の強いクロスのプール、または新規取り込みが能力の向上に有効なこと


◆ソフトのプロモーション動画(YouTube)
https://youtu.be/zFoulXQJsj8

◆フジキセキの5代&9代(ブログで解説)
http://bit.ly/2mTesuN

◆リーディングサイヤーの5代&9代(ブログで解説)
http://bit.ly/2n8fc1t

◆往年の名馬の5代&9代(ブログで解説)
http://bit.ly/2mCEosL



【振込先】

三菱東京UFJ銀行
神保町支店
(普)0001604
株式会社競馬通信社


ゆうちょ銀行
記号番号:総合:
10100-99260871
株式会社 競馬通信社

※IDを付記して登録名義でご送金願います。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆グレイル6代血統表
グレイル6代血統表

◆グレイル9代クロス解析表
グレイル9代クロス解析表


・青木の選んだ30頭のPОG推奨馬の1頭だった
・峠を過ぎた感のあるハーツクライ産駒に目を付けたこと
・その配合ポイントの要諦をきちんと踏まえているが故の着目だった

・すなわち、
・Busanda-War Admiral のクロス
・Hail to Reason のクロス
・Northern Dancer のクロス
・Ribot の疑似クロス
・Almahmoud→Natalma へのクロスの前進
・加えて、9代クロスの量的出現パターンも良好

・これで走る配合的素地は十分だから、あとは馬体次第となるとの見立てだった

・2戦2勝。今後にも注目したいが、母父ロックオブジブラルタルの効用が大きく、
祖母が Nasrullah 主体のやや淡泊な血統構成なのでG1での◎は、少しためらう。
それでも、どちらかといえば小回りの軽いレースなら Fair Trial 継続クロスで好位から差し込めるシーンもあるか。



[2017.11.28.青木義明]


2014年のダービー馬・ワンアンドオンリー(牡6、栗東・橋口慎介厩舎)が現役を引退することがわかった。通算成績は33戦4勝で、重賞勝利は2013年のラジオNIKKEI杯(GIII)、2014年の日本ダービー(GI)と神戸新聞杯(GII)の3勝。26日のジャパンCでの16着が最後のレースとなった。

ワンアンドオンリーは、父ハーツクライ、母ヴァーチュ、その父タイキシャトルという血統。日本ダービーでは横山典弘騎手とのコンビで橋口弘次郎調教師(当時)に悲願のダービー制覇をプレゼントした。

今後は北海道ひだか町のアロースタッドで種牡馬生活を送る予定。

◆ワンアンドオンリー6代血統表
ワンアンドオンリー6代血統表

◆ワンアンドオンリー9代クロス解析表
ワンアンドオンリー9代クロス解析表


・ハーツクライ産駒の十分条件はほぼ備えている
・Halo→Hail to Reason
・War Admial
・Northern Dancer

・しかし、母系に Ribot がないのは残念
・相手にはそうした牝馬を探したい(例えば、タニノギムレット牝馬)
・あとは Lyphard か Nijinsky のクロス狙い(アグネスデジタル牝馬だと Ribot と Danzig の同時クロスになるがうまくはまれば)
・Tourbillon も生かしたい


(2017.11.28.青木義明)

◆ハーツクライ6代血統表
ハーツクライ6代

◆ハーツクライ9代クロス解析表
9代ハーツクライ

◆ハーツクライの3代母My Bupers 5代血統表
My Bupers 5

◆ハーツクライの父サンデーサイレンス5代血統表
サンデーサイレンス5代血統表

◆ハーツクライの母の父トニービン5代血統表
トニービン5代血統表


ハーツクライはサンデーサイレンス×トニービン×リファール Lyphard という血統構成で5代アウトクロス馬。現役時代は中距離の一流馬として活躍し、衆知のように有馬記念ではディープインパクトを負かした。母の父に入るトニービンは全くの欧州血脈だが、ハーツクライの3代母マイブーパーズ My Bupers が良質の米国血脈、すなわちブサンダ Busanda (その父 War Admiral )やブルーラークスパー Blue Larkspur で構成されており、ここがサンデーサイレンスの米国血脈と配合的にうまく呼応している。

そんなハーツクライ牝馬の配合の肝は「リボー Ribot とブサンダ Busanda とヘイルトゥリーズン Hail to Reason 」の活用と言えよう。

トニービン産駒に共通している勝負根性は、その父カンパラ Kampala がリボーと近似血脈プリンスシュヴァリエ Prince Chevalier を内包しているからにほかならない。つまり、リボーの疑似クロスの派生だ。もちろん、ハーツクライの母系に入る米国血脈ブサンダやネイティウダンサーやノーザンダンサー(就中、Lyphard)のクロスも求められるところだ。

疑似血脈・Ribot=Prince Chevalier の組み合わせ図
Ribot=Prince Chevalier


◆青木義明

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆シュヴァルグラン6代血統表
シュヴァルグラン6代血統表


◆シュヴァルグラン9代クロス解析表
シュヴァルグラン9代クロス解析表



シュヴァルグランについて一言触れれば、ハーツクライ産駒としての成功要因である「疑似リボークロスとウォーアドミラルとノーザンダンサーのクロス」は具現している。この辺については下記を参照されたい。

◆改めて、ハーツクライ産駒の配合的ポイントとは
http://keibatsushin.blog.jp/archives/20418864.html


だが、その母ハルーワスウィートがすでにヘイロー3×4で、ナタルマ4×4もあるのでアルマームード4本継続クロスと切れるタイプで、なおかつ少し気難しくて、脚の使いところが定まらないという特徴はある。

確かに父のハーツクライの必要条件は満たしているが、シュヴァルグランのヘイロー3本クロスは好みではなく、今回は内枠や良馬場やボウマン騎手の腕やスローな展開など、複合的な好条件がこの馬に味方してくれた。もう一度、このメンバーでレースをやって必ず勝てるとは言えない。そして、この次も小生はシュヴァルグランを1着候補にはしない。

(2017.11.27.青木義明)

↑このページのトップヘ