いよいよ宝塚記念/青木義明のパドック馬券【ライブ配信】


日曜日14:10スタート

2022.6.26 東京・阪神10-11R/宝塚記念
https://youtu.be/_bLQs0e-Ra8 <https://youtu.be/_bLQs0e-Ra8>





宝塚記念の配合分析動画は難解かもしれませんがジックリご視聴ください 血統力と競馬力が向上するはずです

ライブ配信で◎を確定します


「宝塚記念 有力馬6頭の配合解説」
https://youtu.be/DOfo0MC9934





◆青木義明【競馬一直線】
https://bit.ly/2UVWwSw


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

おはようございます

宝塚記念の今朝の人気です
 
エフフォーリア 3.5倍
タイトルホルダー 6.1倍
ディープボンド 7.0倍
デアリングタクト 7.7倍
パンサラッサ 9.5倍
オーソリティ 11倍


「宝塚記念 有力馬6頭の配合解説」
https://youtu.be/DOfo0MC9934

難解かもしれませんがジックリご視聴ください
日曜日のライブ配信で◎を確定




◆土曜日の馬券情報

ツイッター公開馬券 1レース
競馬通信社会員情報 2レース
ユーチューブのライブ配信 4レース
14:20スタート

YouTube【競馬通信社チャンネル】
https://youtube.com/channel/UC6YRsX8GHf65n9Q7EjgJdnw

ユーチューブのライブ配信でパドックを診て最終的な買い目を公開します

何といっても宝塚記念の診断に集中
第10レースも含めて4レースの勝負


YouTube【競馬通信社チャンネル】
https://youtube.com/channel/UC6YRsX8GHf65n9Q7EjgJdnw

(無料でご視聴いただけます)





【宝塚記念枠順確定】タイトルホルダーは3枠6番、ディープボンドは7枠15番
http://keibamsn.blog.jp/archives/40370549.html

#競馬マンションブログ

ネット競馬






宝塚記念の配合分析動画は難解かもしれませんがジックリご視聴ください 血統力と競馬力が向上するはずです

ライブ配信で◎を確定します

エフフォーリア
オーソリティ
タイトルホルダー
デアリングタクト
ディープボンド
パンサラッサ

(50音順)


「宝塚記念 有力馬6頭の配合解説」
https://youtu.be/DOfo0MC9934




◆青木義明【競馬一直線】
https://bit.ly/2UVWwSw


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp




【宝塚記念枠順確定】タイトルホルダーは3枠6番、ディープボンドは7枠15番
http://keibamsn.blog.jp/archives/40370549.html

#競馬マンションブログ

ネット競馬

宝塚記念の動画はジックリご視聴ください 競馬力が向上するはずです

ライブ配信で◎を確定します

エフフォーリア
オーソリティ
タイトルホルダー
デアリングタクト
ディープボンド
パンサラッサ

「宝塚記念 有力馬6頭の配合解説」
https://youtu.be/DOfo0MC9934






ユーチューブのライブ配信でパドックを診て最終的な買い目を公開します

何といっても宝塚記念の診断に集中
第10レースも含めて4レースの勝負


YouTube【競馬通信社チャンネル】
https://youtube.com/channel/UC6YRsX8GHf65n9Q7EjgJdnw

おはようございます

宝塚記念の動画での優勝候補は下記から3頭を抜擢
そして ライブ配信で◎を確定します

エフフォーリア
オーソリティ
タイトルホルダー
デアリングタクト
ディープボンド
パンサラッサ

「宝塚記念 有力馬6頭の配合解説」
https://youtu.be/DOfo0MC9934

2022.06.23

グリーンチャンネルで昔のレースを見ることがよくあるが現在とは大きく変わっていることに気付くことが少なくない。

冬のレースでは芝のトラックが緑ではない、つまり枯れた芝でレースが行われていたことが最も大きな違いだろうか。

これは競馬の芝だけではなく競技場の芝も同様だった。

サッカーのトヨタカップが始まった当時、国立競技場の芝が枯れていて、来日した選手がこれはなんという草かと驚いたと伝えられた。

現在は競馬場も競技場も冬でも芝は緑なのが当たり前であり若いファンでは枯れた芝など信じられないことだろう。

レース実況にも変化したことがある。現在では馬の名前を呼ぶとき馬名と馬番をいうことが多い。先頭は何番のどれ、2番手は何番の何といった具合だ。

しかし昔は馬名を呼ぶだけで馬番は言わなかった。これが変わったのは馬名だけではよくわからないという聴視者の声があったためという。

アナウンサーは各馬の服色を覚えているから馬名を呼ぶことができるがファンは服色をほとんど知らない。そのため画面に映るどの馬なのかわからない。

そこで馬番も言うようになったが確かにはるかにわかりやすくなったといえる。

さて週刊ギャロップに井崎脩五郎氏による井崎競馬史料館という連載がある。毎週毎週競馬についてのあらゆる事項を面白く扱ったものでよくこれだけのものを書けるものだと驚くものだ。

何しろもう800回を超えているのである。

先日のヴィクトリアマイルの週ではレース実況に触れていた。1971年春の天皇賞のことだ。

メジロムサシが勝ったレースだがゴール前にアナウンサー(関西テレビで杉本アナウンサーだろう)の実況に合わせて取材記者の「オオクラ、オオクラ」という叫び声が入っているのだ。

これは私たち当時のファンでは有名になったことだがこの記事でそんなことがあったと思いだしたのである。

オオクラは直線先頭に立ったがメジロムサシにゴール前クビだけ差された。オオクラは人気薄でありこの叫び声になったのだろう。

ところで井崎氏はこの部分の実況と叫び声をそのまま記述している。何しろ51年前のレースでありどこからこの実況の音声を入手したのだろうか。

フジテレビからだろうと思うがJRAからかもしれない。JRA保存の画像は現在は自前のものだが昔は民放のものだったことがある。

その後はあのような記者の絶叫は入らなくなったと思われるからさすがに注意するようになったのだろう。



沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社
http://ktsn.jp

※オオクラの通ったインコースは「目野コース」と言われていたような‥
イン突きの名人・目野騎手の思い出

青木義明

おはようございます

宝塚記念の有力馬6頭の配合分析をユーチューブ動画で敢行しました
サラブレッドは血統・配合と馬体で能力が決まります
とりわけ本質に迫るのは血統表をベースにした配合分析
人気馬でもバッサリと斬りました
馬券の参考になると自負しています

「宝塚記念 有力馬6頭の配合解説」
https://youtu.be/DOfo0MC9934


2022.06.22

【宝塚記念】
血統評論家・青木義明
「宝塚記念 有力馬6頭の配合解説」
https://youtu.be/DOfo0MC9934

2022宝塚記念の有力馬6頭を
5代血統表とともに解説!

ぜひご覧ください🐎

2022.06.21



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 20日、都内ホテルにて全国公営競馬主催者協議会、特別区競馬組合、兵庫県競馬組合、日本中央競馬会および地方競馬全国協会の合同による記者会見が行われ、3歳ダート3冠路線を中心とした2、3歳馬競走の体系整備に関する改革案が発表された。

 これは現状で、2歳秋から3歳春にかけダートグレード競走がなく、3歳ダート馬の活躍するシーンが限られることから、中央競馬、地方競馬問わず網羅的に番組を整備し、ダート馬の活躍の場をさらに広げるもので、主な変更点は「3歳ダート3冠競走の創設」と「2、3歳短距離路線の整備」の2点。

 前者に関しては、東京ダービーおよび羽田盃を新たにダートグレード競走化し、JpnIとして格付け。従来、行われてきたジャパンダートダービーに関しては競走名を変更のうえ、10月上旬に移設。これら3競走を「3歳ダート3冠競走」と位置づけ、賞金額の増額、3冠ボーナスを設定する。

 後者については、兵庫CSを3歳短距離路線の頂点と位置づけ、距離を1870mから1400mへ変更。2歳秋および3歳春に「重賞級認定競走」を新設。各主催者、ブロックごとに短距離競走の体系を整備する。

 開始時期は2歳路線は2023年、3歳路線は2024年。芝は中央競馬、ダートは地方競馬と棲み分けを推進することで、競走馬資源の一極集中を緩和すると同時に、地方競馬入厩馬の資質向上を図るとしている。


◆青木義明【競馬一直線】
https://bit.ly/2UVWwSw


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

↑このページのトップヘ