◆サートゥルナーリア6代血統表
サートゥルナーリア6代血統表

◆サートゥルナーリア7代血統表
サートゥルナーリア7代血統表

◆サートゥルナーリア9代クロス解析表◆
サートゥルナーリア9代クロス解析表



・PОG推奨馬ではある
・父からノーザンダンサー4本、母から2本、計6本のクロスを受けていて、
・さらに、ニジンスキー「7×5」のクロスを獲得している。
・このクロスの世代的前進は評価できるが「7×5」と遠く、また1世代のズレがあるのは気に入らない。

→ただし、7代血統表を見て気付いたことは「Northern Dancer×Buckpasser」血脈の父母両系への併存だ。これは実質的なクロスに近い効用を与え、特に爆発力、決め手に作用する。皐月賞の追い込みはそれゆえの作戦だっただろう。つまりマイラー的特質が功を奏した。だとすれば、ダービーは取りこぼす可能性も。ホントの中距離馬を探したい。(2019.04.19.追記)

・さらに、ヌレイエフとサドラーズウェルズの近似クロスも悪くはないが、これも「5×3」で世代的ズレは気になる。
・ただし、母自身も「5×3」のノーザンダンサークロスだったから、大幅な減点材料にはならないかも。
・しかし、母にリボーがない点でこのクロスが生まれず、ロードカナロア産駒の上級馬とは言いにくいと判断。
・むろん、母にとってはなかなかの好ましい相手ではある。

・9代クロス解析の「量的」な部分でも少し活力を欠くきらいがある。
・決め手、勝負根性、闘争心の希薄さ。これが気になるが、それ次第でクラシックでの上位争いも可能となる。
・しかし、個人的には◎を打たない。評価するならいくらか時計のかかる馬場状態においてだろう。

(2018.06.06.青木義明)

・スローペースのホープフルSを鮮やかに差し切った点では「決め手」は見直している。
・しかし、体型的にはマイラー寄りだから中山2000をこなせたのではないか
・配合トータルではスタミナと底力を要求されるクラシックを勝てないと分析。果たして??

(2018.12.28.青木義明)

・皐月賞を勝ったとはいえ、ゴール前は3頭横一線。ルメールの腕が大きい。ダービーでも◎にしない予定。
(2019.04.14.青木義明)


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

前々回の本欄で予告したようにドンカスターマイルの日本での売り上げは低かった。これは前週のドバイ国際と比較すると明らかだ。

ゴールデンシャヒーンが5億、ドバイターフが14億、シーマクラシックが10億、ワールドカップが8億で4レース合計で38億2000万円売れたに対しドンカスターマイルは2億にとどまった。

売れそうもないと考えた理由はいくつか上げておいたが、それに加えて出走馬の最終確定が当日の朝7時というのも売り上げが少なくなった理由の一つだろう。

これはフルゲートにするために補欠馬を用意し、出走取消馬が出た場合はその馬で補充するためだ。実際にドンカスターマイルでは取消があり1頭の補欠馬が出走した。

それにしてもこのようなシステムでは馬券はとても売れそうではない。というよりも日本とは異なり多くの馬券を売ることを目的とした競馬ではないということだろう。

ところで最近の実績からはクルーガーの好走は難しいと思われた。直近の2走はダートを使い敗れている。ところが20頭立ての4着である。これは驚きだった。

さらに驚かされたのは連闘でクイーンエリザベスステークスに出走したことだ。オーストラリアでは日本では考えられない短期の間隔でレースに出走することはよく知られている。

しかし遠征したクルーガーまでが予定外のオーストラリア式の連闘するとはである。それもウィンクスが出走するレースだ。

そして今度は2着と再度の好走である。もし勝ってしまっていたら世界的なニュースだが2着でも大したものだ。

この2戦の結果で現在は109のクルーガーにはどの程度のレーティングが与えられるかが興味深い。

しかしこのたびのクルーガーの好走は逆にオーストラリアの馬の実力に疑問が持たれたという思いもある。

近年ではオーストラリアには日本だけではなく世界各国から遠征して好走するばかりではなく、オーストラリアに移籍して活躍する馬も多い。

ドバイ国際のアルクオーツスプリントに出走したブレイブスマッシュはオーストラリアでG1を勝っているが、ブレイブスマッシュにしても日本での実績は特に目立つものでもない。

ウィンクスの33連勝は立派なものだがオーストラリアでだけのレースでの記録であり相手が弱かったという可能性もある。

ウィンクスの前にはブラックキャヴィアがいるが、ブラックキャヴィアにしてもオーストラリア以外ではイギリスでダイヤモンドジュビリーステークスを勝っただけでありそれも接戦だったのである。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

配合とは 父だけでもなく 母だけでもなく その両者の取り合わせの良し悪しで 産駒が走るか 走らないかが 決定される そんな重要な作業だ

今の2歳馬(2017年生まれ)は2015年冬の青木配合理論に依拠して決断された
凡作もあれば 野心作も 傑作もあるはずだ 今後が楽しみでならない

----------------

西山牧場・青木配合2歳馬16頭の父


リーチザクラウン2頭
カジノドライヴ
ハービンジャー
ノヴェリスト
エスケンデレヤ
ナカヤマフェスタ
ダンカーク
ヒルノダムール
ゴールドシップ
ルーラーシップ
エピファイネイア
ケープブランコ
ジャングルポケット
ヨハネスブルグ
ヴィクトワールピサ

--------------

◆ニシノストーム
ニシノストーム5代血統表

◆ニシノミンクス
ニシノミンクス5代血統表

◆ニシノコルレオーネ
ニシノコルレオーネ5代血統表

◆ニシノストロング
ニシノストロング5代血統表

◆ニシノコードブルー
ニシノコードブルー5代血統表

◆ニシノゼノビア
ニシノゼノビア5代血統表

◆ニシノアインス
ニシノアインス5代血統表

◆ニシノシロイビジョ
ニシノシロイビジョ5代血統表

◆ニシノステラ
ニシノステラ5代血統表

◆セイウンクルーズ
セイウンクルーズ5代血統表

◆セイウンノア
セイウンノア5代血統表

◆セイウンクロクモ
セイウンクロクモ5代血統表

◆ニシノヴァリアント
ニシノヴァリアント5代血統表

◆ニシノジェイピー
ニシノジェイピー5代血統表

◆ニシノレオニダス
ニシノレオニダス5代血統表

◆ニシノイガッタ
ニシノイガッタ5代血統表



2018.03.19.現在


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei





◆アナザートゥル―ス6代血統表
アナザートゥルース6代血統表

◆アナザートゥル―ス9代クロス解析表
アナザートゥルース9代クロス解析表


・アイルハヴアナザーにとって初の重賞勝ち馬
・ダート一線級のサウンドオブトゥルーの半弟
・父は Danzig 4×4と、その父のMr.Prospector 3×3が強すぎでダート的であり、マイラー的であり中途半端
・しかし、よく見るとLyphard や Nijinsky や リボーのクロスなどがあるので成功の可能性は遠く秘める
・その点で Lyphard 6×4のクロスを引き出し、さらに Princequillo や Djebel らのクロスも派生
・本馬はそれなりに整っているのでもう一つ、二つの勲章は可能かもしれない

2019.04.15.
青木義明


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

◆イベリス6代血統表
イベリス6代血統表

◆イベリス9代クロス解析表
イベリス9代クロス解析表


・5代血統表では一見して地味な印象
・ただ、9代クロス解析表で見た時、Princequillo Djebel Menow War Admial らのクロスがあり
・9代クロス解析表の集計表の数値の出方もまんざらではない
・今回は単勝35倍の12番人気だったが、スンナリ逃げた時の穴馬として要注意

2019.04.05.
青木義明


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

2019.04.14

福島11R/福島民報杯

3連複・軸1頭ながし
07→01.04.05.06.10.13
15点

1着13レッドローゼス(単勝4.6倍、1人気)
2着01クレッシェンドラブ(単勝5.2倍、2人気)
3着07カデナ(単勝33倍、11人気)

3連複256.0倍的中

◆1着・レッドローゼス
レッドローゼス5代血統表

◆2着・クレッシェンドラヴ
クレッシェンドラヴ5代血統表

◆3着・カデナ
カデナ5代血統表



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei


↑このページのトップヘ