ランフランコ・デットーリ騎手の活躍は驚くばかりだ。エネイブルで凱旋門賞3連覇を狙い、ヴェルメイユ賞を勝ったスターキャッチャーはデットーリ騎手が重なるため凱旋門賞を回避するということだ。

日本では他の騎手を騎乗させるところだろうがデットーリ騎手の存在はそれだけ重要ということだろう。

デットーリ騎手は48歳、デビュー時からの活躍は日本でも早くから知られておりもうそんな年になったのかと驚かされる。

他の騎手はみな自分より年が低くなってしまい50歳の武豊騎手がヨーロッパに乗りに来ると自分より年上の騎手が来たと喜ぶというのが面白い。

そのデットーリ騎手が凱旋門賞後、短期騎手免許でJRAに参戦することが発表された。

デットーリ騎手はジャパンカップに3度勝つなど日本でも活躍しているが短期免許での騎乗は2回目である。しかしその時は日本ダービーに騎乗するための2日間だけであり本格的な短期免許騎手での来日は始めてということになる。

デットーリ騎手の騎乗を日本で見ることができるのは楽しみとはいえるが、しかし私は今さらデットーリ騎手でもあるまいと思うのも確かなのである。

短期免許騎手制度がどのようにスタートしたのか。短期免許で初めてJRAで騎乗したのは1994年のリサ・クロップ騎手、アラン・ムンロ騎手、オリビエ・ペリエ騎手だ。

それ以前にも現在のワールドオールスタージョッキーズに繋がる招待レースで多くの騎手が来日した。

1974年には5人の騎手が招待され京都と東京でレースが行われたが、ソ連からウラジーミロフ騎手(当時21歳)が履いていた勝負靴があまりにおんぼろだったので日本の騎手が同情しお金を出し合って靴をプレゼントしたという話もあった。

まだジャパンカップには多くの馬が参戦しており騎手は当然外国の騎手だった。このように外国人騎手の騎乗が珍しくなくなり、その延長で短期免許騎手制度が始まったのだろうか。

当初はオリビエ・ペリエ騎手、マイケル・ロバーツ騎手、ミルコ・デムーロ騎手のように活躍した騎手もいたが、あまり活躍できず1回か2回だけしか来日できなかった騎手もいた。

その後日本での騎乗の価値が認識され各国でのトップクラスの騎手がやってくるようになった。JRAも誰でもいいというのではなく成績に条件を付けるようになった。

それにしてもデットーリ騎手やジョアン・モレイラ騎手、ライアン・ムーア騎手のように評価の定まった騎手よりもオイシン・マーフィー騎手、ダミアン・レーン騎手のように若く将来性のある騎手を呼んでもらいたいものである。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆リオンリオン7代血統表
リオンリオン7代血統表



・Nureyev5×4のクロスはセオリー配合
・9代クロス解析のТ値6.10もかなり高く 決め手型
・馬体のノビはさほどではなく トモ高なので ハイペースの菊花賞では一抹の不安も
・Victoriana 7×7のクロス(ノーザンテースト≒Vece Regent4×5)はパワーアップに役立つので重はこなせる

2019.09.18

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

◆リオンリオン6代血統表
リオンリオン6代血統表

◆リオンリオン9代クロス解析表
リオンリオン9代クロス解析表


・Nureyev5×4のクロスはセオリー配合
・9代クロス解析のТ値6.10もかなり高く 決め手型
・馬体のノビはさほどではなく トモ高なので ハイペースの菊花賞では一抹の不安も
・Victoriana 7×7のクロス(ノーザンテースト≒Vece Regent4×5)はパワーアップに役立つので重はこなせる

2019.09.17

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

◆ダノンファンタジー6代血統表
ダノンファンタジー6代血統表

◆ダノンファンタジー9代クロス解析表
ダノンファンタジー9代クロス解析表


・何といっても Lyphard 4×5のクロスを得たディープインパクトの配合パターンは走る

・母系の War Admiral 3本、Djebel 3本 の異系クロスのプールも効果的

・9代クロス解析のТ値も5.22で決めて十分


2019.09.17

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

ディアドラが出走するアイリッシュチャンピオンステークスの出走時刻が変更になったというニュースには驚かされた。

日本時間で15日2時35分だったものが15日0時15分になったということだ。現地時間では14日の18時35分から16時15分に変わったことになる。

これはもちろん日本のファンがテレビでのレースの観戦の便を図ったものである。深夜の2時35分では遅すぎる。土曜日の夜であり0時15分ならなんとかということだ。

それは日本で馬券を発売するからだがそれほど日本での馬券の売り上げが現地の主催者にとって大きいということだ。

この出走時刻の変更はJRAが申し入れたのかそれともレパーズタウン側で自主的に行ったものかはわからないが、馬券を日本で売る場合は日本での放映時刻を深夜の時ころにというコンセンサスができているのではないか。

というのも発走時刻が変更になるのは今回が初めてではないからである。

それにしてもどんな理由があるにしてもG1レースの発走時刻を変更するなど日本ではありえないことだ。なぜこのようなことが可能なのだろうか。

この日レパーズタウンでは全部で8レースが組まれてる。

G1が愛チャンピオンステークスとメイトロンステークス、他にG2が2レース、G3が1レース、リステッドが1レース、あとの二つがハンデ戦だ。

そして出走予定頭数はこの二つのハンデ戦が32頭と30頭と非常に多い。一方愛チャンピオンステークスは11頭、メイトロンステークスは10頭とこの日では最も少ないのである。

イギリスやアイルランドではほとんどの馬券はブックメーカーで売られる。そしてファンは競馬場にはほとんどやってこない。

JRAのG1の日の競馬場における賑わいとは全く異なるのである。そしてファンに人気が高く馬券を買うのは多頭数のハンデ戦でありG1などのグループレースではないのだ。

G1、G2、G3が連続するロイヤルアスコットではどれほど馬券が売れのだろうか。

しかしアスコットステークス、ロイヤルハントカップ、ブリタニアステークス、サンドリンガムスレークス、ウォッキンガムステークスと毎日多頭数のハンデ戦が行われ、ファンが馬券を買うのはこれらのレースなのである。

連続するグループレースは競馬の関係者にとって重要なレースではあるがファンにとってはそうではないということだ。

愛チャンピオンステークスの発走時刻が変わっても何の問題もないということである。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆ニシノジェイピー6代血統表
ニシノジェイピー6代血統表

◆ニシノジェイピー9代クロス解析表
ニシノジェイピー9代クロス解析表


【ニシノジェイピー】牡 黒鹿(451キロ)
父ジャングルポケット
母ニシノメルモ
美浦 田村厩舎

◆評価 古馬になってから楽しめる中距離配合

スペシャルウィーク×サドラーズウェルズの母に、父ジャングルポケットの中距離以上で楽しめる配合。近似血脈ヌレイエフとサドラーズウェルズを3×3に近い形で内包するので決め手もある。リボーの疑似クロスも一発楽しみ。デビュー戦で芝1200をこなすとすればクロスの強さのもたらすところと体型次第だが、本来は追い込み型の中距離タイプ。

2019.09.12

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei


netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



2019年09月11日(水) 17時15分


米国ジョッキークラブは10日、2021年から種牡馬の種付け頭数に上限制を設ける方向で検討に入ったと明らかにした。

 クラブのホームページに掲載されたリリースによると、原案では21年の時点で供用開始から4年以上経過している種牡馬に対して、140頭の上限を設定。供用期間が4年に満たない馬については、5年目のシーズンから随時適用する。

 こうした措置を検討する理由として、ジョッキークラブは、北米地区では生産頭数が近年、急速に減少している一方で、特定の種牡馬に交配機会が集中し、懸念すべき遺伝子プールの集中が見られている点を挙げている。

 10年に年間種付け頭数が140頭を超えた種牡馬は24頭だったが、今年は43頭に急増している。

 繁殖牝馬側から見ても、07年にはこうした人気種牡馬と交配された牝馬の数は5894頭で全体の9.5%だったが、今年は7415頭で、生産規模・繁殖牝馬頭数の減少と重なり、全体の27%に達した。近年の生産頭数減少は著しく、07年の37499頭から、来年は20500頭前後に急減すると予想されている。

 ジョッキークラブでは今後、ルールの施行に向けた意見集約のため、生産者、馬主などの利害関係者に意見を求めるとしている。



【青木の見解】

※弱肉強食、売れればいいという無定見な生産者が跋扈している限り、相当な難題かと思うが、サラブレッドの発展的配合は広い視点と深い洞察力に基づいて展開されるのが理想なので、その「計画性」を業界が統括的に図れるかどうか。日本の現状ではかなり困難で、聡明な生産者一人一人の「配合戦略」が磨き上げられて初めて実現するだろう。

ただ、ディープ系とキンカメ系の他の潮流が必要なのは確かな状況で、そこに鋭く、理論的に着目した生産者が次の世代のチャンピオンホース、あるいはサイアーラインを作れるに違いない。先鋭的な生産者に期待。

2019.09.11.

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei


・配合とは 父だけでもなく 母だけでもなく その両者の取り合わせの良し悪しで 産駒が走るか 走らないかが 決定される そんな重要な作業だ

・今の2歳馬(2017年生まれ)は、2015年冬段階での青木配合理論に依拠して交配が決断されたわけだが、凡作もあれば 野心作も 傑作もあるはずだ 今後が楽しみでならない

----------------

西山牧場・青木配合2歳馬17頭の父


リーチザクラウン3頭
カジノドライヴ
ハービンジャー
ノヴェリスト
エスケンデレヤ
ナカヤマフェスタ
ダンカーク
ヒルノダムール
ゴールドシップ
ルーラーシップ
エピファイネイア
ケープブランコ
ジャングルポケット
ヨハネスブルグ
ヴィクトワールピサ

※2頭勝ちあがり

--------------

【中間情報】
2019.08.28

---------------------

セイウンハテンコウ
中山9ー1

ニシノレオニダス
東京3ー9

ニシノミンクス
10/10門別
エーデルワイス

---------------------------

セイウンクロクモ 育成 左前蹄骨ボーンシストで時間かかりそう

セイウンクルーズ 11月デビュー見通しで調整中

セイウンハテンコウ 10.08.デビューも好位失速で8着

ニシノヴァリアント 江戸崎 トレセンで転倒 尻尾付け根治療中 時間かかりそう

ニシノコードブルー 阿見休養中

ニシノジェーピー 中山4-4勝浦

ニシノストーム 育成休養中

ニシノレオニダス 阿見休養中

ニシノステラ 明日阿見より入厩予定

ニシノゼノビア 育成休養中

ニシノハナミズキ 阿見休養中

ニシノミンクス 阿見休養中 10/10門別エーデルワイス予定


※ニシノレオニダス、ニシノミンクスが勝ちあがり

--------------------


【評価短評】
西山牧場2017年生まれ産駒、青木配合馬17頭のリストと評価短評 

※()内は馬体重
※馬名は50音順


◆ニシノアインス
ニシノアインス5代血統表

【ニシノアインス】 牝 栗毛(422)
父ナカヤマフェスタ
母ニシノワン
美浦 土田厩舎

◆評価 地味ながら大物食い可能な中距離馬

5代アウトクロスの母に、リボー系ヒズマジェスティ2×4の強いクロスを内包するナカヤマフェスタの配合。クロス血脈は整っていて時計がかかれば大物食いも十分。


◆ニシノイガッタ
ニシノイガッタ5代血統表

【ニシノイガッタ】 牡 鹿毛(446)
父ヴィクトワールピサ
母ニシノモレッタ
栗東 北出厩舎

◆評価 芝向き上級マイラー

タイキシャトル牝馬にヴィクトワールピサの配合でヘイロー4・5×4の軽いクロスを得る。芝のマイル前後で良馬場なら上級も可能。平坦が最適か。


◆ニシノヴァリアント
ニシノヴァリアント5代血統表

【ニシノヴァリアント】 牡 鹿毛(505)
父ケープブランコ
母ニシノテキーラ
美浦 稲垣厩舎

◆評価 皐月賞も楽しめるA級馬

母のニシノテキーラはマンハッタンカフェ×キングマンボで大物を輩出できる素地は十分。これにサドラーズウェルズ系ケープブランコはミスプロ5×4でパンチを享け、周縁にはドイツ血脈の継続や一流血脈のクロスも十分。大物感のある配合で、あとは馬体次第。


◆ニシノコルレオーネ
ニシノコルレオーネ5代血統表

【ニシノコルレオーネ】 牡 鹿毛(458)
父ハービンジャー
母リップル
美浦 手塚厩舎

◆評価 A級マイラー

母が名牝コスマー4×4で気が強く、母の父アグネスタキオン、父ハービンジャーで血統好感度も高い。クロスはニジンスキー6×4で好感。全きょうだいも作ってあるほど楽しみ。距離はマイルがベストか。追い込めれば2000も何とか。


◆ニシノコードブルー
ニシノコードブルー5代血統表
【ニシノコードブルー】 牡 青鹿(467)
父リーチザクラウン
母ニシノナースコール
美浦 小桧山厩舎

◆評価 堅実派で入着賞金を稼ぐマイラー

ニシノナースコールの産駒にまだ大物はいない。本馬もA級ではないが、ハンデ戦などで生涯賞金は稼げる。長い目で、馬主孝行。


◆ニシノジェイピー
ニシノジェイピー5代血統表

【ニシノジェイピー】牡 黒鹿(451)
父ジャングルポケット
母ニシノメルモ
美浦 田村厩舎

◆評価 古馬になってから楽しめる中距離配合(入厩済み)

スペシャルウィーク×サドラーズウェルズの母に、父ジャングルポケットの中距離以上で楽しめる配合。近似血脈ヌレイエフとサドラーズウェルズを3×3に近い形で内包するので決め手もある。リボーの疑似クロスも一発楽しみ。


◆ニシノシロイビジョ
ニシノシロイビジョ5代血統表
【ニシノシロイビジョ】 牝 芦毛(465)
父ダンカーク
母セイウンヒマワリ
美浦 加藤和厩舎

◆評価 2勝はできるPОG推奨馬

一流ではないだろうが、そつなく走るダンカーク産駒で、母は重厚でクラシック向き。クロス血脈も悪くなく、2勝くらい勝ち上がる可能性は高い。馬体がしなやかならそれ以上も期待できる。


◆ニシノステラニシノステラ5代血統表

【ニシノステラ】 牝 鹿毛(442)
父ヒルノダムール
母セイウンクロエ
美浦 小西厩舎

◆評価 中距離の一発大駆けタイプ

ヒルノダムール産駒にまだ大物はいないし産駒も少ないが、この馬など代表馬になれる素地は十分。母系にはデインヒルも入るし、自身はブラッシンググルーム3本継続とニジンスキー4×6。時計がかかれば重賞も。


◆ニシノストロング
ニシノストロング5代血統表

【ニシノストロング】 牡 栗毛(501)
父ノヴェリスト
母ニシノシルエット
美浦 小島茂厩舎

◆評価 時計かかるマイラー

ノヴェリスト産駒で地味だが、母はアグネスタキオン×カーリアンで華があり、自身はニジンスキー5×4。馬体がしなやかなら準オープン以上も。


◆ニシノストーム
ニシノストーム5代血統表

【ニシノストーム】牡 鹿毛(500)
父リーチザクラウン
母ニシノステディー
美浦 杉浦厩舎

◆評価 上級マイラー
ニジンスキー5×5
ミスプロ4×4
名牝シックスクラウンズ4×5

5代多重クロスで一流マイラー。期待が大きい。体型次第で重、ダートベストかも。


◆ニシノゼノビア
ニシノゼノビア5代血統表

【ニシノゼノビア】 牝 栗毛 (467)
父エスケンデレヤ
母ニシノブルームーン
美浦 萱野厩舎

◆評価 一発型マイラー

5代多重クロスの父エスケンデレヤからスピードとパワーを享けるが、自身は決めて十分なロベルト5×4で、母の父はリボーのクロスを内包するタニノギムレット。大物食いのある一発型上級マイラーで桜花賞へ歩を進めて欲しい。


◆ニシノミンクス
ニシノミンクス5代血統表

【ニシノミンクス】牝 鹿毛(464)
父カジノドライヴ
母ニシノモンクス
美浦 伊藤圭厩舎

◆評価 上級ダート馬(5/30入厩予定)

デピュティミニスター3×4のカジノドライブ産駒で、母の父がリボーのクロスを内包するタニノギムレットだから一発大物の可能性も十分。中距離ダート向きで成長力もある。

※2戦目で勝ちあがる


◆ニシノレオニダス
ニシノレオニダス5代血統表

【ニシノレオニダス】 牡 黒鹿(509)
父ヨハネスブルグ
母バラッドローズ
美浦 中舘厩舎

◆評価 上級短距離馬

配合的にストームキャット3×4、そして父ヨハネスブルグの祖母と、母の祖父プルピット(エーピーインディ系)の母が全姉妹で、これも実質3×4の同血馬クロス。気性も強いだろうが短距離なら十分楽しめる。体型次第ではダート向き。

※2戦目で勝ちあがる


◆セイウンクルーズ
セイウンクルーズ5代血統表

【セイウンクルーズ】 牡 栗毛(533)
父ゴールドシップ
母ニシノアカツキ
美浦 武藤厩舎

◆評価 母を超えるクラシックタイプ
[トモが緩いとのことで仕上がり遅れるかも。05.22現在]

母はオークス4着で勝つまでの底力はなかったが、ゴールドシップとなら十分にA級馬となれる。サンデーサイレンス3×4で決め手を得、ニジンスキーとザミンストレルの近似血脈の内包から底力も。マイル~2000で重賞期待値が高い。ハイペースを追い込む脚質。


◆セイウンクロクモ
セイウンクロクモ5代血統表

【セイウンクロクモ】 牡 青鹿(468)
父エピファネイア
母カナエチャン
美浦 中野厩舎

◆評価 一発大駆け型のマイラー

エビファネイア×マンハッタンカフェでサンデーサイレンス4×3で決めて十分。母系にノーザンダンサーがないので、この継続クロスは不可能だが、混戦レースで一発を期待。


◆セイウンノア
セイウンノア5代血統表

【セイウンノア】 牡 鹿毛(490)
父ルーラーシップ
母ニシノラフィーネ
美浦 根本厩舎

◆評価 一発型のA級馬
[入厩後、転倒して骨折。05.22現在]

ルーラーシップ産駒だから期待が高く、母系は西山牝系のデュプリシト。母の父タニノギムレットからリボー系グロースターク3本継続。気の強さを勝負根性に転化できれば一発勲章ゲットの期待も高い。

◆セイウンハテンコウ
セイウンハテンコウ5代血統表


◆評価 ダート、芝重向きの上級マイラー
[2019.09.08.中山芝マイルを先行後退8着、510キロ]

母がミスプロ4×3でダート向きの米国経脈が濃厚。これに父リーチザクウンでミスプロ3本継続でパワー型マイラー。Nijinsky と近似血脈 Storm Cat が5代目にならび整合性は低くない。使われて良くなるはず。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei





↑このページのトップヘ