来週月曜日の予定で2017年生まれ=来年度の推奨馬を青木のPOGコーナーにアップします。今年は全ての会員様が無料(0ポイント)で情報を取得して頂けます。強い馬を網羅したつもりです。よろしければご利用ください。

※会員登録を済ませて、IIDとパスワードで情報を取得します。
※アップは来週月曜日【20日】の予定です。

競馬通信社・会員登録(無料)
http://ktsn.jp/reader/regist

今週はオークス、各種のメディアでは過去のオークスを画像や写真で振り返っている。

週刊誌のギャロップでは1983年のオークスを取り上げた。ダイナカールが勝ったレースで5着までが同タイムの接戦となったことで名高いオークスだ。

ゴールの瞬間の写真が大きく載っているがこれを見て現在と異なるところがあることに気付く。

ゼッケンに馬名が記載されていないのである。今では当たり前でなんとも思わないし、新しいファンは馬名が入っていないゼッケンなど知らないが、この写真で昔を思い出したのである。

昔のレースの画像や写真を見るとゼッケンだけではなく現在とは異なった光景を見ることができる。

例えば現在ではゴール板、というより写真判定用のミラーの周りには装飾があり、競馬場名やレース名が書かれているが、昔は単にミラーがあるだけだった。

ゴール近くの内埒にもいろいろ書かれているが、以前は白のままだ。

最も変わったのは芝である。冬は枯れて黄色くなっていた。これも最近のファンには考えられないことである。

そして馬場の傷み具合だ。昔はレースに使われると内埒側の芝が剥げてしまい土が露出してしまった。このため雨が降るとどろどろになり各馬は大外を回ったのである。

晴れた場合はダートコースのように土ぼこりがもうもうと上がったものだった。

これはダートでのレースが少なく芝の傷みが早かったこともあるが、芝の育成技術が現在のように進んでいなかったことが大きいだろう。

また路盤の改良も芝が良化したことの原因でもある。現在でも馬場の改良の必要性を求める向きもあるが、昔を考えれば今の馬場はずいぶん良化したのである。

ところでゼッケンに馬名が入ってない当時、私たちファンはちょっとした遊びを行った。雑誌、例えば「優駿」の表紙にレース中の馬の写真が使われた時代がある。

その馬の馬名を当てるということだ。そのためには服色を知らなければならない。

もちろん服色を覚えるのはレースで馬を識別するためだが、それを逆に使って馬名を当てるというわけである。

今では理解しにくいだろうが、馬名を当てるというのは案外難しいのだった。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

2016年産駒のPОG推奨馬は50頭のうち勝ち馬16頭。早々に故障したり、地方競馬にに売られたりした馬も多くいました。ただし、2着馬も何頭かいますし、あと2週間で勝ちあがることを期待しますが、総じて不満足な成績と言わざるをえません。

それでも皐月賞馬サートゥルナーリア、阪神ジュベナイルFのダノンファンタジーが含まれていたことはせめてもの救いです。下記は勝ちあがり馬の一覧表です。

━━━━━━━
05/15現在
━━━━━━━


◆ディープインパクト産駒(順不同、牡馬6頭、牝馬7頭)

カントル
牡.母ミスアンコール 母父キングカメハメハ  藤原英昭

5戦2勝 [2-1-1-1]
★★セントポーリア賞★★


ブルーアガヴェ
牡.母ペイトンドーロ 母父Medaglia d'Oro 奥村武

6戦1勝 [1-1-0-4]


ドナアトラエンテ
牝.母ドナブリーニ 母父 Bertolini 角居

2戦1勝 [1-1-0-0]


ランブリングアレー 
牝.母ブルーミングアレー 母父シンボリクリスエス  友道康夫

4戦1勝 [1-1-1-1]


ダノンファンタジー
牝.母ライフフォーセール 母父Not For Sale 中内田充正

6戦4勝 [4-1-0-1]
★★阪神JF1着★★


レッドベレーザ 
牝.母レッドメデューサ 母父Mr Greeley 石坂正

4戦1勝 [1-1-0-2]


ーーーーー

◆ルーラーシップ産駒(順不同、牡馬5頭、牝馬1頭)


ドラウプニル
牡.母ヴェルザンディ 母父アグネスタキオン 斉藤崇

6戦1勝 [1-1-2-2]


ダンツキャッスル
牡.ダンツクインビー 母父スペシャルウィーク 谷

11戦2勝 [2-3-0-6]


ヒシゲッコウ
牡.ラルケット 母父ファルブラヴ 堀

2戦1勝 [1-0-1-0]


ーーーーー


◆ダンカーク産駒(順不同、牡馬4頭、牝馬1頭)


マイネルアルケミー
牡.母ビリーヴザミラクル 母父フジキセキ 栗田博

9戦1勝 [1-2-3-3]


ガトン
牡.グレインライン 母父タイキシャトル 未定

6戦1勝 [1-0-0-5]


ーーーーー

◆ロードカナロア産駒(順不同、牡馬4頭、牝馬2頭)


ケイアイサクソニー
牡.母ケイアイウィルゴー 母父タイキシャトル 山内

9戦2勝 [2-2-0-5]
★★あやめ賞1着★★


サートゥルナーリア
牡.母シーザリオ 母父スペシャルウィーク 角居

4戦4勝 [4-0-0-0] 
★★皐月賞1着、ホープフルS1着★★


モズレジーナ
牝.母グランプリエンゼル 母父アグネスデジタル 矢作

3戦1勝 [1-0-0-2]


ーーーーー

◆ハービンジャー産駒(順不同、牡馬3頭、牝馬3頭)


リーガルメイン
牡.母アディアフォーン 母父ダンスインザダーク 橋口

5戦1勝 [1-1-0-3]


ジュピターズライト
牡.母サトノジュピター 母父アグネスタキオン 金成

2戦1勝 [1-0-0-1]


ーーーーー

◆ケープブランコ産駒(順不同、牡馬2頭、牝馬1頭)


チビラーサン
牝.母サウンドオブハート 母父アグネスタキオン 中舘

4戦1勝 [1-2-0-1]


ーーーーー

◆その他の産駒(順不同 牡馬8頭 牝馬2頭 )


ショーヒデキラ
牡.父ディープブリランテ 母マイユクール 母父バゴ 鈴木伸

8戦1勝 [1-1-2-4]


━━ 以上 ━━━

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

◆ウィクトーリア
ウィクトーリア5代血統表

◆エールヴォア
エールヴォア5代血統表

◆カレンブーケドール
カレンブーケドール5代血統表

◆クロノジェネシス
クロノジェネシス5代血統表

◆コントラチェック
コントラチェック5代血統表

◆シェーングランツ
シェーングランツ5代血統表

◆シゲルピンクダイヤ
シゲルピンクダイヤ5代血統表

◆シャドウディーヴァ
シャドウディーヴァ5代血統表

◆ダノンファンタジー
ダノンファンタジー5代血統表

◆ビーチサンバ
ビーチサンバ5代血統表

◆ラヴズオンリーユー
ラヴズオンリーユー5代血統表




◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

◆ニシノゼノビア6代血統表
ニシノゼノビア6代血統表

◆ニシノゼノビア9代クロス解析表
ニシノゼノビア9代クロス解析表


・ロベルトのクロス(5×4)はパワフルな決め手を醸成する
・警備くクロス度数のT6.10で追い込みタイプのマイラー
・桜花賞に駒を進めて欲しい

2019.05.13

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

配合とは 父だけでもなく 母だけでもなく その両者の取り合わせの良し悪しで 産駒が走るか 走らないかが 決定される そんな重要な作業だ

今の2歳馬(2017年生まれ)は2015年冬の青木配合理論に依拠して決断された
凡作もあれば 野心作も 傑作もあるはずだ 今後が楽しみでならない

----------------

西山牧場・青木配合2歳馬16頭の父


リーチザクラウン3頭
カジノドライヴ
ハービンジャー
ノヴェリスト
エスケンデレヤ
ナカヤマフェスタ
ダンカーク
ヒルノダムール
ゴールドシップ
ルーラーシップ
エピファイネイア
ケープブランコ
ジャングルポケット
ヨハネスブルグ
ヴィクトワールピサ

--------------

◆ニシノストーム
ニシノストーム5代血統表

◆ニシノハナミズキ
ニシノハナミズキ5代血統表

◆ニシノミンクス
ニシノミンクス5代血統表

◆ニシノコルレオーネ
ニシノコルレオーネ5代血統表

◆ニシノストロング
ニシノストロング5代血統表

◆ニシノコードブルー
ニシノコードブルー5代血統表

◆ニシノゼノビア
ニシノゼノビア5代血統表

◆ニシノアインス
ニシノアインス5代血統表

◆ニシノシロイビジョ
ニシノシロイビジョ5代血統表

◆ニシノステラ
ニシノステラ5代血統表

◆セイウンクルーズ
セイウンクルーズ5代血統表

◆セイウンノア
セイウンノア5代血統表

◆セイウンクロクモ
セイウンクロクモ5代血統表

◆ニシノヴァリアント
ニシノヴァリアント5代血統表

◆ニシノジェイピー
ニシノジェイピー5代血統表

◆ニシノレオニダス
ニシノレオニダス5代血統表

◆ニシノイガッタ
ニシノイガッタ5代血統表



2018.03.19.現在


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei





1着ノームコア(5人気)
ノームコア5代血統表

2着プリモシーン(4人気)
プリモシーン5代血統表

3着クロコスミア(11人気)
クロコスミア5代血統表

4着ラッキーライラック(1人気)
ラッキーライラック5代血統表

5着アエロリット(2人気)
アエロリット5代血統表


単勝9.4倍
馬連37.0倍
馬単76.7倍
3連複354.9倍
3連単1750.4倍



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei










◆ノームコア6代血統表
ノームコア6代血統表

◆ノームコア9代クロス解析表
ノームコア9代クロス解析表


・母は1勝馬でクロフネ×サンデー×Mr.Prospector とさほどの血統構成ではない
・しかし、父ハービンジャーと配合されると多彩なクロスが引き出される
・Roberto6×6→hail to Reason 3本で決め手と弾力的な筋肉
・War Admiral Pribdequillo Tourbillon
・父にTom Fool→Menow4ほんの異系のプール
・9代クロス解析表においてもT値5.94で決め手に富む


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei


ケンタッキーダービーに日本調教馬マスターフェンサーが出走した。スキーキャプテン、ラニに続いて3頭目である。

このレースに日本から挑戦するのは特殊な理由がなければならない。

スキーキャプテンは社台レースホース、というより森秀行調教師、ラニはノースヒルズ、マスターフェンサーは吉澤克己氏、いずれも外国志向の強い関係者である。

そしてこのレースはグリーンチャンネルで生中継された。しかしこの中継についてはファンの間で批判があったようだ。

というのもマスターフェンサーはスタートで遅れ終始最後方を進み最後のコーナーでもまだ後方だった。

このためかグリーンチャンネルではマスターフェンサーについてほとんど触れないままであり、このことでネットで叩かれたということだ。

しかしこれは仕方がなかったと思う。

というのもマスターフェンサーは直線で追い込んではきたが、その時は1着争いが激しくマスターフェンサーはその争いには加わっていなかった。

レース、特に直線を繰り返し見ると最内を突っ込んできた馬がマスターフェンサーということがわかったが、識別はなかなか難しかったのである。

しかもなんとオブジェクションにより審議となってしまった。それも上位馬が対象ということだった。

なにしろ馬券を売っているレースである。着順がどうなるのかが番組としての最大の関心事だ。審議は延々と続いた。

リプレイを繰り返しついに降着ということで結果が決まったときはグリーンチャンネルはやっと放送が終わりにすることができるとほっとしたことだろう。

マスターフェンサーについてはルパルー騎手へのインタビューを送るにとどまったのである。

マスターフェンサーの着順がわかりにくかったのはテレビ画像にも原因がある。日本とは異なりフィニッシュのストップモーションの映像などないのだ。

それでもアナウンサーが現地から放送しているのであればマスターフェンサーの着順を抑えただろう。

しかし実況した中野雷太アナウンサーは土曜日と日曜日にはBSイレブンなどの競馬中継に出演していた。

つまりあの映像を見ながらの中継だったということだ。

このような各種の事情によりグリーンチャンネルのケンタッキーダービーの放映はやむおえなかったと思われるのである。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

↑このページのトップヘ