オーシャンS(G3)
メラグラーナ
メラグラーナ

チューリップ賞(G3)
ソウルスターリング
ソウルスターリング

弥生賞(G2)
カデナ
カデナ

金鯱賞(G2)
ヤマカツエース
ヤマカツA

中山牝馬S(G3)
トーセンビクトリー
トーセンV

フィリーズレビュー(G2)
カラクレナイ
カラクレナイ

ファルコンS(G3)
コウソクストレート
コウソクストレート

スプリングS(G2)
ウインブライト
ウインブライト

阪神大賞典(G2)
サトノダイヤモンド
サトノD

フラワーC(G3)
ファンディーナ
ファンディーナ

日経賞(G2)
シャケトラ
シャケトラ

毎日杯(G3)
アルアイン
アルアイン

マーチS(G3)
インカンテーション
インカンテーション

高松宮記念(G1)
セイウンコウセイ
セイウンコウセイ

東京新聞杯(G3)
ブラックスピネル
ブラックスピネル

きさらぎ賞(G3)
アメリカズカップ
アメリカズカップ

クイーンC(G3)
アドマイヤミヤビ
アドマイヤミヤビ

共同通信杯(G3)
スワーヴリチャード
スワーヴリチャード

京都記念(G2)
サトノクラウン
サトノクラウン

ダイヤモンドS(G3)
アルバート
アルバート

京都牝馬S(G3)
レッツゴードンキ
レッツゴードンキ

フェブラリーS(G1)
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム

小倉大賞典(G3)
マルターズアポジー
マルターズアポジー

アーリントンC(G3)
ペルシアンナイト
ペルシアンナイト

中山記念(G2)
ネオリアリズム
ネオリアリズム

阪急杯(G3)
トーキングドラム
トーキングドラム

中山金杯(G3)
ツクバアズマオー
ツクバアズマオー

京都金杯(G3)
エアスピネル
エアスピネル

フェアリーS(G3)
ライジングリーズン
ライジングリーズン

シンザン記念(G3)
キョウヘイ
キョウヘイ

愛知杯(G3)
マキシマムドパリ
マキシマムドパリ

京成杯(G3)
コマノインパルス
コマノインパルス

日経新春杯(G2)
ミッキーロケット
ミッキーロケット

アメリカJCC(G2)
タンタアレグリア
タンタアレグリア

東海S(G2)
グレンツェント
グレンツェンド

根岸S(G3)
カフジテイク
カフジテイク

シルクロードS(G3)
ダンスディレクター
ダンスディレクター

青木義明の配合馬【石清水S】4番人気ニシノラッシュがオープン入り


1月21日の京都11R石清水S(4歳上1600万下、芝・外1400メートル)は、4番人気ニシノラッシュ(栗・宮本、牡6、父サクラバクシンオー)が1分23秒0(良)で逃げ切ってオープン入りを果たした。19戦5勝。「内枠でしたし、ゴチャつくよりはと思っていたので、行けるようならハナに行こうと思っていました」と幸騎手。8番人気エスティタートが1馬身1/4差の2着。1番人気クライムメジャーは6着だった。

◆ニシノラッシュ6代血統表
ニシノラッシュ6代血統表

◆ニシノラッシュ9代クロス解析表
ニシノラッシュ9代クロス解析表


・9代クロスの量的側面ではТ値5.30と活力に富む継続クロス度数を示す。
・母系に Halo がないのにかなりのスピードを持つのは、この9代クロスと父サクラバクシンオーのなせる業。
・また、その母が Roberto と Nijinsky の米血ニックスを内包するので筋肉の質がいい。
・この母には遠く Princequillo のクロスがあるのも効果的。
・父サクラバクシンオーに内包される Tourbillon、Bull Lea、Man o'War などは継続クロスされて整合性を高める。むろん、Northern Dancer 4×5が骨格だ。そして、Tracery もうまく関与する。

(2018.01.22.青木義明)

◆トリオンフ6代血統表
トリオンフ6代血統表

◆トリオンフ9代クロス解析表
トリオンフ9代クロス解析表


・Ribot と Prince Chevakier の疑似クロスの存在も意味を成す
・Court Martial →Fair Trial 継続で小回りコースのマクリも可能
・父系の Red God と母系の Nijinsky から Menow の継続クロスもタフさを付与
・父タートルボウルは小生も使う種牡馬の1頭なので重賞制覇を歓迎
・配合総体ではこの上のメンバーとの別定重賞では一度、様子を見たいクチ

(青木義明)

↑このページのトップヘ