09.01.土曜日の公開予想は新潟05R◆青木義明の競馬一直線


★公開予想★
新潟05R/2歳新馬(12:30)

馬連・ボックス
01.04.05.06.11.15
15点×1000円


★有料情報★
札幌11R/札幌2歳S/馬単20点
新潟11R/長岡S/3連単100点
(2鞍=2000pt)


有料情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

新馬戦のニシノイタダキは10キロは太かった。次走は中山芝2000◆青木義明の競馬一直線


2018.08.18.土..新潟05R・新馬戦 芝2000・大野→単勝17倍4番人気、5着


※馬体やレースを見て感じたこと※

・484キロの馬体はやや詰まり気味の骨太で、また腹目も太く10キロは絞りたいところ。
・パドックでは入れ込む素振りもなく、母の気の強さは異系血脈の父エンパイアメーカーで抑え込まれいていた印象。これは安心材料。
・ただ、本馬場での返し馬は手綱を引いて大野騎手が抑え気味で、馬は高脚を使っていた。しかし、飛びは大きく、掻き込みも強そうだったので芝もダートも行ける印象。どちらかと言えばトモの筋肉の張り具合などからダートの方が確実性が高いと思われる。
・ただ、次走は中山芝2000を同じく大野騎手で再挑戦。何でも大野騎手が希望したらしい。坂があるのは他との比較で有利に作用するし、時計がかかれば、ほぼ勝てるだろう。



※配合のポイント※

・総じてクロスが薄い母ニシノシルエット(ただし、9代クロス解析表の総量は活力が旺盛すぎるほどで気性難も秘めるか)に、クロスのきつい父エンパイアメーカー。
・筋肉の弾力性に富んだ1600~2000向きのオープン馬を目指した配合設計。
・そして、El Gran Senor と Nijinsky を通じた近似血脈の疑似クロス(Northern Dancer、Menow、Blue Larkspur、Bull Dog=Sir Gallahad、Man o'War、Discovery などを共に内包して、ほぼ3×4となる)
・ほかに Princequillo、Nasrullah、Tourbillon、 War Relic などもクロスして好バランス
・父に希薄な Hyperion を母から数多く補強して成長力にも富む。
・体型の伸び次第で、中団から鋭く差し込むか、好位抜け出しタイプとなるはず。



青木配合馬ニシノイタダキ6代血統表&7代血統表&9代クロス解析表など
http://keibatsushin.blog.jp/archives/25513884.html



---------------


黒潮盃の勝ち馬クロスケ6代血統表&7代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/25505671.html



・西山牧場の配合診断でも採用してきたキャプテントゥーレの産駒が重賞制覇とは嬉しい限りだ
・母系にノーザンダンサーがなくても勝てるのは何とも素晴らしい
・9代クロスの出現パターンは量的(83種類)に合格点が与えられるし、加えて異系クロスのプールが父母それぞれに存在してタフさを付与する



--------------------------

◆馬券有料情報の取得方法◆

情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にレース当日11時までにアップします。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆特設ステージ◆
TOPページからログインすれば「特設ステージ」の項目が表示されます。ログインする前は表示されません。



◆馬券戦略◆
1日3レースを厳選/その内の1レースは土日ともメルマガ誌上で無料公開。残り2レースは有料。また馬券は「なんでもあり」で、臨機応変に戦う。購入金額も特に定めない。

◆有料情報◆
1日2レース・2000ポイント(円)でご利用いただけます。情報はレース当日11時00分までに「特設ステージ」の中にアップします。アップしたことはメルマガで連絡します。「特設ステージ」への移動は無料、メルマガを登録されていない方でも購入していただけます。


--------------------------

【送金口座】

◆三菱UFJ銀行
川崎支店
(普)0865220
アオキヨシアキ

※お振込み後、下記3点をメール連絡してください。

1.ID番号
2.お名前(会員登録のお名前)
3.金額

◇メール:support@ktsn.jp



【キャンペーン】

・1度に1万円以上をご送金いただいた場合、ポイント5割を上乗せします
(例)
1万円送金→15000ポイントで処理
2万円送金→30000ポイントで処理
3万円送金→45000ポイントで処理

・締め切りは8月31日(金曜日)

・ポイントに使用期限はありませんので、ご安心ください。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


◆お問い合わせ先
電話番号:03-3735-4430
メールアドレス:support@ktsn.jp



◆クロスケ6代血統表
クロスケ6代血統表

◆クロスケ7代血統表
クロスケ7代血統表

◆クロスケ9代クロス解析表
クロスケ9代クロス解析表


・西山牧場の配合診断でも採用してきたキャプテントゥーレの産駒が重賞制覇とは嬉しい限りだ
・母系にノーザンダンサーがなくても勝てるのは何とも素晴らしい
・9代クロスの出現パターンは量的(83種類)に合格点が与えられるし、加えて異系クロスのプールが父母それぞれに存在してタフさを付与する

(2018.08.15.青木義明)

----------


【大井・黒潮盃】クロスケがゴール寸前で差し切り重賞初V/地方競馬レース結果



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 15日、大井競馬場で行われた第52回黒潮盃(3歳・ダ1800m・1着賞金1800万円)は、中団でレースを進めた笹川翼騎手騎乗の2番人気クロスケ(牡3、大井・柏木一夫厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして、好位追走から一旦は抜け出した1番人気クリスタルシルバー(牡3、大井・村上頼章厩舎)をゴール寸前で捕らえ、これにアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分54秒4(良)。

 さらに8馬身差の3着に6番人気ミスマンマミーア(牝3、船橋・佐藤賢二厩舎)が入った。なお、3番人気デイジーカーニバル(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)は11着に終わった。

 勝ったクロスケは、父キャプテントゥーレ、母フェニックスワン、その父ブライアンズタイムという血統で、これが重賞初制覇。



◆シルヴェーヌ6代血統表
シルヴェーヌ6代血統表


的場文男騎手が地方競馬通算7152勝目! 佐々木竹見元騎手を超えついに記録更新



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



12日の大井競馬第5R(ダ1200m・12頭)は、先手を取った的場文男騎手騎乗の1番人気シルヴェーヌ(牝3、大井・櫻木英喜厩舎)が、直線で後続を突き放し、最後は2着のヤマショウバトル(牡3、大井・堀千亜樹厩舎)に3.1/2馬身差をつけ圧勝。勝ちタイムは1:15.6(稍重)。同馬はこれが初出走だった。同騎手はこれにより地方競馬通算7152勝目となり、ついに“鉄人”佐々木竹見元騎手の記録が更新された。

 更新が近づくにつれ、大井競馬場への発光型カウントボード「マトメーター」の設置、特設サイトのオープン、オリジナルミニ四駆の発売が決定するなど、大きな注目を集めていた的場騎手の勝利数。6月には川崎競馬場で落馬、救急搬送されるなどのアクシデントもあったが、3週間ほどで復帰。そこからまたハイペースで勝利を重ねてきた。

 的場文男騎手は1956年9月7日生まれ、福岡県出身。1973年10月16日・大井競馬第5Rでデビュー(ホシミヤマ)し、同年11月6日・大井競馬第4Rで初勝利(ホシミヤマ)。中央競馬でも4勝しているほか、海外でも2013年に韓国・ソウル競馬場で行われたTCKと韓国の交流競走・ESPN杯をトーセンアーチャー(大井・橋本和馬厩舎)で勝利している。受賞歴はNARグランプリ最優秀騎手賞を2003年、同特別賞を1999年、日本プロスポーツ大賞功労賞を1999年など。勝負服のデザインは「赤、胴白星散らし」。“大井の帝王”と称され、騎手の通算勝利数の世界ランキングでも9位に位置し、“エンペラー・オブ・オオイ”の名は世界にも轟いている。

 主な大レースの勝利としては、帝王賞をハシルショウグン(1993年)・コンサートボーイ(1997年)・ボンネビルレコード(2007年)で、東京大賞典をカウンテスアップ(1986年)で制している。また、昨年末の東京シンデレラマイルでは自身が持つ地方競馬最高齢重賞勝利記録を61歳3か月に更新した。

 東京ダービーには37回挑戦し、8番人気クリスタルシルバーに騎乗した今年を含め、10回の2着があるものの、未だに勝利がない。今年行われたNARグランプリ2017の表彰式(殊勲騎手賞を受賞)では、ダービー勝利について「ほとんど諦めているんですけど(笑)。チャンスがあれば、夢はあるので実現したいなと思います」と語っていた。“鉄人超え”を成し遂げ、今後はこちらの悲願達成も待たれる。

【青木配合馬】
◆ニシノドクターヘリ6代血統表(2018.08.12.新潟05R芝1600、田辺)※デビュー戦3着
ニシノドクターヘリ6代血統表

◆ニシノドクターヘリ9代クロス解析表
ニシノドクターヘリ9代クロス解析表

◆ニシノイタダキ6代血統表(2018.08.18.新潟05R芝2000、大野)
ニシノイタダキ6代血統表

◆ニシノイタダキ9代クロス解析表
ニシノイタダキ9代クロス解析表



2018.08.18.土..新潟05R・新馬戦 芝2000・大野

・総じてクロスが薄い母ニシノシルエット(ただし、9代クロス解析表の総量は活力が旺盛すぎるほどで気性難も秘めるか)に、クロスのきつい父エンパイアメーカー。
・筋肉の弾力性に富んだ1600~2000向きのオープン馬を目指した配合設計。
・そして、El Gran Senor と Nijinsky を通じた近似血脈の疑似クロス(Northern Dancer、Menow、Blue Larkspur、Bull Dog=Sir Gallahad、Man o'War、Discovery などを共に内包して、ほぼ3×4となる)
・ほかに Princequillo、Nasrullah、Tourbillon、 War Relic などもクロスして好バランス
・父に希薄な Hyperion を母から数多く補強して成長力にも富む。
・体型の伸び次第で、中団から鋭く差し込むか、好位抜け出しタイプとなるはず。

山野浩一さんを偲ぶ会◆青木義明の競馬一直線


7月30日(月)の夜、飯田橋のホテルで、昨年7月20日に77歳で亡くなった山野浩一さんを偲ぶ会が催された。参加者は競馬関係者と出版関係者を合わせて130人ほど。競馬評論家、SF作家として活躍した山野さんを偲んで在りし日の功績や思い出話しに花を咲かせた。

小生と山野浩一さんとの出会いは35年ほど前になる。新橋の「優駿編集部」に当時の編集長の和田久さんに呼ばれて面接をしているところへ偶然、山野さんも原稿ゲラチェックで部屋に入ってこられた。

後で顔を出すから、と和田さんに言われて山野さんと小生は新橋の居酒屋へ。カウンターに腰かけながら乾杯して自己紹介。当時は30歳で都庁をやめて新聞配達をしながら手書きの「週刊競馬通信」を無料で競馬関係者に配布していた頃で、これに目を止めてくれたのが和田久さんで、それから「優駿」への寄稿を依頼された。

また、当時40歳前後の山野さんとお会いしてからは「サラブレッド血統辞典」の編集補助への話が進展した。その後、サンスポの佐藤洋一郎さんが紙面のコラムで小生を紹介してくださり、無料配布を有料販売に切り替え「職業」としての出版人兼血統研究家へと一歩を踏み出した。(出版活動は週刊誌、月刊誌、単行本など約20年間続けたが赤字が重なり10年ほど前に破産した話は何度か書いた)

その後、山野さんには「週刊競馬通信」の読者パーティーにご参加いただいたり「山野さんを囲む会」を催したり、三鷹のご自宅でのホームパーティーに毎年お招きいただいたりしてお付き合いが継続。約10年後の「クラシック馬の追求」(ケン・マクリーン著、山本一生訳、競馬通信社刊)の出版記念パーティーに際しては競馬会の理事や佐藤正人さんなどにもお声掛けを頂き、その企画進行の中心的役割を担って下さった。おかげで新橋「新橋亭」での業界関係者100人を超える盛大な会が実現した。また、その後も吉祥寺での山野さんの結婚祝賀会にもお招きいただいたりして、いろいろと思い出は尽きない。

山野さんの競馬観とその膨大な知識と洞察力、血統研究とその普及活動にはおおいに刺激を受けた。その過程で小生は「血統論→配合論へ」と深化していったが、配合論の分野ならば山野さんに勝てるかもしれないという動機もなくはなく、もちろん「強い馬作りには配合が基本」「血統表文化の普及」は1980年初期からの「週刊競馬通信」発行の基本テーゼだったが、いつの間にか出版活動や競走馬の生産活動にも奔走する「血統事業家」になってしまっていた。人生とは分からないものである。


【当日、言葉を交わした競馬関係者、順不同、敬称略】

斎藤修、原山実子、中川明美、庄司典子、須田鷹雄、柏木集保、飯田正美、山田康文、小島友実、有吉正徳、矢野吉彦、栗山求、木下勇二、駒木舜


初めての人もいれば10年ぶり、20年、30年ぶりの人もいる。その中で「週刊競馬通信」にコラムを執筆されていた駒木舜さんは「クラシック馬の追求」パーティーの司会をしてくださり、山野さんとの事前の打ち合わせで何度も吉祥寺に出向いたことが懐かしく、また山野さんの結婚を祝う会の時には可愛い赤ちゃんを抱っこしていたが、その息子も23歳になられたとのこと。本当に懐かしかった。


◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


◆お問い合わせ先
電話番号:03-3735-4430
メールアドレス:support@ktsn.jp

↑このページのトップヘ