本コラムでたびたび取り上げてきたのがテレビ中継画像についてである。

その理由は今やほとんどのファンはテレビの画像でレースを見ているからだ。自宅や場外では当然だが競馬場でもヴィジョンやテレビでレースを見ているファンがほとんどであり双眼鏡を手にしているファンはほとんどいない。

このためテレビ中継は非常に重要であり問題があればそれを指摘する必要があるからだ。

テレビ中継に求められるものはレースの全貌を余すところなくまた全馬を公平に伝えることだ。また発生したことをできる限り漏らさないことも要求される。

ところが必ずしも中継に対する要求が満足されるとは限らない。そこで本コラムとなるわけだ。

これは専門家も同様のようだ。週刊競馬ブックで丹羽記者がヴィクトリアマイルについて以下のように記されている。

「アーモンドアイは強かった。が、問題はカメラ。直線で約10秒もアップして他の馬が全く映っていなかった。」「全員が全員アーモンドの馬券を買っているわけではないし、記録映像としても適切とは思わない。」

私はフジテレビを見ていたので改めてJRAオフィシャルの映像を見ると、まさに丹羽記者が書かれているとおりの映像だ。アーモンドアイの前にいたサウンドキアラは何とかわかるが追い込んできたノームコアはどこにいたのかゴールインの時に1回だけ呼ばれただけだった。

私がフジテレビを見たのはこれまでの例からJRAオフィシャルよりわかりやすい映像だからである。

それではオークスはどうだっただろうか。やはりJRAオフィシャル映像。2コーナーにかかると先頭馬から順次パーンしていく。

アナウンサーはアップされた馬の馬名を呼ぶ。最後方の馬まで順次呼んでいけばこれはいつものことだ。ところがオークスでは馬名のアナウンスと連動せずに最後方までパーンしてしまった。

映像に写っている馬とアナウンスされる馬がまるでずれてしまったのだ。これは3コーナー手前で外埒に置いたカメラで馬群を斜め前からという映像に切り替えるためである。

これは大レースではよくやる撮り方でありオークスもフジテレビを見たので、あとでJRAオフィシャル見ての評価である。

丹羽記者はダービーについても「今年もダービーでは発馬を下から映す構図なのだろうか。あれも意味不明。」と書かれている。

これは昨年のダービーではスタートの瞬間を地面に置いたカメラの映像で撮ったのである。これは香港方式といえるが、ところがこの映像では出遅れが全く分からないのである。

昨年は本命のサートルナーリアが出遅れてしまったのだがそれが映っていないという大問題だった。アナウンスでは出遅れをフォローしていたがそれでいいわけはない。

スタートでの最大の問題は出遅れだ。それを見ることのできない中継映像は失格である。





◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

※並びは評価順ではありません。

サンフィニティ(牝)ルーラーシップ、イントロダクション(鈴木伸)


レガトゥス(牡)モーリス、アドマイヤセプター(木村哲也)


サトノレイナス(牝)ディープインパクト、バラダセール(国枝)


グランワルツ(牝)ロードカナロア、バウンスシャッセ(国枝)


フェットデメール(牝)エビファネイア、ディアデラマドレ(武井亮)


クルーク(牡)モーリス、クロノロジスト(中内田)


アルマドラード(牡)キングカメハメハ、ラドラーダ(藤沢和)


ハヴァス(牡)、ルーラーシップ、ペルフィカ(岡田稲)


ハンディーズピーク(牡)マジェスティツクウォリアー、パノラマビューティ(大久保龍)


マイネルデルフト(牡)プリサイスエンド、パールイヤリング(中野栄治)


コスモマッドネス(牡)ジョーカプチーノ、ミルクラビッシュ(小野次郎)


ウインルーア(牝)ゴールドシップ、コスモエルデスト(青木孝)


スカリーワグ(牡)ドゥラメンテ、ジプシーマイラブ(藤原英)


ファルヴォーレ(牡)ドゥラメンテ、フリティラリア(高橋義)


ホッコーハナミチ(牡)ホッコータルマエ、シーノットラブユー(未定)


エイシンチドリ(牝)エイシンヒカリ、エーシンブランシュ(上村洋行)


ニースバローズ(牝)オルフェ―ヴル、ビーウインド(斉藤誠)


ニーヨル(牡)シニスターミニスター、カリビアンセレブ(畠山)


グランディオサ(牝)ロードカナロア、ジュモードリステ(庄野)


メモリーウイニング(牡)、ホッコータルマエ、メモリーシャルマン(斉藤崇)


リエヴェメンテ(牝)ドゥラメンテ、ヒルダスパッション(萩原清)


パタゴニア(牝)キズナ、ライクオーセール(池添学)


ベルンハルト(牡)ラブリーデイ、アーデルハイト(池江泰)


ロードシュトローム(牡)マクフィ、オーシュペール(清水久)


ウインマイソウル(牡)ゴールドシップ、コスモマイルール(水野)


マオノジーナス(牝)エビファネイア、デアリングバード(黒岩)


プライドオブエレナ(牝)ホッコータルマエ、キスオブザビーナス(奥村)


ファステストシチー(牡)エイシンヒカリ、プリンセスミユキ(奥平)


ブライエス(牝)キズナ、エディン(高野友)


ランスルー(牡)ダイワメジャー、フェアエレン(小笠)

◆5代血統表
デアリングタクト5代血統表

◆6代血統表
デアリングタクト6代血統表

◆9代クロス解析表
デアリングタクト9代クロス解析表
こうして桜花賞馬は誕生した◆青木の競馬一直線

----------------

【青木配合馬、無敗で桜花賞、オークスを連覇】

母◆デアリングバード5代血統表
デアリングバード5代血統表


●配合の方向性

デアリングバード自身はサンデーサイレンが入るので配合的セオリーを踏んでおり、ある意味で完成形だ。そこでノーザンダンサー4本継続クロスの次なる方向性を探れば、その直仔へとクロス血脈を前進させることである。具体的には母系のダンジグか父系のニジンスキーが視野に入る。その他ではサンデーサイレンス自身のクロスだが、これが3×3では早すぎるが「4×3」なら了解しうるものだ。さらにキングカメハメハには多様な血脈が内包されているので、並行してこれらのクロスを引き出せれば合格点が付けられる。

候補として取り上げたのは以下の3頭。順序に大きな意味はないことを付記させていただく。


●具体的な相手

〇エビファネイア
エビファネイアと配合されるとサンデーサイレンス4×3のクロスが派生する。3×3はすでに競馬場で散見されるがまだ大物はいない。淡泊、単調、マイラー。中距離で切れ味を発揮するには「4×3」の具現と、これに相応のスパイスを加える必要がある。エビファネイアの場合だとヘイルトゥリーズン4本、プリンスキロ4本が注入されるので弾力性と粘り強さが補強される。加えて、この母においてはニジンスキー6×7、バックパサー7×7と頑健さと骨量を増す血脈のクロスも派生する。サラブレッドの配合はトータルな観点から施されるべきだが、シンボリクリスエス産駒のエビファネイアの存在はサンデーサイレンス系×キングカメハメハの配合馬の止揚にとって貴重な存在となり得るだろう。

-------------------


◆青木の配合コンサル馬

配合診断の実例=キングカメハメハ産駒のデアリングバードの場合
http://keibatsushin.blog.jp/archives/32050540.html

「馬事通信2015.10.15掲載」

競馬通信社ブログ


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp









◆デアリングバード5代血統表
デアリングバード5代血統表


●血統的特徴

デアリングバードの血統構成は父キングカメハメハ、母の父サンデーサイレンス、祖母の父ダンジグ Danzig というもので、総じて血統構成上はマイラー~中距離タイプと言える。

父のキングカメハメハは言わずと知れた名種牡馬。サイアーラインはキングマンボ→ミスタープロスペクターと現代主流の一つで、その上にヌレイエフ、トライマイベスト、そしてニジンスキーのラインを通じてノーザンダンサーを3本継続クロスしていること。これからノーザンダンサーを二本、三本とクロスしようかという状況の中で2001年に生まれたキングカメハメハは時代の先をいった印象が強い。ある意味で画期的だ。

そして、種牡馬として成功した要因はバックパサーとニジンスキーのニックスを内包し、これを発展させる形でニジンスキーのクロスを獲得すること。あるいはキングマンボの母ミエスク Miesque がリボー、プリンスキロ、トゥルビョンと欧州を代表する名血を内包することで、それそれの継続クロスから馬体の柔軟性と勝負根性を補強すること。さらにミスタープロスペクター自身のクロスの獲得。総じてこの3点が配合のポイントだが、もう一点、確認しておくべき点はサンデーサイレンス→ヘイローのラインを持たないことだ。したがって、日本の競馬サークルにあってはサンデー系牝馬との配合で自己を活用しやすい立ち位置にいる。


●配合の方向性

デアリングバード自身はサンデーサイレンが入るので配合的セオリーを踏んでおり、ある意味で完成形だ。そこでノーザンダンサー4本継続クロスの次なる方向性を探れば、その直仔へとクロス血脈を前進させることである。具体的には母系のダンジグか父系のニジンスキーが視野に入る。その他ではサンデーサイレンス自身のクロスだが、これが3×3では早すぎるが「4×3」なら了解しうるものだ。さらにキングカメハメハには多様な血脈が内包されているので、並行してこれらのクロスを引き出せれば合格点が付けられる。

候補として取り上げたのは以下の3頭。順序に大きな意味はないことを付記させていただく。


●具体的な相手

〇エビファネイア
エビファネイアと配合されるとサンデーサイレンス4×3のクロスが派生する。3×3はすでに競馬場で散見されるがまだ大物はいない。淡泊、単調、マイラー。中距離で切れ味を発揮するには「4×3」の具現と、これに相応のスパイスを加える必要がある。エビファネイアの場合だとヘイルトゥリーズン4本、プリンスキロ4本が注入されるので弾力性と粘り強さが補強される。加えて、この母においてはニジンスキー6×7、バックパサー7×7と頑健さと骨量を増す血脈のクロスも派生する。サラブレッドの配合はトータルな観点から施されるべきだが、シンボリクリスエス産駒のエビファネイアの存在はサンデーサイレンス系×キングカメハメハの配合馬の止揚にとって貴重な存在となり得るだろう。

◆桜花賞馬デアリングタクト5代血統表
デアリングタクト5代血統表


〇ベーカバド
ベーカバドはケープクロス Cape Cross 直仔の芝向きの中距離血脈だが、ネヴァーベンド5×4やリボーも内包するので、いい意味での気の強さ、勝負根性も期待できる。デアリングバードとの配合ではダンジグ4×4のクロスが引き出されるが、ノーザンダンサー5本、ニアークティック6本、ネイティヴダンサー6本、そしてアルマームード5本と、ノーザンダンサーを巡る「複合クロス」の形をとるのでダンジグ・クロスの単調さは気にならない。加えて、ミルリーフ→ネヴァーベンドの継続やリボー6×8のクロスも派生するので中距離対応へのバランスもいい。


〇ハービンジャー
ハービンジャーはダンジグ系でもデインヒルをくぐっているので馬力は十分だし、バックパサーとニジンスキーのニックスやリポー、サーアイヴァーなどの欧州血脈から芝中距離の本格派だ。デアリングバードと配合されると、まずはダンジグ4×4が派生する。同時にニジンスキー6×7も獲得するが、この点をどう判断すべきか少し悩まされる。ひと昔であればプリンスりーギフト、グレイソヴリン、ネヴァーセイダイなどのナスルーラ直仔を同時にクロスするようなものだが、しかし5代血統表の中ではなく世代的にも遠いので「嫌味感」は薄らぐ。その上にバックパサー→トムフール、ラウンドテーブル→プリンスキロの継続クロスやリボー系ヒズマジェスティ His Majesty=グロースターク Graustark5×7の同血馬クロスが派生する。この周縁血脈のバランスの良さで総合的に高い能力が獲得できる。

2015.10.8


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp





世界中で多くのスポーツが休止、延期している中でドイツのサッカー、ブンデスリーガが先週末から無観客で再開しその映像が日本でも放映された。

日本では競馬などの公営競技が無観客で行われている。私は競馬だけしか見ていないので競馬との比較になるが中継のテレビ映像をブンデスリーガと比較するとずいぶん異なるように思える。

もちろん無観客ということは同じだが、競馬の場合は無観客であることが強調されるのは特に下見所であり、本場場に馬が出てからは時々スタンドがバックに写る時にそれがわかる程度だ。

サッカーではピッチの周囲をスタンドが囲っておりそこはファンで一杯になる。ブンデスリーガはスタンドが大きく常にファンで満杯だ。

そしてチャントや歌や歓声、時にはブーイングなどで実に賑やかだ。しかし無観客ではそれは一切ない。監督や選手の声が聞こえるだけである。

もっとも日本でもJリーグ以前は観客は少なく歌もなく全く静かなもので無観客と大して変わらないようなものだったが。

そしてブンデスリーガの無観客試合は感染防止ということで従来とはいろいろと変えられている。

普段は選手の入場は両チームの選手が並んでピッチに出てきて互いに握手をしたあとピッチに散らばるのだが、現在はばらばらと出てくるし握手はしない。

控え選手、スタッフはマスクを掛けてベンチではなくスタンドに間隔をあけて座る。ゴールを上げた時のセレブレイションは控えめにといった具合だ。

試合にかかわる人数を制限するということでボールボーイは4人だけ、カメラマンは3人だけ、両チーの関係者の入場も制限しているということだった。

一方日本の競馬はテレビを見ている限りでは従来と変わらないように見える。ファンもいないのに下見所をいつものように周回する。だれも見ないのに下見所のビジョンにはオッズが出ている。

本馬場入場時も誘導馬が付き、返し馬もいつものように行いスタート時まで待機するといった具合だ。無観客であっても通常と全く同様に見える。

勿論土曜日曜の騎手の移動禁止、メディアの入場制限など実施されていることはいろいろあるようだ。テレビで見せる範囲についてはいじることはしないということだろうか。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

黒川弘務東京高検検事長 ステイホーム週間中に記者宅で“3密”「接待賭けマージャン」


2020年05月20日 16時10分 文春オンライン





 東京高検検事長の黒川弘務氏(63)が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」の取材で判明した。

 4人が集まったのは5月1日。小池百合子都知事が「ステイホーム週間」と位置付け不要不急の外出自粛を要請、また安倍晋三首相も「人との接触8割減」を強く求めていた緊急事態宣言下でのことだ。夜7時半頃に産経新聞A記者の自宅マンションに集合すると、午前2時近くまでマージャンは続いた。

 マージャンを終えた黒川氏は、産経新聞の用意したハイヤーで帰宅した。

 また、5月13日にも同様に黒川氏はA記者宅に向かい、深夜までマージャンをしていた。

 産経関係者の証言によれば、黒川氏は昔から、複数のメディアの記者と賭けマージャンに興じており、最近も続けていたという。その際には各社がハイヤーを用意するのが通例だった。

 マージャンは密閉空間で4人が密集し、密接な距離で卓を囲む「3密」の典型で、東京都も雀荘に休業を要請している。また、少額でも賭博罪に該当する。

 さらに、国家公務員倫理規程上も問題がある。人事院の見解は以下の通りだ。

「国家公務員が、会社の利益を目的とする人物(記者)から、社会通念上相当と認められる程度をこえて、接待や財産上の利益供与を受けている場合、国家公務員倫理規程に抵触するおそれがあります。そもそも賭けマージャンは刑法犯なので、そういう人物がいれば倫理法以前の問題。国家公務員法の98条(法令遵守)や99条(信用を傷つけてはいけない)といった一般服務義務に違反する可能性があり、懲戒免職といった事態も想定されます」

 産経新聞広報部は、「取材に関することにはお答えしません」

 朝日新聞広報部は「社員の業務時間外の個人的行動について詳細はお答えいたしかねますが、お尋ねのような行為があったとすれば、不要不急の外出を控えるよう呼びかけられている状況下でもあり、不適切だったと考えます。弊社として適切に対応いたします」

 黒川氏は何を聞いても口を開かず、東京高検は質問状すら受理しなかった。

 5月21日(木)発売の「週刊文春」では、2度のマージャンの詳細、もう一つの「不適切行為」、愛犬家でカジノでのギャンブルも好む黒川氏の素顔、昔から続く接待マージャンの詳細を知る元ハイヤー運転手の証言、安倍晋三首相が“黒川検事総長”にこだわる理由など、グラビアとあわせて9ページにわたって詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年5月28日号)



◆アブレイズ
アブレイズ5代血統表

◆ウインマイティー
ウインマイティー5代血統表

◆ウインマリリン
ウインマリリン5代血統表

◆クラヴァシュドール
クラヴァシュドール5代血統表

◆サンクテュエール
サンクテュエール5代血統表

◆スマイルカナ
スマイルカナ5代血統表

◆デアリングタクト
デアリングタクト5代血統表

◆デゼル
デゼル5代血統表

◆ホウオウピースフル
ホウオウピースフル5代血統表

◆ミヤマザクラ
ミヤマザクラ5代血統表

◆リリーピュアハート
リリーピュアハート5代血統表









一口クラブ募集馬の配合診断
http://ktsn.jp/body?p=4

※1頭1000円


◆アーモンドアイ6代血統表
アーモンドアイ6代血統表

◆アーモンドアイ7代血統表
アーモンドアイ7

◆アーモンドアイ9代クロス解析表
アーモンドアイ9代クロス解析表

名馬フォーティナイナー死す 種牡馬としてもG1馬を輩出

◆フォーティナイナー5代血統表
フォーティナイナー5代血統表

netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 公益社団法人・日本軽種馬協会は18日、北海道静内種馬場で功労馬としてけい養されていたフォーティナイナーが老衰のため死んだことを発表した。35歳だった。

 同馬は現役時代に2歳G1・2勝を含む重賞4連勝、6戦5勝の成績で米国2歳牡馬チャンピオンに選出。3歳にはトラヴァーズSなどG1を2勝した。種牡馬としては96年に北米リーディングサイアーに輝き、同年、日本に輸入され静内種馬場で供用を開始。07年の供用を最後に種牡馬を引退し、同場で功労馬として余生を送っていた。

 産駒ではマイネルセレクト、ユートピア、アドマイヤホープとG1馬を輩出し、母の父としても18年皐月賞馬エポカドーロなど多くの活躍馬を送り出した。

 遊佐繁基場長のコメント「5月11日、35回目の誕生日を迎え、多くのファンにお祝いのメッセージをいただいたところでしたが、突然の別れとなり誠に残念です。このような世界的な名馬を日本に導入し、そして管理することができたことに感謝しています。種牡馬の管理の難しさ、厳しさ、そして楽しさを教えてくれた種牡馬でした。これまでありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします」

提供:デイリースポーツ


↑このページのトップヘ