◆カデナ
カデナ5代血統表

◆キセキ
キセキ5代血統表

◆クロノジェネシス
クロノジェネシス5代血統表

◆グローリーヴェイズ
グローリーヴェイズ5代血統表

◆サートゥルナーリア
サートゥルナーリア5代血統表

◆ブラストワンピース
ブラストワンピース5代血統表

◆ラッキーライラック
ラッキーライラック5代血統表

◆レッドジェニアル
レッドジェニアル5代血統表

◆ワグネリアン
ワグネリアン5代血統表










競馬のレースというのはデータの塊である。レースの予想段階では日本には馬柱があるからよくわかるがデータの満載だ。

レース結果についてはもちろんデータが全てである。馬柱は以前のレースの結果だから結局はデータとはレースの結果ということだ。

日本のレース結果で特徴的なのはタイムのデータが大変に詳しいことと思われる。

各馬の走破タイムだけではなく前半と上りの3ハロン、レースの上りタイムとレースのラップタイムが記載されている。

外国ではこれまで詳しいタイムは記録されていない。アメリカでのイギリスでも走破タイムは勝ちタイムだけで1頭ごとの走破タイムは来さ推されておらず着差だけである。

その着差はアメリカでは1着馬との着差であり、一方イギリスでは1着馬との着差と前の着順の馬との着差との両方が載っている。

日本では前の馬との着差のみだが各馬の走破タイムが載っているから問題ないのである。

そこで日本ではどのようにいろいろなタイム測ってをいるのかが不思議に思える。

レース全体の通過タイムについては上りの4ハロンと3ハロンとフィニッシュには赤外線の測定センサーが置かれているのでそのタイムが着順表示板に出る。

最近では前半1000メートルの通過タイムがテレビに表示されるので上がり4ハロン、3ハロン以外にも赤外センサーが追加されているのだろうか。

東京3日目の10レースに三浦特別が行われたがこのレースはダートの1300メートルで通過タイムは600、800、1000、1200のタイムが記録されている。

スタートして600といえばゴールまで700でそこにハロン棒は無いのでどうやって測っているのだろうか。

さらに各馬の前半と上りの3ハロンタイムは。測定方法を知りたいものだ。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆カフェファラオ
カフェファラオ5代血統表

◆キタノオクトパス
キタノオクトパス5代血統表

◆ケンシンコウ
ケンシンコウ5代血統表

◆サトノラファール
サトノラファール5代血統表

◆サンダーブリッツ
サンダーブリッツ5代血統表

◆サンライズホープ
サンライズホープ5代血統表

◆スリーグランド
スリーグランド5代血統表

◆タガノビューティー
タガノビューティー5代血統表

◆デュードヴァン
デュードヴァン5代血統表

◆フルフラット
フルフラット5代血統表

◆メイショウベンガル
メイショウベンガル5代血統表

◆ラブリーエンジェル
ラブリーエンジェル5代血統表

◆レッチェバロック
レッチェバロック5代血統表












10年来の友人のファド歌手・松田美緒さんの先日のユーチューブライブの模様です
よろしかったら一度 聴いてみてください
https://youtu.be/w_r6Bu3Qdpw

青木義明
2020.06.13


グリーンチャンネルの世界の競馬の番組であるALL IN LINEが3カ月ぶりに放映された。

各地で行われたレースなどの内容でありそのなかで気付いたことや注目されるものを紹介しよう。

その前にこの番組が収録されたのは新橋のGate.Jだ。現在は休館中でありいささか不便である。

というのも古い資料を調べたいこともあるしまた競馬場かここでしか買えないデータブックがあるのだ。

もっともGate.Jにはスポーツ新聞などを読むなどの目的でファンが集まっておりまさに三密状態で休館はやむおえないのである。

番組ではまず通常ではなかなかレースを放映しない香港のレースが紹介された。これはまともに競馬を行なっているのは香港くらいであり他の国のレースが無かったということだろう。

フランスの2000ギニー、1000ギニーは急にロンシャンが使用不可となったためドーヴィル開催となったがこれはロンシャン改築中はドーヴィルで行っており初めてではないということでなるほどと思えた。

ニューマーケットでは前哨戦がなくいきなり2000ギニー、1000ギニーとなった。

2000ギニーでは2歳チャンピオンのピナトゥボが断然の人気で出走した。番組では2歳馬として今世紀最高のレーティング128を獲得したと紹介していたがこれは間違いだろう。

128というのは3歳以上のレーティングのトップであり2歳のレーティングは発表されていないはずである。

それでもピナトゥボがトップであることは間違いないところだったがそのピナトゥボは3着に負けてしまった。

分割となったアメリカのアーカンソーダービーでいずれも人気で勝ったシャーラタンとナダルはケンタッキーダービーの有力馬と思われたがいずれも故障してしまった。

というわけで現在世界の中で最強の3歳馬は日本の二冠馬二頭で間違いがないだろう。

世界の競馬日程がガタガタになってしまった現在、次のワールドベストホースランキングがいつ発表されるかわからないが、3歳馬の世界トップは日本の馬でなければおかしいのである。

また安田記念ではグランアレグリアがアーモンドアイに快勝した。これもワールドランキングでどのように評価されるかが楽しみだ。

世界のハンデキャッパーは日本から強い馬が続々を現れるのを見て驚いているのではないだろうか。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

往年の活躍種牡馬 Right Royal とネプテューヌス兄弟&有馬記念2連覇スピードシンボリ&シンボリルドルフの6代血統表など青木配合論


◆Right Royal 6代血統表
ライトロイヤル6代血統表

(Right Royal の成績など)
http://lunameiba.blog.enjoy.jp/jp/RightRoyal.html

◆ネプテューヌス6代血統表
ネプテューヌス6代血統表

(ネプテューヌス代表産駒)
http://db.sp.netkeiba.com/?pid=sire_horse&id=000a000246&state=def

・この2頭が種牡馬として活躍した要因には、その母 Bastia の極めて特異な「5代多重クロス」が指摘できる。
・こういう配合馬は「競走馬」としてよりも「繁殖型」と言える。
・小生も西山牧場さんで、意図的に実行している作品(配合馬)もいる。
・馬産は長期的スパン、戦略性が重要。特にオーナー・ブリーダーには。
・昔、メジロ牧場やシンボリ牧場も、パーソロン2×2とか、スピードシンボリの母とか、野心作あり。
・ノーザンテーストも Lady Angela 3×2だし。

◆有馬記念2連覇の名馬スピードシンボリとその母スイートインの配合に注目!!
スピードシンボリ6代血統表

◆スピードシンボリ9代クロス解析表
スピードシンボリ9代クロス解析表

・9代クロス解析におけるT値(平均継続クロス度数)7.67とは強烈☆
・それだけシンボリの和田さんは同じ血脈の継続クロスを追い求めたことになる。
・スピードシンボリを母の父とした三冠馬シンボリルドルフに潜む「狂気」はこの継続クロスの強さに基因する。
・その全兄シンボリフレンドは気性の強いマイラーだった…。
・つまり、強いインブリードは必要だが、とりわけ気性的な「功罪」が同居することも知っておきたい。

◆シンボリルドルフ5代血統表
シンボリルドルフ5代血統表


◆シンボリルドルフの代表産駒トウカイテイオー5代血統表
トウカイテイオー5代血統表


・シンボリルドルフは種牡馬としてサイアーラインを形成できなかった。最大の要因は同じ血脈の継続クロスを繰り返す一方で、自身にない異系血脈を内包しなかったことにある。とりわけ米国血脈への希求。ただ、トウカイテイオーはナイスダンサーを通じて米国血脈 Native Dancer を内包するノーザンダンサーを取り込んでいたが、この馬を有効活用できなかった日本の生産界の配合論的力量には失望させられる、と言うべきだ。

◆トウカイテイオー産駒で小生の配合馬エイシンハリマオー5代血統表
エイシンハリマオー5代血統表

・愛知杯2着、関屋記念2着などで重賞級の走りを見せたが、この馬あたりを後継種牡馬にしていたらシンボリルドルフの父系ラインはつながった可能性もある。母系にリボーやプリンスキロ、トゥルビョンを内包しているからだ。何もダービーや天皇賞を勝たなくても種牡馬として成功する存在は山ほどいる。大切なのは、その馬の持つ配合様式への洞察力だ。

◆米国血脈をうまく取り込んだ Northern Dancer 5代血統表
Northern Dancer 5代血統表


・母の父 Native Dancer は米国血脈の塊であり、これが欧州血脈 St.Simon の濃い Nearctic をうまく昇華している。近代の最高傑作はノーザンダンサーであり、そのサイアーラインも世界的に進展している。

◆Native Dancer の母 Geisha 5代血統表
Native Dancer の母 Geisha



・血統や配合を探求する目的は、誰よりも馬券を当てること、また誰よりも強い馬を作る点にある。
・そうした実践的配合論ならば「馬の能力や属性」をかなりの度合いで分析できるからだ。
・大事なことは血脈の「質」と「量」に配慮し、木を見て森を見ないような理論に陥らないこと。
・例えばオルフェーヴルは「ノーザンテースト(4×3)」のクロス血脈(質)であり、また「4×3→18.75%」のクロス血量となる。クロスする血脈(質)は時代と共に変わり行くが、祖先の数(量)は永遠に一定であり、ここにメスを入れない手はない。パソコン時代の今日なら、なおのことである。クロスの質と量は「車の両輪」で、量的な出現パターンでも「性能」を推し量れるのだ。
・今後の大勝利のために、さらに配合論を極めたい。

(2018.02.01.青木義明)

-----------

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei


1着◆グランアレグリア
グランアレグリア5代血統表

2着◆アーモンドアイ
アーモンドアイ5代血統表

3着◆インディチャンプ
インディチャンプ5代血統表

4着◆ノームコア
ノームコア5代血統表

5着◆ケイアイノーテック
ケイアイノーテック5代血統表

◆グランアレグリア6代血統表
グランアレグリア6代血統表

◆グランアレグリア7代血統表
グランアレグリア7代血統表

◆グランアレグリア9代クロス解析表
グランアレグリア9代クロス解析表


[青木のコメント]
・父のディープインパクトは5代アウトクロス
・母のタピッツフライはMr.Prospector 3本クロスでパワーがある
・加えて、この母には9代クロス解析表の母系の「異系クロス」のプールでも分かるように、
Nijinsky、Buckpassser、In Reality などのクロスを持ち、米国血脈色が濃い
・坂のある阪神コースはかなり向いていた


◆母タピッツフライ9代クロス解析表
タピッツフライ9代クロス解析表


2019.04.10.
青木義明

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


・マイラーとしてアーモンドアイを負かしたことは素晴らしい
・配合的にもパワフルな馬体からも本質はマイラー

2020.06.07






◆グランアレグリア6代血統表
グランアレグリア6代血統表

◆グランアレグリア7代血統表
グランアレグリア7代血統表

◆グランアレグリア9代クロス解析表
グランアレグリア9代クロス解析表


[青木のコメント]
・父のディープインパクトは5代アウトクロス
・母のタピッツフライはMr.Prospector 3本クロスでパワーがある
・加えて、この母には9代クロス解析表の母系の「異系クロス」のプールでも分かるように、
Nijinsky、Buckpassser、In Reality などのクロスを持ち、米国血脈色が濃い
・坂のある阪神コースはかなり向いていた
・問題はオークスの距離であのように「力の競馬」が演じられるかどうかだ
・良くも悪くも母系の特徴がカギを握る(母の9代クロスを分析すればいい)
・危険視したい気分も半分はある。ただ、競馬は相手関係。それ次第で。

※10日、関係者はオークスをパスしてNHKマイルに迎うと宣言

◆母タピッツフライ9代クロス解析表
タピッツフライ9代クロス解析表


2019.04.10.
青木義明
◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei







2週続けて無敗の二冠馬が出現した。無敗の二冠馬の出現自体がまれであることなのにそれが同じ年に牝馬、牡馬の両方で生まれたということは誠に驚きである。

両頭の今後の動向が注目されるところだ。いずれも秋は国内で三冠を狙うようだ。無敗の三冠馬となれば、それも同時出現となればそれこそ空前絶後のことである。

勿論馬のことであり両馬が揃って三冠馬となることは容易でないが、しかし現在の力を維持できれば可能性は大いにあるのではないかと期待したいものである。

そして今週には安田記念があり最強馬アーモンドアイが出走する。アーモンドアイはすでにヴィクトリアマイルを楽勝している。

アーモンドアイとデアリングタクト、コントレイル。もちろんまだ直接対決は行われていない。いずれジャパンカップか有馬記念で実現するだろうか。

しかし直接対決の前、この時点でどのような評価、つまりレーティングが行われるかが興味がある。

昨年の日本馬のレーティングトップはリスグラシューの126でありアーモンドアイは124だった。安田記念も勝てばアーモンドアイはリスグラシューに並ぶだろう。

日本馬の評価は世界的に高い。デアリングタクトとコントレイルは3歳春時のアーモンドアイに匹敵する強さを持っているといってもおかしくない。

昨年はサートゥルナーリアとロジャーバローズは119だった。コントレイルは当然それより高くなるが一体どのような数値が与えられるだろうか。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

↑このページのトップヘ