盟友の退き際◆竹内康光【馬よ草原に向かって嘶け】



◆竹内康光【馬よ草原に向かって嘶け】
http://bit.ly/17MDXV7


船橋の大ベテラン・石崎隆之騎手の引退が発表された。通算6269勝を挙げた63歳、アブクマポーロ(東海ウィンターS)やトーシンブリザード(フェブラリーS2着)とコンビを組んだ名手。栗東・山内厩舎のイシノサンデーとダービーグランプリを勝ったこと、WSJSに優勝したことも全国区の競馬ファン認知度に大きく影響したはず。

シャイな性格で多くを語らないタイプ、その意味では報道陣泣かせの面もあった。本人の名誉のために声を大にして言いたいが、決して気難しいタイプではなく本当にシャイな性格なのだ。また、多くの修羅場を乗り越えてきた男だからこそ、レースの安全性には人一倍の拘りがあった。

降着制度の変更には最後まで懸念を示していて、変更直前の船橋競馬で降着の事案があった時(被害馬に騎乗していたのは戸崎騎手だった)に、「ああいうのが降着にならないのは、騎手にとっては怖いことだよ。」とポツリ。物静かな男だが、強引な進路変更をした騎手を一喝したこともある。

川島正行厩舎の全盛期を苦楽をともにして支えた、佐藤隆騎手を落馬事故で亡くした経験もある。船橋では本多正賢騎手も落馬事故の後に、長い闘病の末に天に召されている。馬場の安全性にも一家言ある騎手会の重鎮で、戸崎騎手も技術だけなくその人柄を慕って沢山のアドバイスを受けていた。

内田博幸という騎手を育てたのが的場文男騎手なら、戸崎圭太という騎手を大成させたのは石崎隆之騎手。大井で大レースを勝った夜は、タクシーで馴染みの焼肉店に行き祝賀会。職業柄大食とはいかないが、戸崎騎手や山田信大騎手(現在は調教師)ら多くの仲間とともにテーブルを囲み、スタッフ全員を労う心優しい男でもある。

我が家の二人の息子にも大変よくしてくれて、特にJRAで開業する前の次男にはホースマンとしての背中を存分に見せてくれた。競馬とは違う世界にいる長男にも、重賞を勝つたびに「気持ちだから」とテレカやクオカをプレゼントしてくれた。ちなみに長男の「お宝」は、本物の(レプリカではない)石崎隆之の勝負服である。

こちらが年長ではあるが、船橋の騎手や厩舎スタッフに倣ってもう長い間「イシ兄い」と呼ばせてもらっている。今は亡き川島正行師が、ドスの効いた声で「イシ」と呼んでいたのも懐かしい。ジョッキールームに明日の新聞を届けに行っても、くわえ煙草のはにかんだ笑顔で迎えてくれる盟友の姿はもうない。

◆竹内康光【馬よ草原に向かって嘶け】
http://bit.ly/17MDXV7

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

【JRA】新人騎手7名と藤井勘一郎騎手の騎乗馬一覧(日)



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



今週末の中山・阪神・小倉競馬場で今年の新人騎手7名がデビュー。海外で騎乗してきた藤井勘一郎騎手もJRA騎手として初騎乗となる。各騎手の3月3日(日)の騎乗馬は以下の通り。

【栗東・斎藤新騎手】
小倉1 サピアウォーフ 美浦・斎藤誠厩舎
小倉3 キコクイーン 栗東・浅見秀一厩舎
小倉4 アルファライズ 栗東・安田隆行厩舎
小倉8 タケデンサンダー 美浦・武市康男厩舎
小倉9 オーケストラ 美浦・斎藤誠厩舎

【栗東・亀田温心騎手】
阪神1 ブーケアルメリア 栗東・北出成人厩舎
阪神2 パーティーアニマル 美浦・伊藤伸一厩舎
阪神5 ヒロノアンビシャス 栗東・北出成人厩舎
阪神7 クリノオスマン 美浦・伊藤伸一厩舎

【栗東・藤井勘一郎騎手】
阪神5 ジャスパーマリン 栗東・森秀行厩舎
阪神9 セカンドエフォート 栗東・村山明厩舎
阪神11 アメリカズカップ 栗東・音無秀孝厩舎
阪神12 ドゥリトル 栗東・村山明厩舎

【栗東・岩田望来騎手】
阪神2 ビービーオネスト 栗東・加用正厩舎
阪神3 ブルベアリーノ 栗東・千田輝彦厩舎
阪神5 エスキシータ 栗東・藤原英昭厩舎

【栗東・団野大成騎手】
小倉3 ランバート 栗東・千田輝彦厩舎
小倉5 ヤマカツマッハ 栗東・池添学厩舎
小倉9 アシャカリブラ 栗東・斉藤崇史厩舎

【美浦・大塚海渡騎手】
中山2 シゲルリシアキセキ 美浦・和田雄二厩舎
中山12 ロードライト 美浦・手塚貴久厩舎

【美浦・菅原明良騎手】
中山7 リセンティート 美浦・尾形和幸厩舎


【JRA】新人騎手7名と藤井勘一郎騎手の騎乗馬一覧(土)



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 今週末の中山・阪神・小倉競馬場で今年の新人騎手7名がデビュー。海外で騎乗してきた藤井勘一郎騎手もJRA騎手として初騎乗となる。各騎手の3月2日(土)の騎乗馬は以下の通り。

【栗東・斎藤新騎手】
小倉1 クーファピーカブー 栗東・浅見秀一厩舎
小倉2 キモンカラー 美浦・斎藤誠厩舎
小倉3 プチティアレ 美浦・斎藤誠厩舎
小倉4 ブラボーフェスタ 栗東・浅見秀一厩舎
小倉5 ワンダーコノシュア 美浦・斎藤誠厩舎
小倉6 テイエムソレイユ 栗東・安田翔伍厩舎
小倉7 リリープリンセス 栗東・安田隆行厩舎

【栗東・岩田望来騎手】
阪神1 ルプレジール 栗東・藤原英昭厩舎
阪神3 シイチ 栗東・森秀行厩舎
阪神4 エイカイボルト 栗東・藤原英昭厩舎
阪神5 ビービーダン 栗東・加用正厩舎
阪神8 スプリングボックス 栗東・寺島良厩舎
阪神12 アドマイヤスカイ 栗東・梅田智之厩舎

【栗東・藤井勘一郎騎手】
阪神2 ダイヤレイジング 栗東・小崎憲厩舎
阪神5 サンマルフラッシュ 栗東・山内研二厩舎
阪神6 ゼルク 栗東・松永幹夫厩舎
阪神10 アディラート 栗東・須貝尚介厩舎
阪神11 ブランノワール 栗東・須貝尚介厩舎

【栗東・団野大成騎手】
小倉3 トモジャパルムドル 栗東・斉藤崇史厩舎
小倉4 アドベントクランツ 栗東・池添学厩舎
小倉5 ラハイナヌーン 栗東・斉藤崇史厩舎
小倉8 マンボスカイ 栗東・斉藤崇史厩舎

【美浦・菅原明良騎手】
中山5 シュリュッセル 美浦・田中清隆厩舎
中山9 タイキダイヤモンド 美浦・高木登厩舎
中山12 ハングリーベン 美浦・武井亮厩舎

【栗東・亀田温心騎手】
阪神1 ハハハ 栗東・谷潔厩舎
阪神2 ワンダーバウンサー 栗東・牧田和弥厩舎

【美浦・大塚海渡騎手】
中山1 ヤシャジン 美浦・勢司和浩厩舎
中山12 キョウエイスコール 美浦・勢司和浩厩舎

【美浦・小林凌大騎手】
中山9 フジマサクイーン 美浦・菊川正達厩舎


今年のJRAの第1週をクリストフ・ルメール騎手とミルコ・デムーロ騎手が休養したことでこの週に6勝した武豊騎手がとりあえずリーディングジョッキのトップに立った。

オフシーズンのないJRAでは休む暇がない。たまにはレジャーにでも行かせてくれということでの休養だったのだろう。

ところが翌週にレースに戻るとたちまち二人とも5勝してリーディングの上位に上がってきてしまった。

その後しばらくは武豊騎手がトップにいたが先週ルメール騎手が5勝して武騎手と26勝で並んでトップになった。

M・デムーロ騎手も21勝と着々と勝ち数を伸ばしている。49歳の武騎手が日本人でトップというのは立派なことだが22勝の川田将雅騎手をはじめとした中堅、若手の日本人騎手には頑張ってもらいたいものだと思う。

川田騎手にしても33歳、リーディング上位にいる北村友一騎手は32歳、三浦皇成騎手29歳、藤岡佑介騎手32歳、浜中俊騎手30歳、松山弘平騎手28歳、藤岡康太騎手30歳と若手だと思っていた騎手たちもかなりの年齢となっている。

減量のない若手騎手で今のところ上位にいるのは鮫島克駿騎手22歳、松若風馬騎手23歳だが、鮫島騎手は10勝、松若騎手は8勝とトップからは離されている。これらの騎手が上位に上がってくることがあるのだろうか。心配でもある。

ところで今週の週刊競馬ブックでアメリカの若手兄弟騎手のアイラッド・オルティスJr騎手とホセ・オルティス騎手が紹介されている。

この二人は近年アメリカの競馬で急激に成績を上げて注目される騎手で、2017に弟のホセが全米リーディングに、18年には兄がリーディングになったのである。

ところでこの兄弟はアメリカ生まれではなくプエルトリコ出身である。平均的に体の大きいアメリカ人は騎手にはなりにくくアメリカで活躍する騎手の多くは中南米出身だ。

アメリカばかりではなく世界の各国で活躍している騎手はその国生まれとは限らない。

最近JRAで短期免許で騎乗した騎手ではドイツで騎乗のフィリップ・ミナリク騎手はなんとチェコ生まれだ。イギリスのウイリアム・ビュイック騎手はノルウエー生まれである。

香港のジョアン・モレイラ騎手はブラジル生まれ、ミルコ・デムーロ騎手の弟のクリスチャン・デムーロ騎手は当然イタリア生まれだが現在はフランスで活躍している。

フランスが主戦場のクリストフ・スミヨン騎手はベルギー生まれ、同じくイオリッツ・メンディザバル騎手はスペイン生まれである。

このような世界の競馬界の傾向を見ると日本で騎乗する騎手は、必ずしも日本人ではなくてもいいのではないかとも思える。

ルメール騎手とMデムーロ騎手の場合、かなり難しい試験に合格してのJRA免許であり、同じように試験を課してJRA所属とする騎手の出現はなかなか難しいかもしれない。

しかし短期免許に人数を増やすことは可能だろう。現在はヨーロッパのオフシーズンに短期免許で日本に来ることが多いが、シーズンにでも日本に来る騎手がいるのではないか。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆プリンシアコメータ6代血統表
プリンシアコメータ6代血統表

◆プリンシアコメータ7代血統表
プリンシアコメータ7代血統表

◆プリンシアコメータ9代クロス解析表
プリンシアコメータ9代クロス解析表


・ダート向きの軽い配合馬だ
・Mr.Prospector 4×3
・Bold Rurer 5×5
・これで川崎2100を制した
・2番人気の支持は得ていたが
・小回りとはいえ勝ったことは事実

・ただ、9代クロス解析表の世代ごとのクロス出現パターンやクロス総数は極めて標準的
・勉強になりました(9代クロス解析の有効性の確認という意味で)

2019.02.27
青木義明


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei



◆エスティタート5代血統表
エスティタート5代血統表

◆エントリーチケット5代血統表
エントリーチケット5代血統表

◆クインズサリナ5代血統表
クインズサリナ5代血統表

◆ダイメイプリンセス5代血統表
ダイメイプリンセス5代血統表

◆ナインテイルズ5代血統表
ナインテイルズ5代血統表

◆ナックビーナス5代血統表
ナックビーナス5代血統表

◆ペイシャフェリシタ5代血統表
ペイシャフェリシタ5代血統表

◆モズスーパーフレア5代血統表
モズスーパーフレア5代血統表

◆ラブカンプー5代血統表
ラブカンプー5代血統表

◆レジーナフォルテ5代血統表
レジーナフォルテ5代血統表



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

◆アフランシール5代血統表
アフランシール5代血統表

◆シェーングランツ5代血統表
シェーングランツ5代血統表

◆シゲルピンクダイヤ5代血統表
シゲルピンクダイヤ5代血統表

◆ダノンファンタジー5代血統表
ダノンファンタジー5代血統表

◆ノーブルスコア5代血統表
ノーブルスコア5代血統表

◆ブランノワール5代血統表
ブランノワール5代血統表

◆ブリッツアウェイ5代血統表
ブリッツアウェイ5代血統表

◆メイショウショウブ5代血統表
メイショウショウブ5代血統表




◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei




◆ヴァンケドミンゴ5代血統表
ヴァンケドミンゴ5代血統表

◆カントル5代血統表
カントル5代血統表

◆サトノラディウス5代血統表
サトノラディウス5代血統表

◆シュヴァルツリーゼ5代血統表
シュヴァルツリーゼ5代血統表

◆ニシノデイジー5代血統表
ニシノデイジー5代血統表

◆ブレイキングドーン5代血統表
ブレイキングドーン5代血統表

◆メイショウテンゲン5代血統表
メイショウテンゲン5代血統表

◆ラストドラフト5代血統表
ラストドラフト5代血統表



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei


菜七子争奪戦!新減量ルール3月1日から適用で騎乗依頼殺到中



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 今週末、空前の“菜七子祭り”を目撃するかもしれない。藤田菜七子騎手(21)=美浦・根本=に、騎乗依頼が殺到しているという。何を隠そう、3月1日から適用される女性騎手恒久2キロ減制度により、平場のレースは3キロ減での騎乗となるからだ。一昨年に同様のルールを導入したフランスでは、女性騎手の戦績が軒並み急上昇。JRA唯一の女性騎手が、リーディング争いに加わる日はそう遠くないだろう。

 フェブラリーSでJRA女性騎手として初のG1騎乗を果たし、競馬ファンのみならず日本国民の耳目を集めた藤田菜七子。今週末も、空前の“菜七子祭り”が巻き起こるかもしれない。

 先週までは1キロ減だった菜七子だが、3月1日から女性騎手の新減量ルールが適用されるため、今週末は3キロ減での騎乗となる(通算100勝まで)。斤量2キロ=1馬身という説もあり、当然のことながら「菜七子が欲しい」という“ラブコール”が関係各所から殺到中だ。

 既に、水面下では熾烈(しれつ)な争奪戦が繰り広げられている。「経験のない3キロ減と、経験を積んだ騎手の3キロ減は全く違う。今ですら依頼してもなかなか乗ってくれないほどの人気だが、これで3キロ減になったら…」とは関東の某調教師。もともと小倉3週目(23、24日)を予定していた馬が、菜七子が乗れると分かった途端、4週目(3月2、3日)以降にスライドするケースも多発しているという。

 全騎手の6分の1が女性である“先進国”フランスでは、17年3月に2キロの減量特典を導入。すると騎乗数が倍以上に達し、勝利数に至っては約3倍にまで急上昇した。18年の年頭にはミカエル・ミシェルが、女性ジョッキーとして史上初の開催リーディングを獲得。同年3月に減量特典は1・5キロに引き下げられたものの、変わらず騎乗依頼は増え続けており、勝ち鞍をさらに伸ばしている。

 菜七子自身は昨年9月1、2日に女性騎手一節最多騎乗となる計18鞍を経験。スタミナに不安はなく、仮に土日フル参戦となっても難なくこなせよう。2キロ分の減量についても、「もともと体重は軽いので、それほど苦労なく減らせます。問題なく(当週を)迎えられると思います」とコメントしており、心配はご無用。一体何鞍に乗り、何鞍勝つのか-。21歳に注がれるファンの視線は熱を帯びるばかりだ。


提供:デイリースポーツ

◆ウインブライト6代血統表
ウインブライト6代血統表

◆ウインブライト7代血統表
ウインブライト7代血統表

◆ウインブライト9代クロス解析表
ウインブライト9代クロス解析表


・種牡馬ステイゴールドの100勝目の重賞勝ち馬となった



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

↑このページのトップヘ