【実施要項】

応募資格→競馬通信社会員に限定(登録無料)

締め切り→レース当日・正午到着分まで

お1人様1通、会員IDと登録名義(ニックネーム可)を付記し、馬名を明記してメールでご応募ください

◆ご応募先(競馬通信社)support@ktsn.jp

◆賞品→競馬通信社で有効の2000ポイントを当選者全員に進呈

ポイントは「青木の有料馬券情報」「POG情報」「クラブ馬診断」にご利用頂けます。ポイントは保存可能です。


会員登録は無料
http://ktsn.jp/reader/regist

メルマガ「青木の競馬一直線」を登録(無料)
→毎週、土日に「メルマガ誌上無料公開予想」を配信



【参考データ】

今年のきさらぎ賞はディープインパクト、ブラックタイドの産駒が計5頭も出走予定です。5代血統表で「分析力」を試してみてください。

きさらぎ賞出走登録馬5代血統表(8頭)
http://keibatsushin.blog.jp/archives/28038208.html



青木ツイッター
https://twitter.com/aokiyoshiaki
(よろしければフォローを☆)


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei


2018年01月26日

福元大輔騎手(再掲載)◆沢田準の競馬を楽しく



カナダのウッドバイン競馬場に若い日本人の騎手がいることを知ったのは昨年12月のグリーンチャンネルの番組を見てのことである。

福元大輔騎手。中学生の時にジョッキーベイビーズで東京競馬場に出場、この経験で騎手になることを決心したということだ。

しかし競馬学校の受験には2回失敗、それでも騎手になりたいという意思は弱まることはなく、驚くことに単身カナダに渡ったのである。

英語も話せず何のツテもなく、もちろん知り合いなど全くいないのに一人だけでカナダに行くという行動力にはいくら若いといっても驚嘆させられる話である。

いくつかの厩舎を訪ねたが当然ながら簡単には雇ってくれる厩舎はなかった。しかしある厩舎人と知り合いになったことでそこの調教師が雇ってくれることになったのである。

そしてその厩舎で働きながら騎乗を練習し、また英語を覚え騎手の試験の勉強を行い、ついに試験に合格、騎手免許を得たということだ。

カナダに渡って2年、当時は厩務員だった現在のエージェントに勉強などずいぶん助けられたとはいえ、本当に騎手になってしまったのである。

デビュー後はなかなか勝てなかったが20歳の誕生日に初勝利、新聞にもベリーハッピーバースデイと大きく取り上げられた。

もちろん新人騎手だからさほど多くの騎乗機会があるわけではない。しかし12月2日の第2レースでは7頭立ての最低人気の馬で勝ち単勝64倍という高配当を上げている。

JRAかNARの騎手免許を受けていないで外国で騎乗している騎手は福元騎手だけだろうか。いや他にもいるはずだ。ニュージーランドの田中正一騎手は大井で短期騎乗したこともある。

別のスポーツ、例えばサッカーの場合イングランドのレスターの岡崎慎司選手やドルトムントの香川真司選手が有名だが、ヨーロッパやアジア各国には多くの選手が所属している。

それも日本ではあまり知られていない国が多いのである。

かつてジェフ市原(現千葉)でイヴィツァ・オシム監督の通訳だった間瀬秀一現FC愛媛監督は、Jリーグは経験せずにアメリカでプロになった。その後グアテラマ、エルサルバドル、クロアチアなどでプレーしている。

サッカーの選手と競馬の騎手ではその人数は大きく異なるが、それでも日本では知られていないが世界のあちこちには日本人の騎手がいるのではないか。ぜひ報道していただきたいものである。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆アガラス
アガラス5代血統表

◆ヴァンドギャルド
ヴァンドギャルド5代血統表

◆エングレーバー
エングレーバー5代血統表

◆コパノマーティン
コパノマーティン5代血統表

◆タガノディアマンテ
タガノディアマンテ5代血統表

◆ダノンチェイサー
ダノンチェイサー5代血統表

◆メイショウテンゲン
メイショウテンゲン5代血統表

◆ランスオブプラーナ
ランスオブプラーナ5代血統表


---------------------


きさらぎ賞・単勝当てクイズを実施


【実施要項】

応募資格→競馬通信社会員に限定(登録無料)

締め切り→レース当日・正午到着分まで

お1人様1通、会員IDと登録名義(ニックネーム可)を付記し、馬名を明記してメールでご応募ください

◆ご応募先(競馬通信社)support@ktsn.jp

◆賞品→競馬通信社で有効の2000ポイントを当選者全員に進呈

ポイントは「青木の有料馬券情報」「POG情報」「クラブ馬診断」にご利用頂けます。ポイントは保存可能です。


会員登録は無料
http://ktsn.jp/reader/regist

メルマガ「青木の競馬一直線」を登録(無料)
→毎週、土日に「メルマガ誌上無料公開予想」を配信




◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei







(関連記事)

ディープインパクトの配合的ポイントを探る
http://keibatsushin.blog.jp/archives/28023062.html


青木ツイッター
https://twitter.com/aokiyoshiaki



◆グランアレグリア6代血統表
グランアレグリア6代血統表

◆グランアレグリア9代クロス解析表
グランアレグリア9代クロス解析表


・5代血統表を見る限り、その母にMr.Prospector 5・5のクロスがあるだけで、グランアレグリアには直接のクロスはない。
・しかし、その母タピッツフライにはNorthern Dacer 5×5のクロスがあることが分かり、
・さらに9代クロス解析表をチェックすると、この母はNorthern Dancer →Nijinsky へとクロス世代が前進しているとことが分かり、これは評価に値する。
・また、この母はBuckpasser やCount Fleet らの良質な米国血脈のクロスを内包していることもわかる
・総じて、この母はパワフルでダートや重馬場にも高い適性を示す血脈構造。
・その点で、柔軟なディープインパクトを相手にしたのは大局的には賛成できる。

・しかし、グランアレグリア自身の9代クロス解析をチェックすると、Lyphard のクロスが施されていないこと、
・あるいはクロスの「量的」な側面でも標準パターンに比べて「活力が乏しい印象」はぬぐえない。
・グランアレグリアは、その母の持てる能力で現段階までの成績をマークし得ているといえよう。
・この母は、本来なら別な種牡馬の方がより優れた産駒を輩出する可能性が高い。

・したがってクラシック級の能力があるかに懸念が残る。
・ただ、時計のかかる阪神コースは彼女にとってはベストに近い舞台だ。天候にも要注意。

2019.01.28
青木義明

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

(関連記事)

グランアレグリアは桜花賞を勝てるか、青木義明が診断
http://keibatsushin.blog.jp/archives/28026224.html


青木ツイッター
https://twitter.com/aokiyoshiaki




--------ディープインパクトの走る配合とは-----------


〇ヘイロー成功の影にノーザンダンサーあり

ディープインパクトは種牡馬としてなぜ大成功したのか。もちろん、ディープインパクト自身が優れた血統背景と類まれな競走能力を持っていたことが大きな要因だが、その血統構成が、現在の馬産地事情と適合していることも見逃せない。

◆ディープインパクト
ディープインパクト5代血統表


ディープインパクト自身5代アウトクロス馬だ。したがって距離的な融通性は高い。

父サンデーサイレンスはヘイロー Halo→ヘイルトゥリーズン Hail to Reason→ターントゥ Turn-to とさかのぼれる米国血脈の濃いサイアーラインで、ここからスピードと決め手を、欧州血脈の濃い母系から底力と芝向きのスタミナとを得て三冠馬となった。

曾祖父ヘイルトゥーリーズンからはブライアンズタイムやリアルシャダイの父でもあるロベルト Roberto も出ているが、わが国でロベルト系よりもヘイロー系の方が成功している。その要因はどこにあるのだろうか。

◆Northern Dancer
Northern Dancer 5代血統表

◆Halo
Halo 5代血統表

◆Northern Dancer もHaloも名牝Almahmoudの孫
Almahmoud5代血統表

◆Almahmoud クロスの代表馬ダイワスカーレット
ダイワスカーレット5代血統表


それは世界的な大種牡馬ノーザンダンサーとヘイローが「いとこ同士」の関係にあるためだ。ノーザンダンサーを持つ繁殖牝馬にヘイロー系種牡馬を配合すれば、彼らの祖母で名牝のアルマームード Almahmoud のクロスが必然的に生じるからに他ならない。この配合的特質があればこそのサンデーサイレンスの大成功である。ディープインパクトの場合もリファール Lyphard を通じて「アルマームード(4×6)」のクロス馬を獲得しているし、サンデーサイレンスの代表産駒ハーツクライ、ステイゴールド、ダイワメジャーなども、その母系にノーザンダンサーを内包している。

◆母ウインドインハーヘア
ウインドインハーヘア5代血統表

◆母の父Alzao
Alzao5代血統表

◆ウインドインハーヘアの祖母 Hightcllere
Highclere5代血統表


一方、ウインドインハーヘアは、総じて欧州血脈の塊である。まず印象的なのはその父アルザオ Alzao の母がプリンスキロ Princequillo 4×3のクロスで芝の長めの距離への対応力を高めていること。また、祖母のハイクレアー Hightcllere がハイべりオン Hyperion 3×2、フェアトライアル Fair Trial 3×3の強いクロスを内包していること。これらはサンデーサイレンスの母系構造と呼応する血脈だが、成長力と持続的スピードを付与する一方で、強いクロス馬ゆえの気難しさも持ち合わせることになる。



〇ディープインパクトにはノーザンダンサー+α

このような血統構成を持ち、種牡馬として成功をおさめたディープインパクトだが、その代表産駒を調べ上げると一つの傾向が見て取れる。

キズナ、アユサン、ハープスターにはノーザンダンサーのクロスがあり、さらにジェンティルドンナ、スピルバーグ、あるいはディープブリランテにはノーザンダンサーの継続クロスを経てその直仔「リファールLyphard」のクロスがあること。これが明確な特徴である。つまり、ディープインパクトの血を使って優秀な産駒をつくろうと思えば、ノーザンダンサーのクロスは「必須条件」とさえいえる。【これらの5代血統表は後段に掲載】

◆Native Dancer
Native Dancer 5代血統表



さらに探れば、ノーザンダンサーの母の父ネイティヴダンサーを継続クロスしていることも重要なポイントだ。このことによりノーザンダンサーの基幹的構成血脈のアルマームードとネイティヴダンサーとが継続クロスされるわけで、単なるノーザンダンサーのクロスではく、その構成血脈を「複合的に」継続クロスさせることの重要性を再確認することとなる。

もちろん、配合というのはトータルな視点でとらえるべきで、単純にノーザンダンサーをクロスさせればよいというわけではない。米国血脈が希薄なディープインパクトの配合相手にはノーザンダンサー以外の米国血脈、例えばヘイルトゥリーズンHail to Reason やバックパサーBuckpasser、ウォーアドミラル War Admiral 、メノウ Menow を取り込むことも大切なのである。

◆Hail to Reason
Hail to Reason5代血統表

◆Buckpasser
Buckpasser5代血統表



〇全兄ブラックタイドにも同じ傾向が

ところで、ディープインパクトの全兄ブラックタイドも種牡馬として頭角を現しているが、その代表産駒にも同じような傾向がみられる。キタサンブラックの母シュガーハートはノーザンダンサー4×4。祖母デイズリーがリファールの娘であることから、メインクロスはリファール4×4。マイネルフロストの母スリースノーグラスがダンジグDanzig3×3の強いクロスがあり、また母の父がグラスワンダーであることから両者間にはヘイルトゥリーズン4×5、ノーザンダンサー5×5・5が生じている。

◆キタサンブラック
キタサンブラック5代血統表

◆キタサンブラックの母シュガーハート
シュガーハート5代血統表

◆キタサンブラックのクロス馬Lyphard
Lyphard5代血統表


ディープインパクトも、ブラックタイドも両親から優れた血を引いて素晴らしい成功を収めているが、これを配合的に見れば、彼らの優れた血脈を強調、あるいは補強できる血統構成を持った現代の繁殖牝馬たちがいてこそなのである。

◆ディープインパクト7代血統表
ディープインパクト7代血統表


◆ディープインパクト9代クロス解析表
ディープインパクト9代クロス解析表



-----------------------------

【ディープインパクト代表産駒5代血統表】

◆ジェンティルドンナ
ジェンティルドンナ5代血統表

◆スピルバーグ
スピルバーグ5代血統表

◆ディープブリランテ
ディープブリランテ5代血統表

◆キズナ
キズナ5代血統表

◆アユサン
アユサン5代血統表

◆ハープスター
ハープスター5代血統表



-----------------------------

(参考)

・青木のPOG推奨馬の1頭ダノンファンタジー
・この馬もLyphard クロスが配合的な屋台骨だ


ダノンファンタジー6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/27229624.html

◆ダノンファンタジー5代血統表
ダノンファンタジー5代血統表

◆ダノンファンタジーの母ライフフォーセール5代血統表
その母の父には底力に富むSwapsのクロスが内包されているのが効果的
ライフフォーセール5代血統表

◆Swapsのクロスはティンバーカントリーも内包する
ティンバーカントリー5代血統表


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

【米・ペガサスワールドCターフ】ブリックスアンドモルタルがG1初制覇 アエロリットとヨシダは着外



netkeiba.com
https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=150213



 26日にアメリカのガルフストリームパーク競馬場で行われたペガサスワールドカップターフ(G1・芝1900m・1着賞金300万ドル=約3億2500万円)は、中団後方から進めたI.オルティスJr.騎手騎乗のブリックスアンドモルタル(牡5、米・C.ブラウン厩舎)が、直線で前を行く各馬を差し切り優勝した。勝ちタイムは1:54.59(重)。

 2.1/2馬身差の2着にW.ローダン騎手騎乗のマジックワンド(牝4、愛・A.オブライエン厩舎)、クビ差の3着にL.デットーリ騎手騎乗のデルタプリンス(牡6、米・J.ジャーキンス厩舎)が入った。

 日本から参戦したF.ジェルー騎手騎乗のアエロリット(牝5、美浦・菊沢隆徳厩舎)は2番手から進めるも第3コーナー辺りで失速し9着、J.オルティス騎手騎乗の日本産ハーツクライ産駒ヨシダ(牡5、米・W.モット厩舎)は6着だった。

 勝ったブリックスアンドモルタルは父Giant's Causeway、母Beyond The Waves、その父Ocean Crestという血統で、G1はこれが初制覇。

 ペガサスワールドカップターフは、2017年に当時世界最高賞金額レースとして創設されたペガサスワールドカップ(G1・ダ1800m)と同日に行われる芝のレースで、今年が第1回だった。出走馬の関係者は出走枠を50万ドルで購入する。


ペガサスワールドカップ◆沢田準の競馬を楽しく


◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c


1月26日に第3回ペガサスワールドカップ招待ステークスと第1回ペガサスワールドカップターフ招待ステークスがガルフストリームパークで行われる。

ワールドカップターフにはアエロリットが遠征するほか日本産のヨシダも出走し、馬名に(JPN)の付く馬が2頭もいるというレースになった。

さてこのペガサスワールドカップ、第1回から単に賞金が高額ということだけではなく普通のレースにはない特徴があった。

それはレースへの出走権を1頭当たり100万ドルで売って賞金に充てるというものだ。レースの賞金は日本や香港のように馬券がたくさん売れる国では馬券売上げが原資となり、馬券の売り上げが主催者に入らない国ではスポンサーのスポンサー料が賞金に充てられる。

これに対してペガサスワールドカップは馬主が賞金を出すというわけだ。第1回の賞金は総賞金が1200万ドル、1着が700万ドル、2着が175万ドル、3着が100万ドル、4着から12着は25万ドルだった。

つまり4着以下は馬主は大赤字でありそれも4着でも12着でも賞金は同じというおかしな賞金配分でもあった。

主催者は賞金以外の収入をある程度予定してそれを各馬に分配することとしていたが、その収入が少なく多くの馬主は赤字となってしまったのだった。

これは当然馬主には不満となった。このため第2回では総賞金を1630万ドルに増やし6着以下の賞金を65万ドルに上げた。この増額分は主催者が負担となった。つまり着外の馬の赤字を少なくしようというわけだ。

しかしそれでも馬主の不満は解消しなかったようで結局3頭分は売れず、主催者が自ら買うことになった。この辺りの事情は昨年のレース後に週刊競馬ブックに秋山響氏が詳しく解説されているとおりである。

秋山氏はこのレースの将来性に疑問を持ち、「早くも踏ん張りどころを迎えているといえそうだ」と結んでいるが全くその通りと思えた。

今年はどうなるかと思えたが、また大きな変更となった。ターフを新設したのだ。賞金はカップは総賞金900万ドル、ターフは700万ドルとなった。

トータルは1600万ドルと昨年とほぼ同額であり、実際にはレースを二つに分割したということである。当然出走権は減額され50万ドルである。レース規模が昨年の半分にしたということだ。

カップは1着賞金が400万ドル、2着が125万ドル、3着が90万ドル、4着が70万ドル、5着が55万ドル、6着から9着が25万ドル、10着から12着が20万ドルとなった。

一方ターフは1着賞金が300万ドル、2着が90万ドル、3着が65万ドル、4着が55万ドル、5着が50万ドル、6着から12着が20万ドルと発表されていた。これはイクイベースで1月23日に検索したものである。

ところが24日に検索したらまったく違っていた。

1着が2,656,250ドル、2着が796,875ドル、3着575,521ドル、4着486,975ドル、5着442,708ドル、6着から10着が35万ドルである。

これは本当だろうか。次に検索したらまた変わったなということはないだろうか。ペガサスワールドカップはどうなってしまうのかと心配でもある。

またラシックスを使わない馬は負担重量が7ポンド減とは何のことか。対象馬は日本のアエロリットとアイルランドのマジックワンドは当然としてアメリカのチャンネルメイカーも使用しない。

これはラシックスは効果があることを主催者が認めているということではないか。なおこの日の他のレースではこのような減量はない。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆キタサンミカヅキ
キタサンミカヅキ5代血統表

◆ケイアイノーテック
ケイアイノーテック5代血統表

◆コパノキッキング
コパノキッキング5代血統表

◆サトノファンタシー
サトノファンタシー5代血統表

◆サンライズノヴァ
サンライズノヴァ5代血統表

◆マテラスカイ
マテラスカイ5代血統表

◆モーニン
モーニン5代血統表

◆ユラノト
ユラノト5代血統表

◆レッドゲルニカ
レッドゲルニカ5代血統表




青木ツイッター
https://twitter.com/aokiyoshiaki


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp




◆ハーツクライ6代血統表
ハーツクライ6代

◆ハーツクライ9代クロス解析表
9代ハーツクライ

◆ハーツクライの3代母My Bupers 5代血統表
My Bupers 5

◆ハーツクライの父サンデーサイレンス5代血統表
サンデーサイレンス5代血統表

◆ハーツクライの母の父トニービン5代血統表
トニービン5代血統表


ハーツクライはサンデーサイレンス×トニービン×リファール Lyphard という血統構成で5代アウトクロス馬。現役時代は中距離の一流馬として活躍し、衆知のように有馬記念ではディープインパクトを負かした。母の父に入るトニービンは全くの欧州血脈だが、ハーツクライの3代母マイブーパーズ My Bupers が良質の米国血脈、すなわちブサンダ Busanda (その父 War Admiral )やブルーラークスパー Blue Larkspur で構成されており、ここがサンデーサイレンスの米国血脈と配合的にうまく呼応している。

そんなハーツクライ牝馬の配合の肝は「リボー Ribot とブサンダ Busanda とヘイルトゥリーズン Hail to Reason 」の活用と言えよう。

トニービン産駒に共通している勝負根性は、その父カンパラ Kampala がリボーと近似血脈プリンスシュヴァリエ Prince Chevalier を内包しているからにほかならない。つまり、リボーの疑似クロスの派生だ。もちろん、ハーツクライの母系に入る米国血脈ブサンダやネイティウダンサーやノーザンダンサー(就中、Lyphard)のクロスも求められるところだ。

疑似血脈・Ribot=Prince Chevalier の組み合わせ図
Ribot=Prince Chevalier




◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp





2017.11.28

ketumyaku



これまでの諸機能に「5代血脈検索」の機能を追加しました。

1.自分の繁殖牝馬にベストの相手種牡馬を決めるのが配合検討です
2.牝馬の血統構成により、それを活用する、または補強する相手を選ぶのが原則です
3.具体的にはクロスさせる、またはクロスさせないの方向性が基軸です
4.その選択作業(血脈検索)を支援する機能が「熱血2019」に追加されました


◆検索例


例えば、自分の牝馬がディープインパクトを持っていない場合、これを注入するのにどんな対象がいるか、いろいろな血脈条件を与えて、それに合致する現役種牡馬を抽出します。

【検索例】
1.ディープインパクト産駒で、
2.その母系にMr.Prospectorを内包する種牡馬を検索



答え

ダノンバラード、トーセンラー、スピルバーグ、ディープブリランテ、トーセンホマレボシ、ヒストリカル

この6頭が瞬時に画面表示されます

この中から自分の牝馬に合う相手を「架空配合」の機能を使って1頭ずつ吟味すれば検討時間の節約になりますし、検索漏れもなくなります。5代血統表のみならず、7代血統表、9代クロス解析も可能です。


なお、検索条件は計10種類の血脈まで含めることが可能です。生産者、馬主の皆様は配合検討にぜひご活用ください。




血統表ソフト「熱血2019」


「熱血2019」(定価30万円)
http://ktsn.jp/kensei



※好評発売中! 熱血2019!

1994年から開発・販売してきた血統表ソフトの新バージョン「熱血解析2018」が好評発売中です。新しいデータを随時追加していけるので、半永久的にお使いいただけます。引き続き日本のホースマン、血統ファンの皆様のお役に立ちたいと願っています。

【主な機能】
・5代血統表の画面表示、新規作成、出力
・5代血統表の配合シミュレーション、出力
・6代血統表の画面表示、出力
・7代血統表の画面表示、出力
・8代血統表の画面表示、出力
・9代クロス解析表の画面表示、出力
・血脈検索
・蓄積データ21万頭
・JRA-VAN Data Lab. データ取り込み対応

※別途、ご希望の方には「追加データ会員制度」(月額制)もご用意しております。JRA-VANからの取り込みが面倒な方や、海外・地方競馬の重賞勝ち馬のデータ補給をご希望の方にお勧めです。

【動作環境】
・対応OS:Windows 10/8.1/8/7
・空き容量:1GB以上
・備考:タブレットで使用される場合はWindows10搭載モデルをお使いください。iPadやAndroidのタブレットでは動作しません。

【最大の特徴】
「熱血解析2018」の諸機能のうち5代血統表などは他のサイトでも活用できますが、独自の理論と解析手法に基づいて作成された「9代クロス解析」は競馬通信社ならではのものです。

【9代クロス解析の効用】

◆9代クロス解析の効用により次の諸点を理解することができる

・能力はクロス血脈の質と量により変化すること
・欧米血脈の混淆により体質の強化が図れること
・クロスの量的出現パターンで距離適性、気性、脚質が分かること
・名血の牡馬、牝馬のクロスあるいは継続クロスが識別できること
・「緻密クロス型」は決め手は鋭いが、気性難を伴い、踏ん張りと底力を欠くこと
・異系血脈の強いクロスのプール、または新規取り込みが能力の向上に有効なこと

◆ソフトのプロモーション動画(YouTube)
https://youtu.be/zFoulXQJsj8

◆フジキセキの5代&9代(ブログで解説)
http://bit.ly/2mTesuN

◆リーディングサイヤーの5代&9代(ブログで解説)
http://bit.ly/2n8fc1t

◆往年の名馬の5代&9代(ブログで解説)
http://bit.ly/2mCEosL



◆販売価格 30万円

※分割払いにも対応します

◇お支払い回数/月
・3回払い(10万円×3ヶ月)
・5回払い(6万円×5ヶ月)
・10回払い(3万円×10ヶ月)


【送金口座】

◆三井住友銀行
六郷支店(808)
普通 3717353
アオキ ヨシアキ



★ご送金の際には、お客様がサイトに登録されているお名前(ニックネーム含む)と同じ名義でお振り込みください。また、振込名義の前に、下記のようにID番号を付記してください。 なお、お振り込み後のメール連絡は不要です。

【例】41000ルメール
◆お問い合わせ先
電話番号:03-3735-4430
メールアドレス:support@ktsn.jp



「熱血2019」(定価30万円)
http://ktsn.jp/kensei



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


↑このページのトップヘ