6代血統表&9代クロス解析表も掲載



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



牝馬として64年ぶりにダービーを制すなど、G1・7勝を挙げたウオッカが、蹄葉炎のため1日に死んでいたことが3日、明らかになった。15歳だった。

 現役引退後は繁殖牝馬としてアイルランドで繋養されていたが、2月23日から英国ニューマーケット近郊の牧場に移動。3月10日の早朝、スタッフが馬房内で右後肢の異変に気付き、病院に搬送されたという。その後は右後肢第3指骨粉砕骨折が認められ、手術を行うなど回復に向けての処置が続けられたものの、両後肢に蹄葉炎が発症。回復の見込みがなくなったことから、1日の午後に安楽死処分となった。

 過去10戦で手綱を取った武豊は「僕にとって大変思い出深い馬でした。名馬と呼ぶにふさわしい馬だと思います。ファンの多い馬でしたし、本当に残念なニュースです。ご冥福をお祈りします」とコメントした。

 同馬は北海道静内町のカントリー牧場で生を受け、栗東・角居勝彦厩舎へ入厩。06年10月29日の京都でデビューした。同年の阪神JFをレコードで制して2歳女王に。翌年の桜花賞はダイワスカーレットに敗れて2着に終わったが、次戦はオークスではなくダービーを選択。1937年ヒサトモ、43年クリフジに続く史上3頭目の牝馬制覇を果たした。

 その後は同世代のライバル・ダイワスカーレットとの激闘の末、約2センチ差で08年天皇賞・秋を制すなど、日本競馬界のトップホースとして君臨。08&09安田記念連覇、ヴィクトリアマイル、ジャパンC-。積み上げたG1タイトル7勝は記録として言うまでもなく立派なものだが、その勝ちっぷりも含め、記憶にも残る名牝だった。

 10年ドバイワールドCを最後に現役を退く予定だったが、前哨戦のマクトゥーム・チャレンジ・ラウンド3(8着)後に鼻出血を発症。本番を走ることなく引退した。その後は繁殖牝馬に。現在、産駒ではタニノフランケル(父フランケル)がオープン馬として活躍している。


提供:デイリースポーツ

◆ウオッカ6代血統表
ウォッカ6代血統表

◆ウオッカ9代クロス解析表
ウォッカ9代クロス解析表



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

ディープインパクト種付け中止 来春産駒20頭ほど



日刊スポーツ
http://p.nikkansports.com/



[2019年04月02日 14時46分]



12年から18年まで7年連続でリーディングサイヤーとなったディープインパクト(牡17)が、今年の種付けを取りやめたことが、分かった。同馬は例年通り、2月のシーズン開始から交配を行っていたが、3月に入ってから首に痛みが出たため、種付けを中止した。来春に誕生予定の産駒は20頭前後になる見通し。命に別条はなく、今後は来年に備えて療養する。


同馬の繋養(けいよう)先である社台スタリオンステーションの徳武英介氏は「首が痛くて種付けを中止しましたが、現在は痛みはないと思います。力を入れるときにバランスを取れない時があるので、それで危ないところもあるので。馬のリズムと体が一致しないというか・・・。小学校の運動会で転んでしまうお父さんのような感じですね。今回のお休みは大事をとって、ということです」と説明した。


ディープインパクトは現役時代に14戦12勝。05年に皐月賞、ダービー、菊花賞の牡馬クラシック3冠を制覇し、06年有馬記念でG1・7勝目を挙げて引退。翌07年に種牡馬入り。4頭のダービー馬(12年ディープブリランテ、13年キズナ、16年マカヒキ、18年ワグネリアン)や国内外G1・7勝馬ジェンティルドンナなどを輩出した。18年から種付け料は国内歴代最高の4000万円に設定されていた。


◆アクアミラビリス
アクアミラビリス5代血統表

◆エールヴォア
エールヴォア5代血統表

◆グランアレグリア
グランアレグリア5代血統表

◆クロノジェネシス
クロノジェネシス5代血統表

◆シェーングランツ
シェーングランツ5代血統表

◆シゲルピンクダイヤ
シゲルピンクダイヤ5代血統表

◆ジュランビル
ジュランビル5代血統表

◆ダノンファンタジー
ダノンファンタジー5代血統表

◆ノーブルスコア
ノーブルスコア5代血統表

◆ノーワン
ノーワン5代血統表

◆ビーチサンバ
ビーチサンバ5代血統表

◆プールヴィル
プールヴィル5代血統表

◆ルガールカルム
ルガールカルム5代血統表

◆レッドアステル
レッドアステル5代血統表






◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei





◆アルアイン6代血統表
アルアイン6代血統表

◆アルアイン7代血統表
アルアイン7代血統表

◆アルアイン9代クロス解析表
アルアイン9代クロス解析表


・自身も、その両親も「5代アウトクロス」の配合馬で、今日的には比較的珍しい取り合わせ。
・したがって、あまりメリハリのあるパターンではない。
・ただ、9代クロス解析では「クロスの総量」「クロスの血脈」「母系の異系血脈のプール」そして「継続クロス度数Т値」もやや低めだが総体的なまとまりはある。
・今後も平均ペースあたりをうまく流れに乗せて抜け出せれば勲章ゲットの可能性はある。
・5代アウトクロスタイプなので基本的にマイラーではなく、2000は欲しい

2019.03.31.
青木義明


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

いよいよ今年のドバイでの国際レースが行われる。日本調教馬は昨年は1勝もできなかったので今年は何とかしてほしいものである。

G1レースは5レースあるが特に賞金が高いのがドバイワールドカップで総賞金が昨年の1000万USドルから増額されて1200万USドル、ドバイシーマクラシックとドバイターフが据え置きの600万USドルで、この三つのレースがシリーズの中心であるといえる。

特にワールドカップは世界最高賞金を誇る。これを上回ったレースとしてはアメリカのペガサスワールドカップがあるがこちらは賞金の集め方が特殊である。

ペガサスワールドカップを除けばアメリカの最高賞金はブリーダーズカップクラシックだが昨年は総賞金が552万ドルだった。

ドバイワールドカップはブリーダーズカップクラシックの倍でありドバイシーマクラシックとドバイターフはほぼ同等だ。

世界各国での格別な高賞金レースとしては凱旋門賞、メルボルンカップ、ジャパンカップがあるがこれらはブリーダーズカップクラシックど同程度だ。

ドバイワールドカップは世界最高賞金といっていいのではないだろうか。

それではドバイワールドカップを勝てば少なくともダートの2000メートルの世界チャンピオンということだろうか。

2011年にヴィクトワールピサがドバイワールドカップを勝った時には日本でそのように報道された。またドバイシーマクラシックを勝てば芝2400の、ドバイターフを勝てば芝1800の世界チャンピオンといえるのだろうか。

しかし競馬の世界では簡単にそのようには言えないのである。

他のスポーツであればオリンピックの勝者は即世界チャンピオンを名乗ることができる。オリンピック以外に毎年の世界選手権やワールドカップを名乗る大会がある協議は多いが、やはり4年に1回のオリンピックはより大きい。

ただし例外があってそれは男子のサッカーだ。サッカーではワールドカップが断然でであり、FIFAはオリンピックを23歳以下のチャンピオン戦としようとした。

サッカーには20歳以下のチャンピオンシップなどフル代表以外の年度別の代表戦があり、オリンピックをその中に組み込もうとしたのである。

しかしサッカーは人気種目であり、IOCとしてはそのように年齢を限定しては人気選手が出場できなくなり、ファンを集めにくくなり困ったことになる。

そこで3人の選手をオーバーエイジとして加えていいことにした。FIFAとIOCの妥協の結果である。オーバーエイジ枠で世界的な名選手が加わることもある。とてもチャンピオン戦とはいえないのである。

ところで競馬が他の競技と異なるのは、得に古馬の場合では大レースといえどもすべての有力馬が集まってくるわけではない。

今年のドバイの場合ワールドカップの出走馬でレーティングが最も高いのは122のサンダースノーでありこれより高い馬は出走しない。シーマクラシックでは123のレイデオロ、ターフでは124のアーモンドアイが最高レートだ。

ウィンクスやエネイブルは決して出ては来ないだろう。いくら賞金が高いレースでも条件が合う馬だけが出走する。そこで勝った馬が世界チャンピオンというわけではないということだ。

(本稿は本来3月30日に登録したつもりでしたが、操作ミスにより登録できませんでした。改めて登録しましたので3月30日のつもりで読んでください)




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆メイショウテッコン6代血統表
メイショウテッコン6代血統表

◆メイショウテッコン9代クロス解析表
メイショウテッコン9代クロス解析表



[青木の血統予想]

中山11R/日経賞

馬単・フォーメーション
01.06.07.11
01.02.05.06.07.11.12
24点×1000円

1着01メイショウテッコン(単勝4.9倍、3人気)
2着07エタリオウ
3着04サクラアンプルール

馬単13.3倍的中




◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

◆ランスオブプラーナ6代血統表
ランスオブプラーナ6代血統表

◆ランスオブプラーナ9代クロス解析表
ランスオブプラーナ9代クロス解析表



[青木の血統予想]

阪神11R/毎日杯

◎01ランスオブプラーナ

3連複軸1頭ながし
01→02.03.05.09.11.13
15点×1000円

1着01ランスオブプラーナ(単勝5.1倍、3人気)
2着02ウーリリ
3着13ヴァンドギャルド
4着05ケイデンスコール

3連複14.3倍的中


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei

◆ランスオブプラーナ5代血統表
ランスオブプラーナ5代血統表


昨年に続き、私が配合をアドバイスしたフジワラファームさんの生産馬が今年も3歳重賞を勝ちました。サラブレッドの血統を43年間研究し続けた成果が少しでもお役に立て、関係者の皆さんの喜びへ繋がった事は何より嬉しく思っています。 

ランスオブプラーナはケープブランコ産駒の初重賞勝ちとなります。私はこの種牡馬が輸入された初年度から注目していて毎年自分の繁殖牝馬にも種付けしており、グランデルカクが新馬勝ちを収めることができました。

「サドラーズウェルズ系は日本に向かない、軽い芝で走らない」と日本の競馬業界では当たり前のように信じられていて、ケープブランコもその影響を受け、それほど人気にはなっていません。

しかし私は凱旋門賞を狙うならサドラーズウェルズのような血統を日本でも(配合のテクニックを組み合わせながら)取り入れる必要があると考えており、ランスオブプラーナの配合では自信を持ってケープブランコを提案しました。

ケープブランコは同父系のカーネギーに似た配合の個性があり、種牡馬としても母の父としても価値が高いと考えています。

カーネギー産駒は日本で数少ないものの母の父として年度代表馬モーリスを筆頭に5頭の重賞勝ち馬を出している事を忘れてはいけません。(グランデファームで私がスタッフと共に精魂込めて育成し重賞2勝の結果を残したメイショウナルトも、母の父カーネギーの1頭です。)

また私はサドラーズウェルズ系の中でもガリレオ Galileo系には特別注目しており、その大きな理由は「母アーバンシー Urban Sea」の存在にあります。

私は「他国で育った独特の血統」を取り入れることは「血の活性化」が起きる配合テクニックの1つと考えています。
ドイツ血統のアグサンはビワハイジを経て、2010年の年度代表馬ブエナビスタが誕生しました。
今年のクラシック候補サートゥルナーリアは、フランス血統とドイツ血統という2つの異系をセットで持つ血統面で活力豊富なシーザリオが母です。

サトノダイヤモンドは母の血統が代々アルゼンチンで育った、これも個性ある異系の牝系です。
このように異系を取り入れていくと「血の活性化」が起きて名馬が生まれると私は考えていて、これは日本に限らず世界でも、古今東西の名馬の血統によく見られる特徴です。

異系の中でも私はドイツの血は「クロスさせても良し、そのまま置いておいても良し、いくつか組み合わせても良し」と、強力な影響力がある血統だと捉えています。(現に、昨年の英国ダービー馬マサー Masarはアーバンシーの3×4クロスです。しかもマサーが持つアーバンシークロスは、方や息子のガリレオ Galileo、方や娘のメリカー Melikahを経由する「息子と娘のクロス」でした。この技法は重要なキーポイントだと私は考えています。)

ランスオブプラーナの血統でまず注目してもらいたい所は、アーバンシー(ガリレオの母)とサトルチェンジ(マンハッタンカフェの母)。
2つのドイツ血統を組み合わせた配合である所です。

アーバンシーは、父ミスワキ(米国血統を複数持つ)×母アレグレッタ(ドイツ血統&ドイツクロス)
サトルチェンジは、父ローソサエティ(米国血統を複数持つ)×母ザンタルシアナ(ドイツ血統&ドイツクロス)

という配合での共通点があります。
これは「ドイツ血統」という異系の中に「米国血統」という異系がミックスされ、その組み合わせの中にまた別の「異系クロスを持つ」という非常に特殊なものです。

ドイツの血統はどのような配合であってもダークロナルド Dark Ronaldとブランドフォード Blandfordとテディ Teddyの系統を何重にもクロスする形の系統交配になっており、8代9代で血統を見ていると、どのドイツ血統も同じカラーを持ち、同じ特徴が出ています。

アーバンシーとサトルチェンジという2つの個性的なドイツ血統が出会うことで、特に何もしなくても、幾重にも重ねられたダークロナルド、ブランドフォード、テディの3つが継続クロスされていますので、伝わるものが大きいのです。

このようにアーバンシーは血統面の個性がはっきりしており、配合のテクニックとしても面白い使い方ができますから、次はガリレオの半弟シーザスターズ Sea the Starsの血を引く種牡馬をJBBAさんには導入していただきたいと私は考えています。

この系統の購買は簡単ではないと想像できますが、シーザスターズ系種牡馬はガリレオ系に比べて軽さがあり、グリーンデザートの系統ながら近年立派なクラシック血統に成長してきました。こういった血統は日本馬のレベルアップに必ず貢献できると思います。

次に注目してもらいたい所は、ランスオブプラーナの4代母チェリービーナスです。
チェリービーナスは11戦3勝と成績は地味ですが「プリメロの全兄弟クロスを持つパーソロン産駒」で、これは1978年の日本ダービー馬サクラショウリと配合が似ています。「トゥルビヨン系という異系」の中に「異なる異系クロス」を持っており、見かけ以上に力のある血です。

チェリービーナスもアーバンシーやサトルチェンジと同様、ランスオブプラーナの血統に活力を与える第三の存在になっています。

それでもケープブランコはサンデーサイレンス系種牡馬に比べればスピード要素が不足しているので、配合に少し工夫が必要でしょう。

ランスオブプラーナの配合では私の提唱する「チャンピオン配合」を意識して、影響力のあるクロスをほぼクロスさせてあります。

5代以内ではNorthern Dancerクロスが目に付きますが、その中のNative DancerとAlmahmoudがクロスさせ、Native Dancerの系統は別にRaise a Nativeもクロスしていますからスピード色を強めてあります。

その他に、父ケープブランコ内のアーティアスと、母マイプラーナ内のパーソロンが出会うことでマイバブー My Babuクロスも発生します。異系を「クロスさせる」という別の方向からも活力を加えてあります。

血統が好きな生産者さん馬主さんは最近でもいらっしゃいますが、ただ珍しいクロスを5代以内に発生させるだけでは走る血統にはなりません。

血統を長く見ていると「走る馬が共通して持っている特徴」や「本当に価値ある血」が記憶されていきます。
配合にこだわるなら、その馬が持っている血統にある「本当に価値ある血」をしっかり見分けて、バランスを整えてあげる必要があると私は考えています。


◆衣斐浩【配合の深淵】
http://bit.ly/1GkHN43

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆ランスオブプラーナ9代クロス解析表
ランスオブプラーナ9代クロス解析表

◆カツジ
カツジ5代血統表

◆ギベオン
ギベオン5代血統表

◆キャプテンペリー
キャプテンペリー5代血統表

◆キョウヘイ
キョウヘイ5代血統表

◆ジョーストリクトリ
ジョーストリクトリ5代血統表

◆ダイアトニック
ダイアトニック5代血統表

◆ダイワキャグニー
ダイワキャグニー5代血統表

◆ドーヴァー
ドーヴァー5代血統表

◆ハクサンルドルフ
ハクサンルドルフ5代血統表

◆ヒーズインラブ
ヒーズインラブ5代血統表

◆フィア―ノロマーノ
フィアーノロマーノ5代血統表

◆プリモシーン
プリモシーン5代血統表

◆マイスタイル
マイスタイル5代血統表

◆ロードクエスト
ロードクエスト5代血統表





◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei




↑このページのトップヘ