青木配合馬を2頭に絞れば牡馬はニシノシコン、牝馬はニシノオイチ◆青木義明の競馬一直線



小生の西山牧場の配合2歳馬11頭から牡牝各3頭を選んで発表しましたが、その中からさらに2頭に絞ればどれを推奨されますか、とのお尋ねを頂きました。

そこで再度、配合をチェックしましたが、牡馬はニシノシコン、牝馬はニシノオイチの結論です。


[牡馬ならニシノシコン]

・ニシノシコン(牡、手塚厩舎)
父リーチザクラウン
母ニシノカーリー
母の父 Shamardal
ニシノシコン5

ニシノシコンは5代内にミスタープロスペクター4×5のクロスがありますが、母の父がストームキャット系のシャマーダルで、またアレッジドを内包する母系ですから1600以上で良さを発揮する力のタイプです。ヘイロー3本→ヘイルトゥリーズン5本、セクレタリアト5×6→ボールドルーラー4本と父子クロスを前進させているのがポイントです。

さらに、プリンスキロ7本継続、ニジンスキーとストームバードのニックス、そして母系のホイストザフラッグ(リボー系)のクロスなど、トータルに見て先行して押し切る力のタイプと思われます。基本的にダート向きの印象ですが、ヘイロー3本クロスなどで馬体が柔軟であれば重い芝でも走れます。そうすれば、皐月賞が期待される舞台ですし、活躍次第でリーチザクラウンの後継種牡馬になれるだけの血統背景はあります。


--------------------

[牝馬ならニシノオイチ]


・ニシノオイチ(牝、宮本厩舎)
父ナカヤマフェスタ
母ニシノワン
母の父ウォーエンブレム
ニシノオイチ5

5代アウトクロス馬ですが、父のナカヤマフェスタは宝塚記念でブエナビスタを負かした実力馬で、その母がリボー系ヒズマジェスティ2×4の強いクロスを持ち一発の魅力を備えます。そしてナカヤマフェスタ自身はヘイルトゥリーズン4×5、ノーザンダンサー5×5・5と2種類のクロスを5代内に持ちますが、少し窮屈で、堅い印象を与え、産駒も重い馬が多いようです。

しかし、ニシノオイチは5代アウトクロスで、さらに母ニシノワンも5代アウトクロス馬です。2代にわたりナカヤマフェスタの硬さを和らげてあります。

そして、ニシノオイチの9代クロス解析ではまとまりもよく、ヘイルトゥリーズン4本、リボー4本がそれぞれ継続され、筋肉の弾力性と底力がうまく同居しています。さらにはバックパサー、ネヴァーベンド、ウォーアドミラルとクロスの質もよく、またアルマームード→ナタルマの母子へとクロスが前進しているのもポイントです。

5代アウトクロス馬ですからマイル以上で持ち味が発揮されます。馬場が渋れば桜花賞でも善戦できるでしょうが、本当の狙いはオークスです。馬体もよく出ているようですから個人的にはとても気に入っています。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


------------


◆熱血解析2017 のプロモーション動画(YouTube)
https://youtu.be/zFoulXQJsj8





キョウヘイに続け(POG参考)青木配合の西山牧場2歳馬ベスト5頭◆青木義明の競馬一直線

小生の西山牧場の配合2歳馬は11頭。その内、より楽しめる馬を牡牝各3頭を選びました。現3歳馬では、やはり10頭ほどの配合馬の中からシンザン記念のキョウヘイ(牡、父リーチザクラウン、母ショウナンアネーロ、母の父ダンスインザダーク)が稼ぎ頭でしたが、下記の馬のそれぞれにオープン級の活躍を期待しています。よろしかったらPOGの参考にどうぞ。

5代血統表

・ニシノシコン(牡、手塚厩舎)
父リーチザクラウン
母ニシノカーリー
母の父 Shamardal
ニシノシコン5


・ニシノベースマン(牡、森厩舎)
父ノヴェリスト
母ニシノマナムスメ
母の父アグネスタキオン
ニシノベースマン5


・ニシノムソウ(牡、蛯名厩舎)
父ヒルノダムール
母シュフルール
母の父パントレセレブル
ニシノムソウ5


・ニシノオイチ(牝、宮本厩舎)
父ナカヤマフェスタ
母ニシノワン
母の父ウォーエンブレム
ニシノオイチ5


・セイウンキャンティ(牝、小桧山厩舎)
父リーチザクラウン
母ニシノオドリコ
母の父ブライアンズタイム
セイウンキャンティ5代血統表




-----------


◆熱血解析2017 のプロモーション動画(YouTube)
https://youtu.be/zFoulXQJsj8


【青木義明の主な配合馬】

・オフサイドトラップ(天皇賞・秋)
・インサイドザパーク(東京ダービー)
・ブランドアート(クイーンカップ)
・サウンドオブハート(阪神牝馬ステークス)
・キョウヘイ(シンザン記念)
・セイウンコウセイ(高松宮記念=購買推奨馬)
・エイシンハリマオー、ブランドノーブル、ブランドミッシェル、ラトルスネーク、ニシノラッシュ
・イクノチャン、ガロ

【配合診断料金表】

A.繁殖牝馬の相手種牡馬探し
生産者、馬主様の所有する繁殖牝馬に適合する相手種牡馬を青木義明の理論に基づいて推奨いたします。基本的に繁殖牝馬1頭について3頭の種牡馬候補を選出。ご予算や距離適性、馬場適性の希望などもお伺いしながら、その繁殖牝馬の個性を伸ばし、欠点を補う配合相手をご指名いたします。(料金7万円)

B.繁殖牝馬の配合的方向性
牧場の所有する繁殖牝馬に適合する種牡馬の方向性(配合指針)を示すこと(料金5万円)

C.購入検討馬の能力診断
馬主が購入を検討している生産馬、セリ出場馬の配合レベルを測定する(料金2万円)


【お申し込み方法】
メールまたはお電話にてご相談ください。

◆競馬通信社
◇メール:support@ktsn.jp
◇電話番号:03-3735-4430

◆ソウルスターリング 6代血統表
ソウルスターリング6


◆ソウルスターリング 9代クロス解析
ソウルスターリング9


\\\\\\\\\

桜花賞の1番人気ソウルスターリングはさほど過信できない◆青木義明の競馬一直線


断然人気のソウルスターリングに欠点はないのか。安心できる人気馬なのか。小生は必ずしもそうは思わない。

父がフランケル Frankel であることが一つの理由である。端的に言えば「気性」の問題に帰結する。前走でもパドックで力みが見られた。気性的にムラな側面を内包している点は否めない。

フランケルはステイヤーではない。母の父のナタルマ Natalma 3×3の強いインブリード馬デインヒルの影響で、自身は8ハロンの英2000ギニー、10ハロンの英チャンピオンSなど14戦全勝のマイラータイプだった。

対して、ソウルスターリングの母スタセリタはドイツの重厚な血脈モンズーン Monsun の産駒で芝2100の仏オークスなど10勝のスタミナ型、なおかつ異系交配馬だ。

その点で両者の配合の取り合わせ、目指す志向性は悪くない。

しかし、先日のドバイターフ(芝1800)に勝ったディープインパクト産駒のヴィブロスのようにヘイロー Halo (3×4・5)のクロス馬が跋扈している状況の中で、果たしてどうなのか。パワーは十分でも、本当に勝負強いのか。

また、ソウルスターリングの9代のクロスパターンでは量的に懸念は残る。ただ、質的にはリボー、トムフール、プリンスキロ、トゥルビヨン、Alchimist など決して悪くはない。つまり、質はいい、だが量に懸念が残るということだ。もっとも、母の父は異系のドイツ血脈だから、量が出ないのは致し方ないとも言える。

さらに言えば、父に Buckpasser、War Admiral の米国血脈の、母に Ticino、Ariaman のドイツ血脈の互いに異系になるクロスが内包されている点も配合的に高く評価できる。

したがって、これまで負けていないことは理解できなくもない。だが、懸念材料は2点。


・デインヒルの気の強さ、ムラな一面。
・9代クロスの量的少なさからくる勝負弱さの側面。


馬券的には、他の馬も含めたボックスで行きたいと思っている。仮にソウルスターリングが3着以下に負けたら好配当だ。大飛びなので良馬場が望みらしいが、血統的には底力を問われる馬場の方がいいはず。あくまで馬群に包まれたり、擦られたりしたときに気性が暴発しないかの懸念である。その点で枠順もポイントだ。

(2017.04.05.青木義明)


---------◎---------

◆熱血解析2017 のプロモーション動画(YouTube)
https://youtu.be/zFoulXQJsj8


好評発売中!血統表ソフト「熱血解析2017 」
http://bit.ly/2l3tuzv


【主な機能】
・5代血統表の画面表示、新規作成、出力
・5代血統表の配合シミュレーション、出力
・6代血統表の画面表示、出力
・8代血統表の画面表示、出力
・9代クロス解析表の画面表示、出力
・蓄積データ21万頭
・JRA-VAN Data Lab. 対応

・販売価格 30万円

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆キングヘイロー 6代血統表
キングヘイロー6


◆キングヘイロー 9代クロス解析表
キングヘイロー9


☆☆

◎サラブレッドの配合とは

サラブレッドが競馬場で優劣を競う「競馬」は立派なスポーツですが「馬産」も生死を賭けた戦いと言えます。その生産者を巡る戦いを展開するのに「無防備」「無定見」では勝ち切れません。

多くの生産者は種牡馬を持たず、規模に応じた繁殖牝馬を擁しています。その繁殖牝馬にどんな種牡馬を交配するか、ここが大切なのは言うまでもありません。自身が所有する繁殖牝馬に、どの種牡馬を配合するかで距離適性や気性や体型「競走能力」まで決まってしまうというのが筆者の考え方です。

もちろん、牧場を維持するうえで高く売れるに越したことはありません。高額の種牡馬を配合するというのもひとつの方法でしょう。しかし、コストパフォーマンスを考える購買者も出てきます。ですから単純に高額種牡馬を配合すれば良い、という戦略では長期戦には勝てません

大切なのは、配合だと思っています。ただ、良い配合というのが分かれば苦労はないよ、とも言われるでしょう。配合は大切だけれど、どれが正しいかがわからないのが悩みの種だとも。

だからと言って立ち止まったままでは進歩がありません。ひとつの解決策をご提示します。

まずは配合図=血統表を作ることです。父と母の名前から能力を推し量ることもできますが、最低でも「5代血統表」を作ることで、近親交配の有無、その血脈やクロス数の多さなどが判明します。5代アウトクロス、5代多重クロスといった配合パターンを学ぶことができるのです。


◎5代多重クロスをキングヘイローの配合パターンから学ぶ

「5代多重クロス」とは「5世代以内に3種類以上のクロス」を内包する配合馬のことで、基本的にスピード馬が多い印象です。ときには気性も激しくなりやすいのですが、これは複数のクロスが生じることで精神的活力が高まるからだと思われます。

古くはマルゼンスキーやブロケ―ドが有名ですが、今回は高松宮記念を優勝したキングヘイローを取り上げます。


1.キングヘイロー自身の5代血統表をながめると次のことがわかります。
・サーゲイロード Sir Gaylord 4×4
・アルマームード Almahmoud 5×4
・トムフール Tom Fool 5×5


2.その父ダンシングプレーヴの5代血統表からは次のことがわかります。
・マームード Mahmoud 5×5


3.その母グッバイヘイローの5代血統表では次のことがわかります
・ターントゥ― Turn-to 3×4
・ファラモンド Pharamond 4×5
・マームード Mahmoud 4×5


凱旋門賞をレコード勝ちしたダンシングブレーヴは、クロスの薄い馬。GⅠ競走7勝の母グッバイヘイローはクロスの多い馬で、いわゆる「多重クロス馬」です。12ハロンのCCAオークスを勝っていますが、爆発的なスピードを持った馬でした。

キングヘイローが短い距離を得意としたのは「多重クロスの母」から生まれた「多重クロス馬」なので、スピード能力に長けた競走馬になったという認識です。ブロケードは母が多重クロス馬でした。マルゼンスキーは、両親ともに薄いクロスの馬ですが、自身は多重クロス馬です。このようなことは、配合表を作らなければわからなかったかもしれません。

(青木義明)


---------◎---------

好評発売中!血統表ソフト「熱血解析2017 」
http://bit.ly/2l3tuzv


【主な機能】
・5代血統表の画面表示、新規作成、出力
・5代血統表の配合シミュレーション、出力
・6代血統表の画面表示、出力
・8代血統表の画面表示、出力
・9代クロス解析表の画面表示、出力
・蓄積データ21万頭
・JRA-VAN Data Lab. 対応

・販売価格 30万円

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

★好評発売中! 血統表ソフト「熱血解析2017」のプロモーション動画(YouTube)が完成

競馬通信社・代表の青木義明です。「熱血解析2017」のデモ版がないでしょうか、というお問い合わせが多くあります。そこで、代わりに YouTube でのプロモーション動画を作成しました。見るのは無料です。よろしければ一度、機能や動作手順などをご確認ください。

◆熱血解析2017 プロモーション動画(YouTube)
https://youtu.be/zFoulXQJsj8



---------◎----------

【各種5代血統表&9代クロス解析】

◆フジキセキの5代&9代
http://bit.ly/2mTesuN

◆リーディングサイヤーの5代&9代
http://bit.ly/2n8fc1t

◆往年の名馬の5代&9代
http://bit.ly/2mCEosL

◆最近の活躍馬の5代&9代
http://bit.ly/2nju2Ti

------------◎-------------

◆血統表作成ソフト「熱血解析2017 」専用ページ
http://bit.ly/2l3tuzv

【主な機能】
・5代血統表の作成、出力
・5代血統表の配合シミュレーション、出力
・6代血統表の画面表示、出力
・8代血統表の画面表示、出力
・9代クロス分析表の画面表示、出力
・蓄積データ21万頭
・JRA-VAN Data Lab. 対応

・販売価格 30万円


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆マルゼンスキー 6代血統表
マルゼンスキー6



◆マルゼンスキー 9代クロス解析表
マルゼンスキー9


[6代血統表とその活用方法]

朝日杯3歳Sなど8戦8勝の快速馬マルゼンスキーは「5代多重クロス」馬である。すなわち、

Menow 4×4
Bull Dog 5×5
Blue Larkspur 5×5

このように「5世代以内に3種類以上のクロス」を内包する「多重クロス馬」は基本的にスピード馬が多い。また、場合によると気性も激しくなりやすいが、クロスにより精神的活力が高まるからだと思われる。

この場合、大切なことは、その両親が5代内にとの程度のクロスを持っているかだが、マルゼンスキーの父 Nijinsky も、母シルも5代目に薄目のクロスを持つだけの、あまりアクの強くない配合馬であり、そういう両親から強いクロスを生み出す方向性は配合のセオリーの一つと言える。逆に、強いクロスを内包する両親からの、さらに強いクロス派生は避けたいところだ。

それを一目で判断できるようにしたのが「自身」「父」「母」の5代血統表を3枚並べた「6代血統表」である。例えば、強いクロスを持った両親からは「アウトクロス」を志向したい、という即時的な判断が可能だ。

なお、参考までにマルゼンスキーの9代クロス解析においては、以下のことがポイントとなるだろう。

1.Bull Dog=Sir Gallahad 5・7×5など8種類の「同血馬」クロスを内包すること
2.クロス集計表の6世代目に17個の、やや多めのクロスが派生していること
3.父系または母系に、特に「異系」のクロスのプールを持たない「緻密型」であること
4.つまり、スピードが豊富だが、距離延びての踏ん張りには懸念が残る。(マルゼンスキーは長距離未経験)


◆マルゼンスキーは、どんな馬なのか◆

[Wikipedia より抜粋]

マルゼンスキー(1974年5月19日 - 1997年8月21日)は日本の競走馬、種牡馬。

イギリスの三冠馬・ニジンスキーを父にもち、1976年に中央競馬でデビュー。3歳王者戦・朝日杯3歳ステークスを大差でレコード勝ちするなど連戦連勝を続けたが、当時多くの競走で出走制限が課された外国からの持込馬だったことから、クラシック三冠競走には出走できなかった。無敗のまま1977年末に故障で引退。通算成績は8戦8勝。1970年代に起きた外国車ブームの中で「スーパーカー」の異名を冠された[1]。種牡馬となってからは1988年の東京優駿(日本ダービー)優勝馬サクラチヨノオーなど中央競馬で4頭のGI優勝馬を輩出。1990年にJRA顕彰馬に選出された。


出生までの経緯[編集]

1973年秋、北海道胆振支庁の軽種馬農協青年部がアメリカへの研修旅行を計画したが、直前になってひとり欠員が出て予算に狂いが生じるおそれが出たことから、青年部は牛の仲買人でありパスポートを保持していてすぐに参加が可能であった橋本善吉[注 1]に同行を依頼した。橋本は少年時代に馬の牧場で10年働いた経験をもち[2]、馬主としてばんえい競馬の名馬・マルゼンストロングホースを購買し競馬の世界に進出したばかりだった[3]。かねて競走馬生産にも着手したいと考えていたことから、橋本はこれを好機と捉えて参加を決定。日程の中に希望者のみのオプションとして組まれていたキーンランドセールに参加した際、調教師の本郷重彦とも知り合った[2]。

橋本と本郷はセール会場において、アメリカの殿堂馬・バックパサーを父に、14勝を挙げたクィルを母にもつ繁殖牝馬シルに目をつける。両者ともその馬体の良さを高く評価し、本郷は「こんなに皮膚のいい馬には生まれてはじめてお目にかかった。小柄だけどバランスがいいし、これは良い馬だ」と感嘆していた[2]。シルはイギリスの三冠馬・ニジンスキーの子を受胎しており高額が予想されたが、本郷の強い勧めもあり橋本は競りに参加[2]。フランスの調教師と競り合った末、このセールで3番目の高額であった30万ドル(約9000万円。当時)という価格で落札に成功した[2]。現地の酪農業界誌には「有名な日本のウシ屋の橋本氏が、とてつもなく高額なウマを買った。どうやら気が違ったようだ」と紹介されていたという[2]。

生い立ち[編集]

のち日本へ輸送されたシルは、1974年5月19日、牡馬を出産。橋本は自身の屋号「丸善」からとって牡馬ならば「マルゼンスキー」、牝馬ならば「ミスマルゼン」と名前を考えており、前者に決まった[2]。報せを受けて東京から馬の検分にきた本郷は、第一声で「外向だなあ」と口にした[4]。前脚が膝下から外に曲がっており、正面からみるとV字になるような形を「外向肢勢」といい、マルゼンスキーはそれに該当したのである[5]。しかし全体としては好馬体をもっており、橋本も本郷もその点では高評価を下した[4]。往年の名騎手であった田中康三も本郷の息子・一彦に「あれは走る」と話していたという[6]。また、橋本と同じ競りに参加し、25万ドルの手前で降りていた社台ファーム代表・吉田善哉が、息子の勝己(後のノーザンファーム代表)を伴い「庭を見せてもらいにきた」と口実をつけて、マルゼンスキーを見に来ていたという[2]。

産後10日目から橋本は新聞と雑誌に広告を出して一株300万円を40口・総額1億2000万円のシンジケート会員を募集し、1カ月で満口となった[2]。しかしそれからおよそ2カ月後、ニジンスキーの初年度産駒として評判が高かったニジンスキースターがデビュー戦で12着と敗れたことで会員の離脱が相次ぎ、最終的にシンジケートには8人しか残らなかった[2]。また、「外向」は成長につれて度を増していき、やがて「脚曲がり」と陰口を叩く者が出るほどひどいものとなった[4]。変形の脚部は強い調教に耐えられない可能性が高く、これを見た少なくない者が「良い馬だが、競走馬には仕上がらないだろう」という見解を述べた[5]。そうした一方で、馬術部出身で育成調教を担当していた橋本の息子は、「この馬は跳びも大きいけど、伸びた後脚を戻すのがものすごく速い」と感嘆していたという[3]。

------------◎-------------

遂に完成!血統表作成ソフト「熱血解析2017 」
http://bit.ly/2l3tuzv


【主な機能】
・5代血統表の作成、出力
・5代血統表の配合シミュレーション
・6代血統表の画面表示、出力
・8代血統表の画面表示、出力
・9代クロス解析表の画面表示、出力
・蓄積データ21万頭
・JRA-VAN Data Lab. 対応

・販売価格 30万円


◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆スカーレットブーケ 5代血統表
スカーレットブーケ5


◆スカーレットブーケ 9代クロス解析表
スカーレットブーケ9


◆ビワハイジ 5代血統表
ビワハイジ5


◆ビワハイジ 9代クロス解析表
ビワハイジ9


◆パシフィカス 5代血統表
パシフィカス5


◆パシフィカス 9代クロス解析表
パシフィカス9


◆ダンシングキイ 5代血統表
ダンシングキイ5


◆ダンシングキイ 9代クロス解析表
ダンシングキイ9


◆エアグルーヴ 5代血統表
エアグルーヴ5


◆エアグルーヴ 9代クロス解析表
エアグルーヴ9

【第1位】

◆ディープインパクト 5代血統表
ディープインパクト5


◆ディープインパクト 9代クロス解析表
ディープインパクト9


【第2位】

◆キングカメハメハ 5代血統表
キングカメハメハ5


◆キングカメハメハ 9代クロス解析表
キングカメハメハ9


【第3位】

◆ダイワメジャー 5代血統表
ダイワメジャー5


◆ダイワメジャー 9代クロス解析表
ダイワメジャー9


【第4位】

◆ハーツクライ 5代血統表
ハーツクライ5


◆ハーツクライ 9代クロス解析表
ハーツクライ9


【第5位】

◆ステイゴールド 5代血統表
ステイゴールド5


◆ステイゴールド 9代クロス解析表
ステイゴールド9


【第6位】

◆マンハッタンカフェ 5代血統表
マンハッタンカフェ5


◆マンハッタンカフェ 9代クロス解析表
マンハッタンカフェ9


【第7位】

◆クロフネ 5代血統表
クロフネ5


◆クロフネ 9代クロス解析表
クロフネ9


【第8位】

◆ネオユニヴァース 5代血統表
ネオユニヴァース5


◆ネオユニヴァース 9代クロス解析表
ネオユニヴァース9


【第9位】

◆ハービンジャー 5代血統表
ハービンジャー5


◆ハービンジャー 9代クロス解析表
ハービンジャー9


【第10位】

◆ブラックタイド 5代血統表
ブラックタイド5


◆ブラックタイド 9代クロス解析表
ブラックタイド9


------------◎-------------

遂に完成!血統表作成ソフト「熱血解析2017 」
http://bit.ly/2l3tuzv


【主な機能】
・5代血統表の作成、出力
・5代血統表の配合シミュレーション
・6代血統表の画面表示、出力
・8代血統表の画面表示、出力
・9代クロス解析表の画面表示、出力
・蓄積データ21万頭
・JRA-VAN Data Lab. 対応

・販売価格 30万円



◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

↑このページのトップヘ