◆5代血統表
デアリングタクト5代血統表

◆6代血統表
デアリングタクト6代血統表

◆9代クロス解析表
デアリングタクト9代クロス解析表
こうして桜花賞馬は誕生した◆青木の競馬一直線

----------------

●配合の方向性

デアリングバード自身はサンデーサイレンが入るので配合的セオリーを踏んでおり、ある意味で完成形だ。そこでノーザンダンサー4本継続クロスの次なる方向性を探れば、その直仔へとクロス血脈を前進させることである。具体的には母系のダンジグか父系のニジンスキーが視野に入る。その他ではサンデーサイレンス自身のクロスだが、これが3×3では早すぎるが「4×3」なら了解しうるものだ。さらにキングカメハメハには多様な血脈が内包されているので、並行してこれらのクロスを引き出せれば合格点が付けられる。

候補として取り上げたのは以下の3頭。順序に大きな意味はないことを付記させていただく。


●具体的な相手

〇エビファネイア
エビファネイアと配合されるとサンデーサイレンス4×3のクロスが派生する。3×3はすでに競馬場で散見されるがまだ大物はいない。淡泊、単調、マイラー。中距離で切れ味を発揮するには「4×3」の具現と、これに相応のスパイスを加える必要がある。エビファネイアの場合だとヘイルトゥリーズン4本、プリンスキロ4本が注入されるので弾力性と粘り強さが補強される。加えて、この母においてはニジンスキー6×7、バックパサー7×7と頑健さと骨量を増す血脈のクロスも派生する。サラブレッドの配合はトータルな観点から施されるべきだが、シンボリクリスエス産駒のエビファネイアの存在はサンデーサイレンス系×キングカメハメハの配合馬の止揚にとって貴重な存在となり得るだろう。

-------------------


◆青木の配合コンサル馬

配合診断の実例=キングカメハメハ産駒のデアリングバードの場合
http://keibatsushin.blog.jp/archives/32050540.html

「馬事通信2015.10.15掲載」

競馬通信社ブログ


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp









サンデーサイレンス系×キングカメハメハの配合牝馬にはエピファネイアが最適◆青木義明の競馬一直線


青木義明です。先週の種牡馬当てクイズの答えはエピファネイアでした。多くの皆様から正解が寄せられました。すでに2000ポイントの処理は完了しています。生産者、馬主さんにも役立つクイズだったと思います。以下、その正解の根拠をご紹介します。


(馬事通信2015.10.15号より一部抜粋)


[配合診断の実例=デアリングバードの場合]


●血統的特徴

デアリングバードの血統構成は父キングカメハメハ、母の父サンデーサイレンス、祖母の父ダンジグ Danzig というものだ。母は活躍牝馬のデアリングハート。

父のキングカメハメハは言わずと知れた名種牡馬。サイアーラインはキングマンボ→ミスタープロスペクターと現代主流の一つで、その上にヌレイエフ、トライマイベスト、そしてニジンスキーのラインを通じてノーザンダンサーを3本継続クロスしていること。これからノーザンダンサーを二本、三本とクロスしようかという状況の中で2001年に生まれたキングカメハメハは時代の先をいった印象が強い。ある意味で画期的だ。

そして、種牡馬として成功した要因はバックパサーとニジンスキーのニックスを内包し、これを発展させる形でニジンスキーのクロスを獲得すること。あるいはキングマンボの母ミエスク Miesque がリボー、プリンスキロ、トゥルビョンと欧州を代表する名血を内包することで、それそれの継続クロスから馬体の柔軟性と勝負根性を補強すること。さらにミスタープロスペクター自身のクロスの獲得。

総じてこの3点が配合のポイントだが、もう一点、確認しておくべき点はサンデーサイレンス→ヘイローのラインを持たないことだ。したがって、日本の競馬サークルにあってはサンデー系牝馬との配合で自己を活用しやすい立ち位置にいる。


●配合の方向性

デアリングバード自身はサンデーサイレンが入るので配合的セオリーを踏んでおり、ある意味で完成形だ。そこでノーザンダンサー4本継続クロスの次なる方向性を探れば、その直仔へとクロス血脈を前進させることである。

具体的には母系のダンジグか父系のニジンスキーが視野に入る。その他ではサンデーサイレンス自身のクロスだが、これが3×3では早すぎるが「4×3」なら了解しうるものだ。さらにキングカメハメハには多様な血脈が内包されているので、並行してこれらのクロスを引き出せれば合格点が付けられる。


●具体的な相手

〇エビファネイア
エビファネイアと配合されるとサンデーサイレンス4×3のクロスが派生する。3×3はすでに競馬場で散見されるがまだ大物はいない。淡泊、単調、マイラー。中距離で切れ味を発揮するには「4×3」の具現と、これに相応のスパイスを加える必要がある。

エビファネイアの場合だとヘイルトゥリーズン4本、プリンスキロ4本が注入されるので弾力性と粘り強さが補強される。加えて、この母においてはニジンスキー6×7、バックパサー7×7と頑健さと骨量を増す血脈のクロスも派生する。

サラブレッドの配合はトータルな観点から施されるべきだが、シンボリクリスエス産駒のエビファネイアの存在はサンデーサイレンス系×キングカメハメハの配合馬の止揚にとって貴重な存在となり得るだろう。



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp



サラブレッド血統センターから、頼んでいた「スタリオンレヴュー2020」が送られてきた。

スタリオンレヴューはサラブレッド血統センターが作成し馬主、生産者、調教師など競馬関係者に配布したものだが、ファン向けにも配布されている。

競馬四季報の春号にアンケート用紙が付いておりこのアンケートに記入し送料分の切手を同封して送付すると無料で送付されるというファンにとってありがたいものだ。

今年は例の件のため遅れるのではないかと心配していたが、例年通りすぐに送られてきたのは感心したのである。

スタリオンレヴューとは種牡馬のカタログでスタリオンステーションごとに繋養している種牡馬の広告が掲載されている。

スタリオンレヴューが無料で配布されるのはカタログの広告料収入のためと思われる。

2020年版は48号であり実に約半世紀に渡って発行されているというかなりの歴史があるものであることがわかる。

スタリオンレヴューの創刊当時は種牡馬の広告と全国の調教師の氏名と住所だけという内容だったが、その後日本及び外国のリーディングサイアーのリストなどが追加されるようになった。

現在では各種牡馬ごとの昨年の種付名簿、サイアーライン、3代血統表、日本、北米、英愛、フランス、豪州、ニュージーランドのリーディングサイアーリスト、日本の重賞及び主要国のG1の勝馬、日本の市場取引の種牡馬ごとの成績(販売価格)と各種のデータが掲載されているという非常に便利なものとなっている。

いわば血統センター発行のものとしては競馬四季報が各馬の成績を扱ったものとすればスタリオンレヴューは生産についてのものということである。

この本は何かを調べることに使うのはもちろんだが単にパラパラとめくっているだけでも充分に楽しめるものだ。

さて今回のもので一部データが増えたところがある。外国のG1レースの勝馬リストにアルゼンチン、ブラジル、チリ、ペルー、南アフリカ、ウルグアイが加えられたのである。

南半球の各国の競馬についてはオーストラリアとニュージーランド以外の各国については一般にはほとんど情報は伝えられていない。

しかしこれらの国からは優秀な競走馬や繁殖牝馬が生まれている。アメリカで重賞を勝ったり日本に輸入されたりだ。

南半球各国の競馬についてもっと情報が欲しいものである。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

2020年04月17日 09時07分 時事通信



 【ニューヨーク時事】米医療関連ニュースサイトのSTATは16日、米バイオ医薬品メーカーのギリアド・サイエンシズが開発した抗ウイルス薬「レムデシビル」の臨床試験(治験)で、新型コロナウイルスに感染した患者が急速に回復していると報じた。

 STATによると、重症の113人を含む125人の新型コロナ患者を対象としたシカゴ大医学部による治験で、レムデシビルを毎日投与したところ、発熱や呼吸器症状が著しく改善し、1週間以内にほぼ全ての患者が退院した。死亡したのは2人のみだったという。

 ギリアドはSTATに対し、「進行中の治験のデータが利用可能になることを楽しみにしている」と述べた。

 トランプ大統領は先月、レムデシビルについて「非常に良い結果が得られたようだ」と述べ、有望な治療薬になり得るとの見方を示していた。 【時事通信社】

「緊急事態宣言」全国拡大「特定警戒」13都道府県 新型コロナ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200416/k10012391681000.html?utm_int=news_contents_news-main_001


2020年4月17日 5時45分新型コロナウイルス



新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」について、政府は16日夜に開いた対策本部で、東京など7つの都府県以外でも感染が広がっていることから、来月6日までの期間、対象地域を全国に拡大することを正式に決めました。16日夜、官報の号外に記載され、効力が生じました。

また、政府は、これまでの宣言の対象の7都府県に北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6つの道府県を加えたあわせて13都道府県について、特に重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要があるとして、「特定警戒都道府県」と位置づけました。

さらに、安倍総理大臣は、すべての国民を対象に、一律で1人あたり10万円の給付を行う方向で、与党で検討を進める考えを明らかにしました。




政府は、16日夜8時すぎから、総理大臣官邸で対策本部を開きました。

この中で安倍総理大臣は「北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県および京都府の6道府県については、現在の対象区域である7都府県と同程度にまん延が進んでいる」と述べました。

そして「これら以外の県においても、都市部からの人の移動等によりクラスターが各地で発生し、感染拡大の傾向がみられることから、地域の流行を抑制し、特にゴールデンウィークにおける人の移動を最小化する観点から、全都道府県を緊急事態措置の対象とすることとした」と述べ、「緊急事態宣言」の対象地域を全国に拡大し、期間はすでに宣言が出ている7都府県と同じ、来月6日までとすることを正式に決めたと明らかにしました。

そして安倍総理大臣は「今後、大型連休に向けて、すべての都道府県において不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで人が移動することを、まん延防止の観点から、絶対に避けるよう、住民の方々に促していただくようお願いします」と述べました。

また「この緊急事態を、5月6日までの残りの期間で終えるためには『最低で7割、極力8割』の接触削減を何としても実現しなければならない。国民の皆様には、ご不便をおかけしているが、さらなる感染拡大を防止するため、引き続き、ご協力を何とぞよろしくお願いしたい」と呼びかけました。


一律1人当たり10万円給付へ

一方、安倍総理大臣は、緊急経済対策に盛り込まれた現金給付について「緊急経済対策では、収入が著しく減少し、厳しい状況にあるご家庭に限って、1世帯当たり30万円を支給する措置を予定していたが、この際、これに替わり、さらに給付対象を拡大した措置を講ずるべきと考える。今回の緊急事態宣言により、外出自粛をはじめ、さまざまな行動が制約されることとなる全国すべての国民の皆さまを対象に、一律1人当たり10万円の給付を行う方向で、与党で、再度、検討を行っていただく」と述べました。


13都道府県を「特定警戒都道府県」に

「緊急事態宣言」の対象地域を全国に拡大したことにあわせて、政府は、「基本的対処方針」を変更し、全国の住民に対し、大型連休中の県外への移動については、法律に基づいて自粛を要請するとしています。

この中では、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6つの道府県について、これまでの宣言の対象の7都府県と同程度にまん延が進んでいると指摘しています。

そのうえで、これらのあわせて13の都道府県は、特に重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要があるとして「特定警戒都道府県」と位置づけています。

また、それ以外の県についても、都市部からの人の移動などで感染拡大の傾向が見られるうえ、医療提供体制が十分に整っていない場合も多く、医療が機能不全に陥る可能性が高いと指摘しています。

そして、大型連休中も含め、いまの時期は、全ての都道府県が足並みをそろえて感染拡大の防止に取り組む必要があるとして、宣言の対象地域を全国に広げるにあたっての取り組むべき対策を列挙しています。

具体的には、全国の住民に対し、不要不急の帰省や旅行などを極力避けるよう促し、特に、大型連休中の県外への移動については、法律に基づいて自粛を要請するとしたうえで、観光施設などに人が集中するおそれがある時は、入場者の制限などの適切な対応を求めるとしています。

また、全国的かつ大規模なイベントの開催は、リスクへの対応が整わない場合、中止や延期も含めて慎重な対応を求めるとしています。

さらに、職場への出勤についても、在宅勤務や時差出勤などを強力に推進するとしています。

そして、感染拡大につながるおそれがある施設の使用については、法律に基づいて、制限の要請や指示を行うとしています。

ただ、13の「特定警戒都道府県」以外の34県は、出勤に関する取り組みや施設の使用制限については、地域の感染状況や経済や社会に与える影響を踏まえて、それぞれの知事が適切に判断するよう求めています。


西村経済再生相「全都道府県で人との接触機会8割減を」

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の対象地域を全国に拡大したことを受けて、西村経済再生担当大臣は記者会見で、感染の拡大を防ぐため、すべての都道府県で、人と人との接触の8割削減を目指す考えを示しました。

この中で、西村経済再生担当大臣は、「人と人との接触機会の徹底的な削減が重要で、すべての都道府県で、極力8割程度の接触機会の低減を目指す。不要不急の帰省や旅行などは極力控え、繁華街の接待を伴う飲食店の利用も厳に自粛をお願いしたい」と協力を呼びかけました。

また、先週から、宣言の対象となっている7都府県に、北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都を加えた13の都道府県は感染が拡大しているとした上で、「場合によっては、特定の施設の使用停止の要請、指示、公表などのより強い措置を考えなければならない」と述べました。

一方で、それ以外の34の県については、「外出やイベントの自粛などを考えてもらおうと思うが、感染者数が少ないところもあるので、感染状況や経済への影響を踏まえて、知事に判断していただく」と述べ、地域の実情に応じて柔軟に対応してもらう考えを示しました。

さらに、西村大臣は、都道府県との緊密な連携が必要だとして、17日、全国知事会の飯泉会長らとテレビ会議を行い、今後の取り組みなどについて意見を交わすことを明らかにしました。


諮問委 尾身会長「6道府県は7都府県と同基準で選んだ」

「諮問委員会」の尾身茂会長は、記者会見で、これまで宣言の対象だった7都府県に6つの道府県を加えた13の都道府県を「特定警戒都道府県」としたことについて、「6道府県については、7都府県とまったく同じ基準で選んだ。当初から、専門家の立場では、恣意的に選ぶことはやるべきではないという立場だ」と述べました。

そのうえで、対象地域を全国に拡大したことについて、「客観的な基準とは別のファクターを考えてやったということだと思う」と述べ、13の都道府県を選んだ基準とは別の観点の判断を政府が行ったという考えを示しました。

◆ヴェルトライゼンデ
ヴェルトライゼンデ5代血統表

◆ガロアクリーク
ガロアクリーク5代血統表

◆クリスタルブラック
クリスタルブラック5代血統表

◆コントレイル
コントレイル5代血統表

◆サトノフラッグ
サトノフラッグ5代血統表

◆サリオス
サリオス5代血統表

◆ダーリントンホール
ダーリントンホール5代血統表

◆ビターエンダー
ビターエンダー5代血統表

◆ブラックホール
ブラックホール5代血統表

◆マイラプソディ
マイラプソディ5代血統表

◆ラインベック
ラインベック5代血統表

◆レクセランス
レクセランス5代血統表












以前に東京の渋谷にファンサービスのためのJRAの情報施設があったことを覚えていられるだろうか。

私は何度も行ったことがあるがなんという名称の施設だったか、またいつ頃開いていたのかを忘れてしまっていた。

ところが今週のグリーンチャンネルの「ケイバどーも!」で知ることができた。

これまではこの番組の出演者3人に聞いていた思い出のG1レースを今回からグリーンチャンネルのキャスターに聞くことになったのだ。

今回はレース中継の土曜日の午後の担当の岡部玲子さんだった。

岡部さんは当時全く競馬の知識がなく武豊(57)とあるのを57歳と思ったそうでめっちゃ若く見える~といったと笑っていた。

これは鈴木淑子さんがやはり競馬に入った当時やはり競馬を知らなくて2F、3Fをハロンとは知らず2階、3階とは何ですかと聞いたという話を思い出したものである。

さて岡部さんはG1の場合は過去10年でどんな馬が来たのかと調べたそうだが、さらに過去のレースを見るためにエクウスに通ったことを話してくれた。

そこで画面にその施設の名称と開設していた期間が表示されたのである。「プラザエクウス渋谷」、期間は1992年~2008年。

場所は東急百貨店本店の近くだったと思うがビルの2フロアーを占拠していた。1992年といえば馬券の売り上げが絶好調の時期でファンサービスの施設を新規に作る十分の余裕があったのだろう。

新橋には広報コーナーがあったが設備は古くなっておりそれなら新しいものを作ろうということになったと思われる。

ところが馬券の売り上げが低下して1フロアーだけになってしまった。それでも維持するのが困難になったのか広報コーナーを改修して「Gate J.」とし、内容を移転したのである。

ところで岡部さんの話は大変に面白かった。さすがはキャスターだと思わせてくれた。次回からも各キャスターの面白い話を聞けると思うと楽しみである。

岡部さんはキャスターとして18年になるそうだ。さすがのキャリアである。競馬関係のテレビ番組はいろいろとありほとんどは女性のキャスターやアシスタントが付いている。

初めての人は競馬は全く知りません、とそれを売り物にしているかのようだ。実際そうなのだろう。

それでも周囲のベテランに教えられて知識が付いていくようだが2~3年で交代してしまう。「ケイバどーも!」も同様である。

中には岡部さんのように専門家になる人もいるがその数は少ないようだ。もったいないと思うのだがどうだろうか。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

今週以降も中央競馬は無観客開催実施 18日から騎手の土日移動は原則禁止


2020年04月08日(水) 12時18分


JRAは8日、11、12日以降の開催を引き続き無観客で行うことを発表した。

 政府が7日、新型コロナウイルスの感染者急増に対応するため、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に5月6日まで、特措法に基づく緊急事態宣言を発令したことに伴い、前日から開催の可否について協議を重ねていた。

 なお、感染拡大防止策を新たに発表。18日から5月3日まで、人と人の接触を極力避けるため、競走馬は他ブロックへの出走を不可とする。ただし、平地オープンおよび障害競走に限り、他ブロックへの出走を可とする。

 また、騎手が土日で異なる競馬場へ移動しての騎乗は不可。ただし、土日とも障害競走に騎乗する騎手に限り、移動を可とする。

 さらに、10日から5月3日まで騎手の感染リスクの軽減および分散を目的として、競馬場内にある通常の調整ルームに加えて、JRA本会が認定する場所(自宅、ホテル)を認定調整ルームとし、当該認定場所から競馬場への移動を認める。

 JRAでは2月29日の開催から無観客競馬を実施。馬券も電話・インターネット投票のみで発売している。

 4月3日にJRA職員1人の感染が分かったが、安全な競馬の実施に影響を及ぼすものではないとして、大阪杯など4、5日は予定通り開催。6日には新たに2人の職員の感染が判明している。


提供:デイリースポーツ

JRA今週末の桜花賞など予定通り無観客で開催


日刊スポーツ
http://p.nikkansports.com/



[2020年04月08日 11時54分]



JRAは8日、今週末以降の中央競馬開催の続行を決定した。11、12日の競馬は変わらず無観客で行われる。


現在開催中の中山競馬場(千葉県船橋市)、阪神競馬場(兵庫県宝塚市)は、7日に発令された緊急事態宣言の対象の都府県だが、その宣言を受け協議を重ねた結果続行を決めた。12日の阪神での桜花賞(G1、芝1600メートル)は予定通り行われることになる。また来週以降、騎手は土日で別の競馬場に移動することを原則として禁止することなども発表された。

緊急事態宣言 期間内に終息への道筋つけられるか
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200408/k10012374361000.html?utm_int=news_contents_news-main_001


2020年4月8日 4時25分新型コロナウイルス



新型コロナウイルスの感染が都市部で急速に拡大している事態を受けて、安倍総理大臣は東京など7都府県を対象に法律に基づく「緊急事態宣言」を出しました。生活や経済に対する影響が懸念される中、政府は自治体と連携し、来月6日までの宣言の期間内に爆発的な感染拡大を回避し、終息への道筋をつけられるかが問われます。




安倍総理大臣は7日、政府の対策本部で東京など7都府県を対象に新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を行いました。

宣言の期間は来月6日までで、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡が対象となっています。


安倍総理大臣は記者会見で「医療提供体制がひっ迫している地域が生じていることを踏まえれば、もはや時間の猶予はないとの結論に至った」と述べ、7都府県の住民に対し、人との接触を7割から8割削減することを目指して、外出を自粛するよう呼びかけました。

政府は社会機能の維持に必要な職種を除き、テレワークを行うことや、出勤者の数を大幅に減らすこと、集会やイベントを避け、飲み会なども避けるよう呼びかける一方、医療機関への通院や食料・医薬品・生活必需品の買い出しなど、生活の維持に必要なことについては、外出の自粛要請の対象にならないとしています。

一方、外出の自粛や学校の休校などによる生活への影響や、映画館やバー、カラオケ店など人が多く集まる施設の休業が見込まれることによる経済への影響などが懸念されています。

こうした懸念も踏まえ、西村経済再生担当大臣は8日、7都府県の知事とテレビ会議を行い、宣言による措置などの円滑な実施に向けた協力を確認したい考えです。

政府としては自治体と連携し、生活や経済に対する影響を最小限に抑えながら、来月6日までの宣言の期間内に爆発的な感染拡大を回避し、終息への道筋をつけられるかが問われます。


NHKニュースサイト

↑このページのトップヘ