藤田菜七子騎手がスウェーデンで行われた女性騎手の招待レース「ウィメンジョッキーズワールドカップ」で優勝したことが報道された。

そのこと自体は素晴らしいことであり藤田騎手のキャリアアップは他の新人騎手にとってはうらやましい限りだろうが、ここではこのレースについて考えてみたい。

この勝利についてメディアは世界女王などと報じている。

「ウィメンジョッキーズワールドカップ」というレース名を見ればそのように言いたくなるのだろうが、このレースが世界のなかでどのような位置にあるのか、出走した騎手がどのレベルなのかはほとんど報じられていない。

参加した騎手はスウェーデンとイギリスから2名ずつ、日本、アイルランド、フランス、ドイツ、ノルウェー、ブラジルから各1名の10人だが、それぞれがどのような実績を持っているのかは伝えられない。

つまり実際のレベルがどのようなものかがわからないのである。そのような大会でも優勝したということはたいしたものなのだが、世界女王などともてはやすのはどうだろうかということである。

というのはスウェーデンの競馬のレベルはさほど高いとはいえない。

年間にパターンレースは今回のブロパーク競馬場でのストックホルム大賞とストックホルムカップ国際、そしてイエゲスロー競馬場でのザワウィカップのいずれもパターン3の3レースだけが行われるだけなのだ。

そのようなスウェーデンにどのレベルの女性騎手が参加してくるのかは疑問なのである。

このようにレースの実態と印象が異なることは他にも見ることがある。

2005年にオークス(優駿牝馬)を勝ったばかりのシーザリオがハリウッドパークへ遠征しアメリカンオークスを勝った。

このときメディアばかりでなくJRAも日米オークスを勝ったと報じたものである。

アメリカンオークスというレース名からこれはアメリカの3歳牝馬のチャンピオンレースと考えられたのだろう。

しかしアメリカの3歳牝馬レースといえばケンタッキーオークスでありもっと古くはニューヨークのトリプルティアラ、つまりエイコーン、マザーグース、CCAオークスだった。

アメリカンオークスは新興レースであり、2005年当時はスポンサーがついていて総賞金は75万ドルでケンタッキーオークスより賞金が高かったが、その後スポンサーが撤退して賞金が下がってしまった。

現在は年末にサンタアニタで行われている。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆エントシャイデン
エントシャイデン5代血統表

◆カテドラル
カテドラル5代血統表

◆キョウヘイ
キョウヘイ5代血統表

◆クリノガウディー
クリノガウディー5代血統表

◆グルーヴィット
グルーヴィット5代血統表

◆シャイニービーム
シャイニービーム5代血統表

◆ジャンダルム
ジャンダルム5代血統表

◆プリモシーン
プリモシーン5代血統表

◆ミエノサクシード
ミエノサクシード5代血統表

◆リライアブルエース
リライアブルエース5代血統表

◆レインボーフラッグ
レインボーフラッグ5代血統表

◆ロワアブソリュー
ロワアブソリュー5代血統表

◆ロードクエスト
ロードクエスト5代血統表


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei








京都競馬場がスタンド改築などの工事を行うことが発表された。2020年月から2024年3月という長期な工事である。

この期間の中で2020年11月から23年3月の間は京都競馬場での開催は中止で代替開催となるということだ。

京都競馬場での最も大きいレースは菊花賞と春の天皇賞であり、21年と22年はこの両レースが他の競馬場、おそらく阪神で行われることになる。

京都の現在のスタンドが造られたのは1980年でありこの時は79年の菊花賞と80年の春の天皇賞は阪神で行われた。

今回の改築は前回よりも期間が長くそこまで工事を行わなくてはならないのかと思われるほどだ。

もっとも日本の工事は納期は守られる。外国ではなかなか納期が守られずフランスのロンシャンは1年の予定が2年掛かってしまったし、競馬場ではないがロンドンのウエンブリーサッカー場は何年たっても出来上がらなかった。

JRAのスタンドの全面的な改築は1990年の中山に始まり全競馬場が新築され最後が京都というわけである。

80年に現スタンドができる前にはそれまでのスタンドとは全く独立して4コーナー寄りにスタンドが造られていた。二層式で上の層が指定席のスタンドでこれを新スタンドと呼んでいた。

現スタンドができた後もしばらくはこのスタンドが残されており旧新スタンドなどと呼んだものである。その後ビッグスワンが追加された。

新スタンドの概要はJRAのHPに載っているが現在のスタンドよりやや小さくなるようだがそれでもかなりの規模だ。

ファンの競馬場来訪は次第に減少しておりこれまでのような大きなスタンドが必要なのだろうか。しかし大レース当日には多くのファンが集まってくる。

その日だけでもファンを収容しなければならない。大きなスタンドはやはり必要というわけである。

また京都の下見所は唯一の円形であり現スタンドになった時もそれは維持されたが、見にくいという批判があったためか他場と同じ長円形になるということだ。

京都の特徴の一つだったがやむをえないということだろう。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆アメリカズカップ
アメリカズカップ5代血統表

◆アーバンキッド
アーバンキッド5代血統表

◆エアスピネル
エアスピネル5代血統表

◆スズカデヴィアス
スズカデヴィアス5代血統表

◆ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ5代血統表

◆ドレッドノータス
ドレッドノータス5代血統表

◆ナイトオブナイツ
ナイトオブナイツ5代血統表

◆ブラックバゴ
ブラックバゴ5代血統表

◆ポポカテペトル
ポポカテペトル5代血統表

◆マイスタイル
マイスタイル5代血統表

◆マイネルファンロン
マイネルファンロン5代血統表

◆メートルダール
メートルダール5代血統表

◆レッドローゼス
レッドローゼス5代血統表



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei








春のG1シリーズが終わった。牡馬クラシックロードの終着点の菊花賞と天皇賞(春)は、ともに京都の「超」長距離戦。「エクステンド」は「外に向けて引っ張る」を語源として、「延長」「拡張」といった訳。距離区分の「エクステンディド」は2701m以上のカテゴリーで、他に阪神大賞典とステイヤーズSがG2・ダイヤモンドSがG3。

国内のダート最長距離重賞は大井の金盃で、距離は二六で行われている。つまりダートには、「エクステンディド」カテゴリーの重賞・リステッドレースはない。一方で芝には重賞が5レースあり、他に万葉Sというオープン特別もある。日本ではJRAの芝オープンにだけ、孤塁を守るようにあるのがエクステンディドのカテゴリーなのだ。

南関東では距離の見直しがいち早く行われて、JRAで言えば菊花賞に当たるクラシック第三冠の東京王冠賞が1996年に二千に短縮された(1995年まで二六)。東京大賞典も1998年に二千に短縮されていて(1997年まで二八)、20世紀のうちに大レースは二千までの距離に改めてられている。

今年の天皇賞(春)は13頭立てでG1馬の出走は優勝したフィエールマンだけ、大阪杯の14頭立てでG1馬8頭という豪華さと較べるとどうしても見劣りする(宝塚記念は12頭立てで6頭)。大阪杯は上位4頭がいずれもG1馬だったように、能力検定レースとしても機能しており将来は種牡馬として馬産に寄与する馬たちが多いことになる。

一方で菊花賞や天皇賞(春)の勝ち馬は、種牡馬として苦難の道を歩むことが多い。テイエムオペラオー・ヒシミラクル・メイショウサムソン・メジロブライトは、競走馬としては超一流だったがGI勝ち馬を1頭も出せなかった。大レースを勝ちながら種牡馬にならなかった馬も、エクステンディドのカテゴリーには多い。

デルタブルース・マイネルキッツ・ジャガーメイル・ビートブラックは、種牡馬として登録されなかった(他ではイングランディーレが国内需要がなかったため韓国で種牡馬入りしている)。大阪杯がG1になり、ドバイ→香港という海外路線も定着した今では、天皇賞(春)は種牡馬選定レースとして機能していない。

それならばメルボルンCのようにハンデ戦にして、「春の祝祭」としての存在意義を模索してはどうだろうか。前出のデルタブルースはメルボルンCを56キロのハンデで勝っているが、ハナ差2着のポップロックは53キロだった。船橋のクイーンCはハンデ戦にして成功だったし、何より海外遠征馬にとっては魅力的な条件変更だろう。

◆竹内康光【馬よ草原に向かって嘶け】
http://bit.ly/17MDXV7

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆アウトライアーズ
アウトライアーズ5代血統表

◆ウインテンダネス
ウインテンダネス5代血統表

◆クリノヤマトノオー
クリノヤマトノオー5代血統表

◆クレッシェンドラヴ
クレッシェンドラヴ5代血統表

◆ゴールドサーベラス
ゴールドサーベラス5代血統表

◆ストロングタイタン
ストロングタイタン5代血統表

◆ソールインパクト
ソールインパクト5代血統表

◆タニノフランケル
タニノフランケル5代血統表

◆ブラックスピネル
ブラックスピネル5代血統表

◆ベルキャニオン
ベルキャニオン5代血統表

◆ミッキースワロー
ミッキースワロー5代血統表

◆ロシュフォール
ロシュフォール5代血統表

◆ロードヴァンドール
ロードヴァンドール5代血統表


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei






◆ニシノストーム6代血統表
ニシノストーム6代血統表

◆ニシノストーム9代クロス解析表
ニシノストーム9代クロス解析表


※2019.06.23.函館・芝1200デビュー
※パワフルな短距離配合
※体型次第でマイル戦もOK


2019/6/23(日)

■ニシノストーム→逃げて4着
 函館5R 2歳新馬
 
 https://race.netkeiba.com/?pid=race&id=p201902010405&mode=result

■6.23.函館2歳新馬戦4着ニシノストームの武藤騎手コメント

「前向きで動じない性格。内枠だったので行ければ行こうと思っていましたし、テンにスピードを見せてくれました。まだ緩い分、ラストは伸びきれませんでしたが、一度使ってそのあたりが良くなってくれればと思います」


2019/7/7(日)

■ニシノストーム→2番人気、4着
 函館1R 2歳未勝利
 
 https://race.netkeiba.com/?pid=race&id=p201902020201&mode=result


ニシノストーム、逃げて4着。
1.まだ太い印象も
2.体高が低い
3.トモの張りが凄い
4.気性は落ち着いている

→ダートの短距離を試してみたい


◆今後の馬券情報の方針

[青木ツイッター]
1.地方競馬→月曜日~木曜日までで2レース程度投稿
2.中央競馬→土日とも1日2~3レース投稿


[会員向け有料情報]
1.地方競馬→お休み
1.土日とも厳選1日1レース(1000円)

全てについてベストを尽くします


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei
[2018.05.09.青木義明]

先日のグリーンチャンネルの「競馬どーも!」で興味ある内容のものがあった。「今週の実況アナ」という実況アナウンサーの紹介である。

JRAの番組であるからラジオNIKKEIのアナウンサーに限られるが、競馬のアナウンサーになった理由などでどんなアナウンサーなのかを付ファンに知ってもらおうという企画だ。

テレビのアナウンサーは顔がテレビに出るが、ラジオNIKKEIのアナウンサーは一部のアナがテレビの競馬中継に出る以外は顔を知ってもらう機会がない。そこでこの企画ができたのだろう。

今回は米田元気アナだった。インタビューの中で思い出の実況は?という質問がある。そこで米田アナが取り上げたのがなんと2018年3月3日の阪神での障害の未勝利戦だった。

普通はG1などの大レースが取り上げられるのでなぜ障害の未勝利かというと、落馬した馬が逆走して馬群と交差するというシーンがあり、そのようなひやっとした展開でどういう喋りができるかを考えさせるレースだったということだった。

そのシーンは番組でも流されたが、スタートからレースをJRAのホームページで見てみた。ホームページで過去のレースの映像を見ることができるとは、今さらながら便利になったものだと思う。

さてこのレース、一週目のスタンド前の障害で問題のイクラトロが落馬した。カラ馬となった馬は馬群と離れ馬場の大外を走っている。

これは騎手が乗っていない馬は障害を飛ばずに障害の外を走る馬がおり、このレースのイクラトロはそこを走ったのである。

向こう正面に入ると襷コースに入るがカラ馬は馬群と一緒に襷には向かわず直進したのである。このため襷を通って順回りに進む馬群に対してカラ馬は逆走することになったのだ。

2コーナーあたりで馬群とカラ馬が交差する様子がビデオに映っており幸い馬群は内埒沿いに、カラ馬は外埒を走っていたため馬が交錯することはなかったが危ないシーンだ。

なお襷に入るところには間違って馬が直進しないように係員がロープを張っている。しかしカラ馬はこのロープで止まることはなく直進してしまった。ロープを持っていた係員はカラ馬を避けたがこれも怖い話だ。

このレースでは他にも2頭が落馬したが、1頭がダートコースのゴール前100メートルあたりで外埒あたりを歩いているのだ。どこからダートコースに入って来たのか。

また障害コースにいたイクラトロはゴール過ぎの所で外埒を破ってダートコースに出てきてしまったのである。

いずれも馬同士の接触はなかったがこのレースはいろいろとかなり危なかったレースだったのである。

私は騎手が落馬してカラ馬になると他の馬との接触が起こらないか心配になる。

というのももう40年以上前のことだが、東京競馬場の障害レースで、直線でカラ馬との正面衝突を見たことがあるのだ。

騎手はゴール前でありまさか正面から馬が来るとは思わないから懸命に追っている。そこでの正面衝突だ。全くたまったものではないのである。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

↑このページのトップヘ