◆キョウヘイ 5代血統表
キョウヘイ


◆キョウヘイ9代クロス解析表
キョウヘイ9


◆トラスト 5代血統表
トラスト


◆トラスト9代9代クロス解析表
トラスト9



キョウヘイとトラストは共にサンデーサイレンス3×3の配合馬◆青木義明の競馬一直線(メルマガ再録)

小生の配合馬キョウヘイ(牡2歳、父リーチザクラウン、母ショウナンアネーロ、母の父ダンスインザダーク)は先週の小倉2歳Sで惜しくも4着。スタートしてハミ受けが悪く後方からの競馬となり、また直線でも前が開かずに大外に出して追い込んだものの2着馬に半馬身、3着馬にクビ差で敗れた。単勝10.0倍の5番人気だったからこの程度のものとも言えようが、配合した立場で言えばこの馬は1400前後ならば重賞級の能力を秘めている。精神的にまだ子供なので成長が楽しみだ。

参考までにブログに掲載した5代血統表からも分かるように、キョウヘイはサンデーサイレンス3×3という強いインブリード(近親交配)を持つ。さらにヘイルトゥリーズン4本の継続クロスに、ニジンスキー5×4のクロスが5代内に存在する。加えて、母のショウナンアネーロにはグロースターク=ヒズマジェスティのリボー系の同血馬クロス5×4があり、これが底力を付与する。

なお、サンデーサイレンス3×3と言えば土曜日の札幌2歳Sを逃げ切ったトラスト(牡2歳、父スクリーンヒーロー、母グローりサンディ、母の父エイシンサンディ)も同じである。ヘイルトゥリーズンの継続も同じ。ただし、ノーザンダンサーの3本継続クロスがニジンスキーのキョウヘイとは異なる。

ただ、こちらは芝1800を逃げて勝った。しかし、気性的にはトラストもまだ若く、返し馬でも相当折り合いを欠いていた。それゆえに逃げの手に出た奇襲作戦(陣営はそれを要望していた様子)だが、キョウヘイ同様に今後の成長が待たれる。しかし、オーナーの岡田繁幸さんが日本ダービーを狙うと語るのは自由だが、かなりの確率で不可能に近いと判断している。

この馬の5代血統表もブログをご参照ください。そして、違いを点検してみるとおもしろいと思います。


(2016.09.08)


◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

------------

◆熱血解析2017 のプロモーション動画(YouTube)
https://youtu.be/zFoulXQJsj8