◆Gun Runner 6代血統表
Gun Runner 6代血統表

◆Gun Runner 9代クロス解析表
Gun Runner 9代クロス解析表


・11月4日の米国ブリーダーズカップ・クラシック(ダート10ハロン)をガンランナー Gun Runner が逃げて快勝してくれた。

・ガンランナーはとてもよくできた配合馬で、特にクロスする質のバランスのいい「5代多重クロス馬」だ。3月のドバイワールドCでアロゲート Arrogate の2着に敗れたが、今回は5着に退けた。

・配合的にはガンランナーの方がアロゲートより好みである。来春から米国ケンタッキー州のスリーチムニーズファームで種牡馬入りするとのことだが、かなり高い確率で成功するはずだ。

・その場合、母の父の Giant's Causeway に内包される Rahy、Roberto、Secretariat などを生かすこと、そして父系にプールされている5本の Tourbillon クロスをいかに継続するか、この辺がカギとなることだろう。また、産駒は必ずしもダート馬オンリーではない。

(2017.11.14.青木義明)