2014年のダービー馬・ワンアンドオンリー(牡6、栗東・橋口慎介厩舎)が現役を引退することがわかった。通算成績は33戦4勝で、重賞勝利は2013年のラジオNIKKEI杯(GIII)、2014年の日本ダービー(GI)と神戸新聞杯(GII)の3勝。26日のジャパンCでの16着が最後のレースとなった。

ワンアンドオンリーは、父ハーツクライ、母ヴァーチュ、その父タイキシャトルという血統。日本ダービーでは横山典弘騎手とのコンビで橋口弘次郎調教師(当時)に悲願のダービー制覇をプレゼントした。

今後は北海道ひだか町のアロースタッドで種牡馬生活を送る予定。

◆ワンアンドオンリー6代血統表
ワンアンドオンリー6代血統表

◆ワンアンドオンリー9代クロス解析表
ワンアンドオンリー9代クロス解析表


・ハーツクライ産駒の十分条件はほぼ備えている
・Halo→Hail to Reason
・War Admial
・Northern Dancer

・しかし、母系に Ribot がないのは残念
・相手にはそうした牝馬を探したい(例えば、タニノギムレット牝馬)
・あとは Lyphard か Nijinsky のクロス狙い(アグネスデジタル牝馬だと Ribot と Danzig の同時クロスになるがうまくはまれば)
・Tourbillon も生かしたい


(2017.11.28.青木義明)