◆クロスケ6代血統表
クロスケ6代血統表

◆クロスケ7代血統表
クロスケ7代血統表

◆クロスケ9代クロス解析表
クロスケ9代クロス解析表


・西山牧場の配合診断でも採用してきたキャプテントゥーレの産駒が重賞制覇とは嬉しい限りだ
・母系にノーザンダンサーがなくても勝てるのは何とも素晴らしい
・9代クロスの出現パターンは量的(83種類)に合格点が与えられるし、加えて異系クロスのプールが父母それぞれに存在してタフさを付与する

(2018.08.15.青木義明)

----------


【大井・黒潮盃】クロスケがゴール寸前で差し切り重賞初V/地方競馬レース結果



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 15日、大井競馬場で行われた第52回黒潮盃(3歳・ダ1800m・1着賞金1800万円)は、中団でレースを進めた笹川翼騎手騎乗の2番人気クロスケ(牡3、大井・柏木一夫厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして、好位追走から一旦は抜け出した1番人気クリスタルシルバー(牡3、大井・村上頼章厩舎)をゴール寸前で捕らえ、これにアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分54秒4(良)。

 さらに8馬身差の3着に6番人気ミスマンマミーア(牝3、船橋・佐藤賢二厩舎)が入った。なお、3番人気デイジーカーニバル(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)は11着に終わった。

 勝ったクロスケは、父キャプテントゥーレ、母フェニックスワン、その父ブライアンズタイムという血統で、これが重賞初制覇。