【その母が「2×4」のクロスを持つ名種牡馬】

・テスコボーイ(Gainsborough 2×4)
テスコボーイ5代血統表

・トニービン(Hyperion 2×4)
トニービン5代血統表

・ゴールドアリュール(Northern Dancer 2×4)
ゴールドアリュール5代血統表

・A.P.Indy(Somethingroyal 2×4)
A.P.Indy5代血統表

・Cozzene(Princequillo 2×4)
Cozzene5代血統表


名種牡馬の一つの配合的パターンに「2×4」のクロスを持つ母の存在◆青木義明の競馬一直線



サラブレッドの基本は「配合」であることは30年以上も前から一貫して主張してきたことだ。その観点で手書きからスタートして新馬戦勝ち馬などの「5代血統表」を作成し、「血統表文化」を広めるため「週刊競馬通信」として世に出版してきた。やがてパソコン時代を迎え「熱血解析ソフト」も開発した。

サラブレッドの「配合」は一言では言い表せない。

しかし、近親交配(クロス)の視点は大切で、それが「2×2」のように強すぎず、あるいは5代アウトクロスばかりを続けないで「強めたり、弱めたり」が一つの方向性であり、サジ加減だ。



また「クロス」には「質」と「量」の観点も必要だ。同じ質ばかりを集めると体質や気性に悪影響が出やすい。だから、5代血統表の中に、例えばリファールだのダンジグだのニジンスキーだのと言う具合に「ノーザンダンサー」系の血を凝縮するのは否定的だ。他の血脈とのバランスをとらないと体質も競走能力も高まらない。


また、時代が違えばクロスする「質」も異なる。最近ではサンデーサイレンスのクロスも見かけるが、これが20年前なら不可能だ。しかし、例えばノーザンダンサーとかプリンスキロとかネイティヴダンサーのクロスは可能だった。時代と共に「質」は推移する。

そうすると「質」とは別に「3×4(血量18.75%)」とか「4×4(血量12.5%)」のように「量」がポイントになってくる。昔から「3×4」には走る馬が多かった。最近でもオルフェ―ヴル、ブエナビスタなど枚挙に暇ない。



さて、配合論的な一つの事実として「2×4(血量31.25%)」の繁殖牝馬の息子に割合と「名種牡馬」が見受けられる、ということがある。(但し、それが全てではなく、様々なパターンの名種牡馬存在している。要は相手牝馬との配合次第だ)


下記に思いつくままに記してみるが、これらはそれぞれ時代が違うからクロスする「質」は異なるが「量」は変わらない。配合論の一つの要諦としてクロスする血脈の「質と量」に思いをいたさなければならない。そのためには9代クロス解析表はすこぶる有効である。これなしに精緻な配合論は語れないし、強い馬は作れない。


【その母が「2×4」のクロスを持つ名種牡馬】

・テスコボーイ(Gainsborough 2×4)
・トニービン(Hyperion 2×4)
・ゴールドアリュール(Northern Dancer 2×4)
・A.P.Indy(Somethingroyal 2×4)
・Cozzene(Princequillo 2×4)



しっかり探せばもっといると思う。ちなみに、ノーザンテーストは Lady Angela 3×2で、ディープインパクトは5代アウトクロスだ。どの血脈をクロスするか、逆にクロスしないか、配合論は一筋縄にはいかないが、成功している生産者や馬主はここを避けて通ることはしていない。

勝負の世界では、強い馬を作らなければ名誉も金も得られないのである。勝負に勝ちたければ配合論を大きな武器に据えなければならない。小生は天皇賞馬や東京ダービー馬などを作ってきたが、機会があればさらに挑戦したい。
→配合診断を承っています。



【送金口座】

◆三菱UFJ銀行
川崎支店
(普)0865220
アオキヨシアキ

※お振込み後、下記3点をメール連絡してください。

1.ID番号
2.お名前(会員登録のお名前)
3.金額

◇メール:support@ktsn.jp


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


◆お問い合わせ先
電話番号:03-3735-4430
メールアドレス:support@ktsn.jp