(関連記事)

ディープインパクトの配合的ポイントを探る
http://keibatsushin.blog.jp/archives/28023062.html


青木ツイッター
https://twitter.com/aokiyoshiaki



◆グランアレグリア6代血統表
グランアレグリア6代血統表

◆グランアレグリア9代クロス解析表
グランアレグリア9代クロス解析表


・5代血統表を見る限り、その母にMr.Prospector 5・5のクロスがあるだけで、グランアレグリアには直接のクロスはない。
・しかし、その母タピッツフライにはNorthern Dacer 5×5のクロスがあることが分かり、
・さらに9代クロス解析表をチェックすると、この母はNorthern Dancer →Nijinsky へとクロス世代が前進しているとことが分かり、これは評価に値する。
・また、この母はBuckpasser やCount Fleet らの良質な米国血脈のクロスを内包していることもわかる
・総じて、この母はパワフルでダートや重馬場にも高い適性を示す血脈構造。
・その点で、柔軟なディープインパクトを相手にしたのは大局的には賛成できる。

・しかし、グランアレグリア自身の9代クロス解析をチェックすると、Lyphard のクロスが施されていないこと、
・あるいはクロスの「量的」な側面でも標準パターンに比べて「活力が乏しい印象」はぬぐえない。
・グランアレグリアは、その母の持てる能力で現段階までの成績をマークし得ているといえよう。
・この母は、本来なら別な種牡馬の方がより優れた産駒を輩出する可能性が高い。

・したがってクラシック級の能力があるかに懸念が残る。
・ただ、時計のかかる阪神コースは彼女にとってはベストに近い舞台だ。天候にも要注意。

2019.01.28
青木義明

◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei