◆ダノンチェイサー6代血統表
ダノンチェイサー6代血統表

◆ダノンチェイサー9代クロス解析表
ダノンチェイサー9代クロス解析表

◆その母サミター6代血統表
サミター6代血統表

◆その母サミターの9代クロス解析表
サミター9代クロス解析表


・芝1800のきさらぎ賞を3番人気で制したが、スローな流れと見ての決め手とパワーを重視しして◎だった
・父ディープインパクトの母の父Alzaoが「Northern Dacer系×Sir Ivor」で、
・他方、母サミターの3代父Green Desertも同じ血統構成に一つの配合ポイントがある
・Princequilloも4本継続して粘着力には役立つ
・こういう配合のディープインパクト産駒は散見される
・また、ダノンチェイサーの9代クロスの数値的なモノもまんざらではない

・しかし、距離がもたない問題は、その母系の血統と配合に原因がある
・まず、母の父が気難しいロックオブジブラルタル
・母がマイラー血脈Danzig 3×4のクロス馬
・そして、肝心なのは母の9代クロス解析の内容
・ここが大切な点で、総体的にクロス量も少なく、質的にも66種類しかない
・このパターンは「一瞬の脚」「使える脚が短い」となりがちだ

・それゆえに「5代アウトクロス」のディープインパクトを配合相手に選んだとすれば、それは正解。
・母の持つWar Admial 3本クロスが「異系」の効果に役立つし、
・皐月賞で期待するとなればスローペース、あるいはコーナー4回への器用な適応力だろう
・また、体型は決して胴伸びのないマイ―ラーのそれではない
・それでも、2000では、青木は◎にしないだろう
・この母には、いかにディープインパクトと言えども、マイラー寄りは避けられない

2019.02.05
青木義明

------------------------------


[青木義明の有料情報]

・馬単(04-01)107.9倍的中

2019.02.03.日曜日

京都11R/きさらぎ賞

馬単・フォーメーション
03.04.06.
01.03.04.06.07
12点×1000円

◎04ダノンチェイサー
〇06ランスオブプラーナ
▲03ヴァンドギャルド

総体的に見てレベルはあまり高くない印象。ディープインパクト産駒でLyphardのクロスを持った馬がいない。展開面から06の出方がカギを握るか。母の父マンハッタンカフェとケープブランコの父Galileoの母系からドイツ血脈の脈絡を得る点で粘り強く、穴に注目。また、ドイツ血脈では03の母系も潤沢で、パワーを要する馬場にも向いている。スローの流れなら04も距離はこなせるし、パワーもある。基本線は04.06.03の三つ巴。

[結果]
1着04ダノンチェイサー(単勝5.4倍、3人気)
2着01タガノディアマンテ(単勝35倍、6人気)
3着06ランスオブプラーナ(単勝41倍、7人気)
4着03ヴァンドギャルド(単勝2.0倍、1人気)

・馬単(04-01)107.9倍的中
・3連複(01-04-06)236.7倍(参考)
・3連単(04-01-06)1419.6倍(参考)

※青木としては会心の予想だった。
※3連単で提供できたらさらによかったけれど、最近は使ってない。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

血統表ソフト「熱血2019」
http://ktsn.jp/kensei