馬券の買い方は、単純化するなら「1頭当てるか、2頭当てるか、3頭当てるか」の3種類。頭数が増えるほどに配当は上がるが、「儲かるか」と言われればそれはまた別の話。目数と配当を見て買い方をチョイスするのだが、馬券の基本は「1頭当てる」単勝と複勝。控除率も低いし、確率論的には一番儲かる買い方。これがワン。

単勝130円とか複勝110円という馬券は10万円単位で買える人にはそれでも魅力的だけれど、ゼロが2つ少ない私どもにはちょっと買いづらい配当。こういう時は「2頭当てる」馬券を、馬単などと欲張らずワイドを厚めに馬複を薄くそれぞれを1点買い。相手を1頭に絞って、目数を減らすことで単複の感覚で買う。これがツー。

「3頭当てる」馬券は滅多に買わないが、実際の売り上げシェアはかなりのもの。青木さんと始めた「イードリーム」では、大レースだけ三連単で予想している(それ以外は全て単複で書かせてもらっている)。予想が下手と言われればそれまでだけれど、「三連単でなければ大当たりだったのに…」ということが多い。これがスリー。

今年のオークスはまさにそれで、◎ラヴズオンリーユー○カレンブーケドールの2頭軸で、3着クロノジェネシスを無印にして★ウィクトーリアが4着。1着の単勝400円、2着の複勝1400円、馬複25140円、1着2着のワイド6430円。ひと昔前なら競馬新聞の上余白に見出しになるくらい、会心の予想だったのだけど。

「3頭当てる」馬券を買うにしても、儲けを重視するなら三連複。2頭軸相手5頭なら、三連複は5点だが三連単は30点。6倍の配当がないと三連単の方が儲かるとは言えないのだが、上半期JRAの大レースで6倍以上ついたのは12レース中大阪杯・オークス・ダービー・安田記念の4つだけ。大波乱の高松宮記念でも6倍は超えなかった。

三連単で目数を絞るなら頭固定しかなく、相手5頭で20点・6頭なら30点買い。三連複軸1頭ならそれぞれ10点・15点となり、2倍つけば三連単の方が儲かる計算。これならどうにか勝負になり、前出12レース中で1番人気が勝ったレース全てで2倍を超えている。ただしハナ差でも負ければ馬券はパーになるわけで、的中率は下がる。

秋の大レースが始まっているが、馬券の買い方ひとつで収支も大きく変わってくる。個人的には単複とワイドを中心にコツコツと買っていこうと思うが、堅いと見たレースでは三連複軸1頭で相手4頭まで絞って6点買いを試すつもり。本業の南関東ではかなり収支が良く、おススメしたい買い方。

鎌倉記念では◎★▲で三連複9450円・三連単25000円、軸1頭マルチ相手4頭なら三連複は6点、三連単は36点だからコスパは圧倒的に三連複。その前日の小町特別では◎○△で三連複は23250円、三連単は68260円だった。この作戦で秋のG1も予想しているので、高配当をお届けしたいもの。


◆竹内康光【馬よ草原に向かって嘶け】
http://bit.ly/17MDXV7

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp