先日行われた小倉大賞典、発表された特別登録を見た時ヴェロックスが含まれていたのには驚かされた。

このレースはハンデ戦だ。ヴェロックスは重賞未勝利だが皐月賞で2着、ダービーと菊花賞は3着という断然の実績を誇る実力馬だ。

このような馬は通常はG3のハンデ戦になど出走することはない。ハンデがいったい何キロになるか興味深かったがハンデキャッパーは困ったのではないだろうか。

結局ヴェロックスは57キロが与えられた。弥生賞勝ちがあるカデナも同じく57キロだがカデナは6歳馬であり定量はこの距離では57キロで定量からの増減は無しである。

ヴェロックスは4歳馬で定量は56キロだから定量より1キロ重く実質的はトップハンデということになる。

4歳馬は他にエネラルファイトとランスオブプラーナが出走しいずれも重賞を勝っておりエネラルファイトはスプリングステークス勝ちで56キロ、ランスオブプラナは毎日杯を勝っており55キロだった。

ハンデキャッパーの苦労が分かるように思えるハンデだ。

しかしヴェロックスはなぜ小倉大賞典に出走したのだろうか。翌週にはG2の中山記念がある。

ここならG1、G2を勝っていないヴェロックスは55キロで出ることができる。斤量的にははるかに有利であるにも関わらずにだ。

だがそれは中山記念の登録を見ると理解できる。

インディチャンプ、ウインブライト、ラッキーライラック、ソウルスターリング、ペルシアンナイトとG1馬がずらりと並びダノンキングリーまでいる。

小倉大賞典よりはるかに強力だ。このようなメンバーになることは小倉大賞典の登録時にはわかっていただろうから、相手の弱いレースを選んだヴェロックス陣営の方針はさすがだと思えた。

ところが当然の断然の1番人気になったが9着と大敗してしまったのは驚きだった。

ところで小倉大賞典には他にもおやと思わせるハンデがあった。レイホーロマンスである。前走は愛知杯で52キロで出走し0.1秒差の3着と好走した。

これなら据え置きの52キロかと思わせたが51キロとキロ少なくなっている。

これは愛知杯が牝馬限定戦のためと思われ牡馬との混合戦では牝馬は考慮されているということのようだ。

しかしもともと牝馬は2キロのアロウアンスをもらっているのでおかしいようにも思える。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp