日刊スポーツ
http://p.nikkansports.com/



フランス競馬を統括するフランス・ギャロは16日、コロナウイルス感染拡大防止のために、4月15日まで競馬開催を中止することを発表した。今月3日にはシャンティイ競馬場での開催を無観客で行うことを発表していたが、同国内の全てのレースが17日から取りやめとなる。


フランス・ギャロのエドゥアール・ド・ロスチャイルド会長と、ルトロ(フランス速歩競走協会)のジャン・ピエール・バルジョン会長は「私たちの最優先事項は業界全ての関係者の健康と、法令順守だ。何よりも、コロナウイルスの世界的流行からそれらを保護したい。この決定により、フランスの競馬産業は国民に対する責任も示している」と声明を出した。