以前に東京の渋谷にファンサービスのためのJRAの情報施設があったことを覚えていられるだろうか。

私は何度も行ったことがあるがなんという名称の施設だったか、またいつ頃開いていたのかを忘れてしまっていた。

ところが今週のグリーンチャンネルの「ケイバどーも!」で知ることができた。

これまではこの番組の出演者3人に聞いていた思い出のG1レースを今回からグリーンチャンネルのキャスターに聞くことになったのだ。

今回はレース中継の土曜日の午後の担当の岡部玲子さんだった。

岡部さんは当時全く競馬の知識がなく武豊(57)とあるのを57歳と思ったそうでめっちゃ若く見える~といったと笑っていた。

これは鈴木淑子さんがやはり競馬に入った当時やはり競馬を知らなくて2F、3Fをハロンとは知らず2階、3階とは何ですかと聞いたという話を思い出したものである。

さて岡部さんはG1の場合は過去10年でどんな馬が来たのかと調べたそうだが、さらに過去のレースを見るためにエクウスに通ったことを話してくれた。

そこで画面にその施設の名称と開設していた期間が表示されたのである。「プラザエクウス渋谷」、期間は1992年~2008年。

場所は東急百貨店本店の近くだったと思うがビルの2フロアーを占拠していた。1992年といえば馬券の売り上げが絶好調の時期でファンサービスの施設を新規に作る十分の余裕があったのだろう。

新橋には広報コーナーがあったが設備は古くなっておりそれなら新しいものを作ろうということになったと思われる。

ところが馬券の売り上げが低下して1フロアーだけになってしまった。それでも維持するのが困難になったのか広報コーナーを改修して「Gate J.」とし、内容を移転したのである。

ところで岡部さんの話は大変に面白かった。さすがはキャスターだと思わせてくれた。次回からも各キャスターの面白い話を聞けると思うと楽しみである。

岡部さんはキャスターとして18年になるそうだ。さすがのキャリアである。競馬関係のテレビ番組はいろいろとありほとんどは女性のキャスターやアシスタントが付いている。

初めての人は競馬は全く知りません、とそれを売り物にしているかのようだ。実際そうなのだろう。

それでも周囲のベテランに教えられて知識が付いていくようだが2~3年で交代してしまう。「ケイバどーも!」も同様である。

中には岡部さんのように専門家になる人もいるがその数は少ないようだ。もったいないと思うのだがどうだろうか。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp