◆ビワハヤヒデ6代血統表
ビワハヤヒデ6代血統表



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 21日、1993年の菊花賞(GI)などGI・3勝のビワハヤヒデが老衰のため、けい養先の日西牧場(北海道日高町)で死亡したことがわかった。30歳だった。

 ビワハヤヒデは父シャルード、母パシフィカス、その父Northern Dancer。半弟に三冠馬ナリタブライアン、ラジオたんぱ賞(GIII)覇者ビワタケヒデがいる血統。

 現役時代は栗東の浜田光正厩舎に所属。1993年の若葉S(OP)から岡部幸雄騎手とコンビを組み、クラシック戦線ではナリタタイシン、ウイニングチケットとともに“3強”とうたわれる。

 皐月賞(GI)は武豊騎手騎乗ナリタタイシン、日本ダービー(GI)は柴田政人騎手騎乗ウイニングチケットの2着。そしてクラシック最終戦の菊花賞では2着ステージチャンプに5馬身差、レコードタイムでの圧勝で、GI初勝利を収めた。

 同年の最終戦となった有馬記念は“奇跡の復活”を果たしたトウカイテイオーの2着。翌1994年は京都記念(GII)、天皇賞・春(GI)、宝塚記念(GI)、オールカマー(GIII)と4連勝の快進撃を見せる。ことに宝塚記念は2着アイルトンシンボリに5馬身差、レコードタイムの圧勝だった。

 しかし同年の天皇賞・秋(GI)は生涯で初めて、そして唯一連対を外す5着に敗戦。レース後に屈腱炎が判明し、その翌週に三冠を達成したナリタブライアンとの兄弟対決が叶わぬまま、現役引退を余儀なくされた。

 通算成績は16戦10勝(うち重賞7勝)。獲得賞金は8億9767万5000円。1993年のJRA賞年度代表馬・最優秀4歳牡馬。1994年のJRA賞最優秀5歳以上牡馬。

 現役引退後は種牡馬入り。産駒は2001年日経新春杯(GII)2着のサンエムエックス、2004年阪神スプリングジャンプ(J・GII)2着のシアトルリーダーなどがいる。種付けを行ったのは2002年が最後で、2005年をもって種牡馬を引退。日西牧場で余生を過ごしていた。

※JRA賞の馬齢表記は当時に基づく。