netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



JRAは6日、「2020年度JRA賞」の各部門受賞馬を発表した。

【最優秀3歳牝馬】

史上初の無敗3冠牝馬デアリングタクト(杉山晴)が満票で受賞した。桜花賞は雨の重馬場をものともせずに差し切り。オークスは4角後方から直線で前が詰まっても、瞬時に内に切り込み先行馬をとらえた。秋華賞は中団から3~4角で上昇、素晴らしい伸びで勝ち切った。続くジャパンCはアーモンドアイ、コントレイルの後塵(こうじん)を拝したが、0秒2差の3着と好勝負を演じた。

杉山晴師は「馬におめでとうと言いたいです。デアリングに関わった全ての人に栄誉ある賞ですし、調教師冥利(みょうり)に尽きます。さらに強いデアリングを見せられるように、やっていきたい」と語った。今年初戦の金鯱賞(G2、芝2000メートル、3月14日=中京)に向け、2月中旬に厩舎に戻る予定。