先日の東北地方の地震で福島競馬場にダメージがあり馬券の発売ができなくなった。競馬好きが多い福島のファンはがっかりだろう。

そればかりではなくなんと春の福島開催がキャンセルされ新潟で行われることになってしまった。

これにより新潟は連続7週間で16日行われることになる。心配なのは芝の痛みだ。

新潟は関東の夏開催のメインコースであり良い芝が求められる。

特に小倉での芝の悪化が目立った障害レースは心配だと思っていたらJRAは福島で行われる予定だった障害レースは中山、東京、阪神に移すことになった。

1回福島には4週間で障害レースが11レース、1回新潟には8レースがある。合わせて19レースも行ったら、小倉と違い障害専用コースがない新潟では平地のコースで障害を行うことになる。

さすがにJRAも開催競馬場を変更することにしたということだろう。

中山に3レース、東京に3レース、阪神には5レースを移すことになった。

その分3歳未勝利が削減される。また細かい番組は発表されていないがおそらく新潟に未勝利を追加するのだろう。

さらに福島競馬場の被害がどの程度なものかはわからないが夏開催は大丈夫だろうか。

もし夏の福島も行えないとなると新潟で行うのだろうか。それでは新潟が多すぎるようだ。それとも東京だろうか。

JRAも困ってしまうだろう。





沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp