グリーンチャンネルで競馬イントロドンという番組が放映された。なかなか面白い番組でさらに再放映されることだろう。

私は本来のイントロドンは見たことがないので競馬に関してのイントロドンが初めてという事になる。

競馬に関する問題を3人の回答者の誰が最も早く答えるかというものだ。

問題はレースのビデオを見せてなんというレースで勝馬の名前は?というものだ。

司会はラジオNIKKEIの小塚歩アナウンサー、回答者は競馬ファンで知られるナイツの土屋伸之氏、競馬ジャーナルから津田麻莉奈氏と坂田博昭氏の三人である。

レース名と勝ち馬を当てるにしてもビデオだけではなく、映像無しで4コーナーからの実況だけでというもの、映像だけで実況が無いというもの、ノンセクションとして例えばこのファンファーレはどこのものか、JRAのCM局のタイトルはという問題もあった。

さて私が困るのはこれらの問題でかなりの部分がわからなかったことである。最近のレースが多いからわかりそうなものだといわれそうだが、実は近年のレースだから分からないのである。

この競馬イントロドンは2回目という事で1回目は2年目に放映されたそうだがその時は私は見ていない。

その時の優勝者は兵庫の石堂響騎手だったということだ。当時20歳である。

それを聞くと納得する。私でも若い時はこのような問題はかなりわかったはずである。

昔は競馬仲間といろいろなクイズを出し合った。レースビデオなどは全くなかったから、クイズといえば例えば競馬雑誌の表紙に載せられている馬は何かといったものだ。

現在ならゼッケンに馬名が記されているからこのような問題は意味がなさそうだ。

しかし当時はゼッケンは馬番だけだ。そこで服色とレースの雰囲気で馬名を当てることになる。

それでもかなりわかったものだった。しかし今ではアナウンス付きのビデオを見てもなかなかレースが分からないのである。

これは私の年齢のこともあり、年齢だけではなく競馬に対する情熱が下がってしまったという事かもしれない。

確かに私が若いころのような競馬に対する熱意は今では望むべきもない。

まあ仕方がないというべきことだろう。



沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp