先日の競馬週刊誌のギャロップに面白いコラムが掲載されていた。

フランスでは騎乗停止中の騎手が騎乗停止期間のなかでも、希望する日に特別に騎乗できるという制度があるということだ。

これはジョーカーという名称が付けられており騎手は1年間に1回だけ使うことができる。

当然有力騎手なら主要レースにこれを使うだろう。出馬表にはジョーカーであることが記載されるから馬券を買うファンはそれがわかる。

ファンにとっては有力な情報ということだ。

日本ではこのような制度は無く、逆にかつて日本では騎乗停止については全く逆であったことが思い出された。

以前はあるレースで騎乗停止処分が出されるとその次のレースから騎乗できなかった。

いわば落馬による負傷での乗り替わりと騎乗停止は同様に扱われていたということになる。

騎手は調教師に所属しておりその厩舎の馬に騎乗することが原則だった。現在のように騎手はほとんどがフリーで人気騎手に騎乗が集中するわけではなかった。

唯一実質フリーといえたのは福永洋一騎手だけであり、私が初めて関西に遠征したときに専門紙に「今日の洋一」という欄がありその日に福永騎手が騎乗する馬が記されている欄があり驚いたものだった。

当時はレースにおける騎手の比重が現代ほど高くはなかったということだろうか。

ファンも騎乗停止になってしまったのだから仕方ないと考えていたのだろうか。

しかし前売りなどで馬券を買った時とレースで騎手が変わってしまうのはまずいという事で騎乗停止期間は現在のように変わっていったのである。





沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp