カテゴリ: 最近の活躍馬

オジュウチョウサン◆沢田準の競馬を楽しく

開成山特別に出走したオジュウチョウサンは大変な人気を集めたようだ。この日の入場人員は1万4200人、前の週の7200人を大きく超えた。

そして単勝は200円。新聞等では◎が集中していたわけではないから完全な人気先行というわけだ。予想する上でのこの馬の取り扱いには専門家は困っただろう。

ある記者が「卑怯極まりない▲」と書いていたのには笑ってしまった。

この馬がここに出てきたのは、伝えられているとおり平地未勝利であり、4歳以上の未勝利馬は主要4場の平地レースには出走できないという制限があるため福島まで待ったためだ。

単に平地で勝利を得たいというだけではない。障害で頂点を極めたオジュウチョウサンには平地の大レースに挑戦させたい、それも最終目標は有馬記念ということなのである。

オジュウチョウサンが有馬記念を目指すということにはかなりの違和感を持つ向きは多いだろう。もちろんどれだけ勝負になるか、難しいことは間違いがない。

しかしオーナーにとってこれは究極の夢だ。自分の馬にどのレースを狙わせるかはオーナーの特権である。

それもただの馬ではない。障害では敵が全くいなくなったオジュウチョウサンだ。平地でもトップを目指すのはむしろ当然ともいえる。

オジュウチョウサンは今後障害レースには出走しないということも言われている。それもある意味では当然だ。もはや障害レースの歴史的名馬になっている。

これ以上勝っても賞金は稼げるがそれだけだ。馬の価値はこれ以上上がるわけではないのである。

新しい価値を得るにはどのような方法があるだろうか。一つは外国の障害レースがある。しかし日本と外国では障害の種類や大きさが異なり、日本の障害馬が即通用するかは疑問だ。

また賞金は日本と比較してはるかに低い。外国のレースに出走するのはメリットが無いのである。

またオジュウチョウサンには種牡馬という道はなさそうだ。オーナーが個人として持つことはあっても種牡馬として成功するのは難しそうだ。

それならば平地でというのは理解できる方向だ。もちろんすぐに有馬記念というわけではなく距離の長いレースを経験してからだろう。

ところで騎手だ。今回は石神深一騎手が故障中ということもあり武豊騎手が乗ったが、オジュウチョウサンをここまでにしたのは石神騎手であり、ぜひ石神騎手を起用してもらいたいと思うのである。

◆オジュウチョウサン6代血統表
オジュウチョウサン6

◆オジュウチョウサン7代血統表
オジュウチョウサン7

◆オジュウチョウサン9代クロス解析
オジュウチョウサン9

◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

2018日本ダービーの2着馬~5着馬の5代血統表

2着エポカドーロの5代血統表
エポカドーロ5代

3着コズミックフォースの5代血統表
コズミックフォース5代

4着エタリオウの5代血統表
エタリオウ5代

5着ブラストワンピースの5代血統表
ブラストワンピース5代


ワグネリアンの6代血統表&7代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/24165067.html

◆ワグネリアン6代血統表
ワグネリアン6代血統表

◆ワグネリアン7代血統表
ワグネリアン7代血統表

◆ワグネリアン9代クロス解析表
ワグネリアン9代クロス解析表


・5代アウトクロスで距離はもつ。
・母系の異系血脈のクロスが効果的。
・この馬の全弟をペーパーで指名してあるが、
残り12頭のディープインパンクト産駒にもっと高い評価馬がいるはず。
・今年の3歳世代にはあまり魅力的な配合馬がいなかったという総括。

(2018.05.27.青木義明)


◆アーモンドアイ6代血統表
アーモンドアイ6代血統表

◆アーモンドアイ7代血統表
アーモンドアイ7

◆アーモンドアイ9代クロス解析表
アーモンドアイ9代クロス解析表


・一般的に「5×3」のクロスは決め手がある一方で、距離延びてその持ち味が出るかどうか。オークスは少し疑問。

(2018.04.12.青木義明)

・メール騎手の好騎乗でオークスも突き抜けてしまった。

(2018.05.21青木義明)

◆グレイル6代血統表
グレイル6代血統表

◆グレイル7代血統表
グレイル7代血統表

◆グレイル9代クロス解析表
グレイル9代クロス解析表


・青木の選んだ30頭のPОG推奨馬の1頭だった
・峠を過ぎた感のあるハーツクライ産駒に目を付けたこと
・その配合ポイントの要諦をきちんと踏まえているが故の着目だった

・すなわち、
・Busanda-War Admiral のクロス
・Hail to Reason のクロス
・Northern Dancer のクロス
・Ribot の疑似クロス
・Almahmoud→Natalma へのクロスの前進
・加えて、9代クロスの量的出現パターンも良好

・これで走る配合的素地は十分だから、あとは馬体次第となるとの見立てだった

・2戦2勝。今後にも注目したいが、母父ロックオブジブラルタルの効用が大きく、
祖母が Nasrullah 主体のやや淡泊な血統構成なのでG1での◎は、少しためらう。
それでも、どちらかといえば小回りの軽いレースなら Fair Trial 継続クロスで好位から差し込めるシーンもあるか。



[2017.11.28.青木義明]


・皐月賞のレース内容からすれば、もう少し高い評価を下しうるとの印象を受けた。
・ダービーは相手と馬場次第で上位も可能。

[2018.05.08.青木義明]




◆レインボーライン6代血統表
レインボーライン6代血統表

◆レインボーライン7代血統表
レインボーライン7代血統表

◆レインボーライン9代クロス解析表
レインボーライン9代クロス解析表


◆Vice Regent≒ノーザンテースト
Vice Regent≒ノーザンテースト


・配合の肝はこの「疑似クロス」内包の母系にある。
・そしてレインボーラインはノーザンテーストのクロスへと世代を前進。(ほぼ3本継続)
・オルフェーヴルはノーザンテースト4×3だった。さらに、Tourbillon も両者の共通血脈。
・4歳の秋を迎えて精神的にも肉体的にも成長して3着だったが、5歳春でさらにまた馬体に厚みが出てきた。成長力に富む Hyperion 継続クロスのバックボーンの効用か。

◆Winx 6代血統表
Winx6代血統表

◆Winx 7代血統表
Winx7代血統表

◆Winx 9代クロス解析表
Winx 9代クロス解析表


・多彩な欧州血脈のクロスが魅力的
・むろん、Native Dancer、 Hail to Reason などの米血クロスも
・父には Northern Dancer がないが母にはクロスされていて Almahmoud-Natalma のクロスはセオリー。
・それを創出させる父系ラインの今日的有効性(とりわけ芝レース)
・さらには母系の Tom Fool-Menow の異系のクロスがプールされていることも頑健さに対して特筆もの
・そして、「9代クロス」出現のパターンの量的側面も合格ライン。Т値も低く、気性的な安定感が窺える。

(2018.04.25.青木義明)

◆スワーヴリチャード6代血統表
スワーヴリチャード6代血統表

◆スワーヴリチャード9代クロス解析表
スワーヴリチャード9代クロス解析表


・ハーツクライ産駒にとって Busanda のクロスの有効性が証明。
・母系の米血クロスのプールも欧血中心のハーツクライには有効。


阪神11R/大阪杯

◎15スワ―ヴリチャード(1番人気1着)
○02サトノダイヤモンド(3番人気7着)
▲08アルアイン(2番人気3着)

馬単・フォーメーション
02.08.15
01.02.03.05.08.14.15
18点×1000円

1着15スワ―ヴリチャード(1番人気)
2着05ペルシアンナイト(6番人気)
3着08アルアイン(3番人気)
4着03ヤマカツエース(10番人気)
5着01ミッキースワーロー(5番人気)

馬単(15-05)37.5倍的中

(2018.04.01.青木義明)

----------------------

改めてハーツクライ産駒の配合的なポイントとは(再掲載)

◆ハーツクライ6代血統表
ハーツクライ6代

◆ハーツクライ9代クロス解析表
9代ハーツクライ

◆ハーツクライの3代母My Bupers 5代血統表
My Bupers 5

◆ハーツクライの父サンデーサイレンス5代血統表
サンデーサイレンス5代血統表

◆ハーツクライの母の父トニービン5代血統表
トニービン5代血統表


ハーツクライはサンデーサイレンス×トニービン×リファール Lyphard という血統構成で5代アウトクロス馬。現役時代は中距離の一流馬として活躍し、衆知のように有馬記念ではディープインパクトを負かした。母の父に入るトニービンは全くの欧州血脈だが、ハーツクライの3代母マイブーパーズ My Bupers が良質の米国血脈、すなわちブサンダ Busanda (その父 War Admiral )やブルーラークスパー Blue Larkspur で構成されており、ここがサンデーサイレンスの米国血脈と配合的にうまく呼応している。

そんなハーツクライ牝馬の配合の肝は「リボー Ribot とブサンダ Busanda とヘイルトゥリーズン Hail to Reason 」の活用と言えよう。

トニービン産駒に共通している勝負根性は、その父カンパラ Kampala がリボーと近似血脈プリンスシュヴァリエ Prince Chevalier を内包しているからにほかならない。つまり、リボーの疑似クロスの派生だ。もちろん、ハーツクライの母系に入る米国血脈ブサンダやネイティウダンサーやノーザンダンサー(就中、Lyphard)のクロスも求められるところだ。

疑似血脈・Ribot=Prince Chevalier の組み合わせ図
Ribot=Prince Chevalier


◆青木義明

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

2017.11.28

◆ヒーズインラブ6代血統表
ヒーズインラブ6代血統表

◆ヒーズインラブ9代クロス解析表
ヒーズインラブ9代クロス解析表


・リボー、バックパサー、ニジンスキー、プリンスキロ、ウォーアドミラル
・多彩な血脈が縦横にクロスしている配合的な質の良さ
・クロスの量的出現パターンも良好で、ためらいなく◎にできた。

中山11R/ダービー卿CT

◎09ヒーズインラブ(4番人気1着)
○01アデイインザライフ(8番人気10着)

3連複・フォーメーション
01.09
01.02.03.04.09.13.15
25点×1000円

1着09ヒーズインラブ(4番人気)
2着03キャンベルジュニア(6番人気)
3着15ストーミーシー(9番人気)

3連複(03-09-15)279.9倍的中

(2018.03.31.青木義明)

◆ガンコ6代血統表
ガンコ6代血統表

◆ガンコ9代クロス解析表
ガンコ9代クロス解析表



個人的な喜びはナカヤマフェスタ産駒が遂に重賞を制覇したこと。◎の宝塚記念でブエナビスタを負かした時は30倍の単勝をプレゼントしてもらった馬だし、西山牧場でも毎年の配合種牡馬として使ってきただけに昨秋でシンジケートが解散されたのは残念な思いだった。

ナカヤマフェスタの母ディアウィンクはリボー産駒の His Majesty 2×4の強いクロスを施された繁殖型の配合馬で安定性はないが一発の魅力をその息子に属性として付与した。それに応えたナカヤマフェスタと、その息子のガンコ。ついに重賞勝ち馬を輩出して競馬のドラマ性を味わうところとなった。

配合は Halo 4×4とその父 Hail to Reason 5本継続、Danzzig 5×4に、その父ノーザンダンサー5本継続、さらに Buckpasser 7×5に Never Bend 6×5・7など良血がいい塩梅にクロスされていて、またガンコの母には Mill Reef 5×3も内包され、総じてしなやかさと強靭さを兼ね備えた血統構成と言えよう。

厩務員1人に曳かれたパドックでも落ち着いて周回し、バネのある踏み込みは目を引いた。また、レースも味のある内容で、ルメール騎手のキセキがスローを嫌って一気に交わして行った時に藤岡佑騎手はいったん二番手に控える味な乗り方を披露した。気性が落ち着いているので自在な乗り方もできるのだろう。天皇賞でも有力馬の1頭として注目したい。そして小生も馬券師としてもっと強い個性をガンコに発揮しよう。



白鳥は哀しからずや
空の青 海のあをにも
染まず ただよふ 
(若山牧水)




(2018.03.26.青木義明)

◆Habitat 6代血統表
Habitat 6代血統表

◆Habitat 9代クロス解析表
Habitat 9代クロス解析表


・5代多重クロス馬でもないし、その母もアウトクロス馬だからセオリー通りのスピード配合ではない。
・ただ、9代クロス解析表におけるクロス総量[374-83]/[77-26]は多い方で、Т値5.71も高い。ここから気性が強いのだろう。
・あるいは 父の父に 内包される Pharos 3×3の強いクロスの影響が伝達しているのか。
・母系の近代性に乏しい血脈のせいか、サイアーラインは繁茂しなかった。父の母は名牝だが。

(2018.03.15.青木義明)

リッカルドが7馬身差圧勝で重賞連勝/フジノウェーブ記念・大井



http://www.netkeiba.com/



 7日、大井競馬場で行われた第9回フジノウェーブ記念(4歳上・ダ1400m・1着賞金1300万円)は、2番手でレースを進めた矢野貴之騎手騎乗の1番人気リッカルド(セ7、船橋・佐藤裕太厩舎)が、直線で先頭に立って後続を突き放し、2着の6番人気オメガヴェンデッタ(セ7、大井・荒山勝徳厩舎)に7馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分25秒2(重)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に2番人気キタサンミカヅキ(牡8、船橋・佐藤賢二厩舎)が入った。なお、3番人気キャンドルグラス(牡4、船橋・川島正一厩舎)は9着に終わった。

 勝ったリッカルドは、父フサイチリシャール、母キョウエイハツラツ、その父オペラハウスという血統。前走の報知グランプリCに続く重賞連勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆リッカルド(セ7)
騎手:矢野貴之
厩舎:船橋・佐藤裕太
父:フサイチリシャール
母:キョウエイハツラツ
母父:オペラハウス
馬主:(株)レックス
生産者:岡田スタッド
通算成績:37戦8勝(JRA33戦6勝・重賞3勝)

◆リッカルド5代血統表
リッカルド5代血統表

◆フジノウェーブ5代血統表
フジノウェーブ5代血統表



↑このページのトップヘ